« 14 不便な事と便利な事の功罪 | トップページ | 16 安全保障に関する論理的選択肢 »

2005.09.18

15 私の発想・語録

 私の発想・語録を紹介します.

 1.いくらやるかより何をやるかが大事だ
 2.何をやるかよりどうあるべきかを先に共有する事が大事だ
 3.社員一人一人の成長が良い会社を作る原点だ
 4.企業力は必死に考えている人の数に比例する
 5.経営とはブランド資産,営業資産,知的資産,を増殖させる事だ
 6.理は方向性,気は行動力,理のない気は停滞・衆愚化を招く
 7.意思・意義を自覚してやる仕事の成果は大きい
 8.1%の思考・認識が99%の作業の成否に繋がる
 9.徹底すると見えてくる,徹底した人の意見には感動がある
10.積極的な行動や議論・切磋琢磨に,知恵や数字がついてくる
11.事業計画や行動計画は人材開発の為でもある
12.否定文の多い人から発想・工夫・行動力が生まれない
13.真の専門家は,常に改善・改革をくりかえす
14.専門家への努力は個人・家族・会社・社会に利益をもたらす
15.専門家の組織は教育機関でもある
16.継承なくして創造なし、創造なくして継承なし(K.M.の基本)
17.ナレッジとは次に役立つものを情報化し行動と連動したものだ
18.ナレッジを増殖させる意識や仕組みが大事だ(企業進化論)
19.専門家の成果物は顧客の利益・次へのナレッジ・会社の利益である
20.ソフト産業は規模の経済が働きにくい,働くのはナレッジと能力だ
21.『情報』とは情(非数値)と報(数)の意味,これが経営情報だ
22.生産性と戦略性,改善と改革は,現状の肯定か否定かだ
23.品質は厳密な設計・厳密な段取り・厳密なテストに尽きる
24.工期短縮の発想が原価削減の原点だ
25.難問対策や改善は演繹法より帰納法が大事だ
26.市場は成熟,商品は未熟,これがマーケテングの原点だ
27.可能性より必然性が大事だ
28.受動的消極的行動は感染しやすい伝染病だ
29.失敗から本質を学び,成功からやり方を学ぶ事が大事だ
30.思考力,
図・文章の表現力は,書かないと絶対に向上しない

いづれも,体験の中で実感し,取り組んだ事です.一つ一つ説明したい所ですが,含蓄は状況によリますし,読み手の感性にお任せします.

.

|

« 14 不便な事と便利な事の功罪 | トップページ | 16 安全保障に関する論理的選択肢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/5996078

この記事へのトラックバック一覧です: 15 私の発想・語録:

« 14 不便な事と便利な事の功罪 | トップページ | 16 安全保障に関する論理的選択肢 »