« 20 プロセス重視への変化 | トップページ | 22 少子高齢化対策 »

2005.10.16

21 株買占めへ抵抗感が示す買収への無防備さ

日本企業は株を買い占められないように企業間での株の持ち合いやメインバンクの保有を行なってきた.これが資産バブルの崩壊,年金資産の減損,時価会計制度の導入によって,企業持ち株が放出され,海外の機関投資家やファンドに多額の株が流れた.これによって,企業は新たな買占め防衛策が必要になったのである.

元来上場企業は株主を選べないし,敵対的買収リスクが常に存在している.従って,大口株主が突如出現すると,株価が高騰し,時価総額が大きくなるにも係らず,経営者は真っ青になる.世論,従業員も株売買利益目的の買収には反感を持つ.さらに,経営権を取られる恐怖がある.その背景を上げてみた.

①他人資本中心の企業経営の歴史に一因がある.資産や事業の拡大は融資を受けて行なっており,必ずしも増資によらないのである.従って株主より銀行が大事であり,配当より含み益や内部留保を重視するのである.かくて総資産に占める資本金の占める割合は低くなり,株の時価総額も資産価値より低い状況になりやすいのである.

②ファンドに対する抵抗感も一因である.株主のイメージは個人,一般企業,銀行,保険会社である.ファンドマネーとかファンドマネージャー,トレーデングとかに背広を着たバクチ打との感情がある.バブル絶頂期,マネーゲームがブームになったが,その時も生業とは一線を画していた.ファンドによる買収はマネーゲームだけで仕事を知らないくせにと抵抗感を強めるのである.

③もう一つ,会社は大口株主のものではないとの意識があるからである.会社は顧客,取引先,従業員,納税,福利厚生,雇用,など多くの役割りを担っている.これらはまさに会社の役割りであって,会社を所有しているものはやはり株主なのである.

大口株主の出現は会社の活力を高める可能性を持つが,会社に巨額の損失を与える可能性もある.世論や経営者,従業員の反感は,この損失の可能性に反感を持つのである.買収は業績の悪い会社に取っては救世主であり,業績の良い会社にとっては乗っ取りになるのである.

⑤さらに,経営権を持つ株主がいない状態の会社に突如,物言う大口株主が出現する事への抵抗感がある.

⑥企業は株発行で資金を調達した後の株価の変動や時価総額に無関心な事が多い.これも買占めに抵抗感を持つ背景である.

しかし資本主義である以上,株の所有で買収したり,売買差益を求める行為を批判する論理は無い.

このように,抵抗感がある事は無防備の証拠である.低い配当,安い株価は,金あまり状態で,大金が集まる.ファンドにとって格好のターゲットになる.日本企業は知らない内にマネーゲームや配当圧力の荒波に身をさらしているのである.

.

|

« 20 プロセス重視への変化 | トップページ | 22 少子高齢化対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/6419035

この記事へのトラックバック一覧です: 21 株買占めへ抵抗感が示す買収への無防備さ:

« 20 プロセス重視への変化 | トップページ | 22 少子高齢化対策 »