« 02 葛藤する日本文化① | トップページ | 04 情報化社会で問われる日本的表現力 »

2005.09.05

03 生産性と戦略性

生産性は,仕事の仕方や製造技術等を工夫する事,改善する事をイメージする.発想の根底には現在の秩序を肯定する意識がある.一方,戦略性は差別化,独自化などをイメージする,その発想は現状打破・否定にある.

まさに生産性は現状肯定で改善,戦略性は現状否定で改革,と全く視点が違うのである.

又,生産性は戦略性の前で,無意味になる事がある.その競技には強くなったが,競技種目が変わってしまうような関係である.

この二つの概念は日米比較にも出てくる.日本のテクノロジーやカイゼンは国際的に優れていても,アーキテクチャーの発案,普及と言った戦略性は苦手である.結局,国際標準アーキテクチャーに従って,価格競争と戦いながら物を作るだけになる.アーキテクチャーを握らないと,マーケテング,商品開発,物作りの主導力は発揮できないのである.

今後は生産性追求と同じくらい,戦略性を重視しなければならない.’市場は成熟,商品は未熟’の考えで,独自性を大いに発揮して行きたいものである.成熟市場ほど,独自性が発揮しやすいと思うのである.

.

|

« 02 葛藤する日本文化① | トップページ | 04 情報化社会で問われる日本的表現力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/5793473

この記事へのトラックバック一覧です: 03 生産性と戦略性:

« 02 葛藤する日本文化① | トップページ | 04 情報化社会で問われる日本的表現力 »