« 23 政治に望む立論力 | トップページ | 25 建築業界体質 »

2005.11.20

24 談合問題の本質

公共事業の談合事件が後を絶たない.その度に,’お上が競争しろ,と言ったのに競争しなかった’と民を罰している様に見えるのである.民間取引では考えられない’罰’なのである.官尊民卑の風土を感じるのである.

公共事業の談合は’公平性・公明性を失わせ,お上の立場を台無しにした,お上に高い買い物をさせた,結果余計な税金を使わせた’事なのだろうか.

そもそも物を買う行為は,買い手の判断,責任である.買い手は買う理由・機能・品質・納期・コスト・予算等を吟味し決断するのである.気に入らなければ買わないのである.売り手側が罪になる事はない.

果たしてお上は,この当たり前の買い手の判断,責任を自覚しているのだろうか.適正予算が組まれていれば,談合有無にかかわらず,税金の無駄使いにつながらないのではないか,不当に高い買い物は談合のせいではなく,いい加減な予算や役所の無能力が原因だと思うのだが.

まず予算の問題である.いくら談合があろうと,予算以上の価格には出来ない訳で,適正な予算化が重要である.契約率(予算に対する購入価格)がよく話題になるが,予算が適正でなければ契約率は何の意味もないのである.

ましてや,景気対策(ばらまき事業)の公共事業は競争によるコスト削減の意識は働かないなのである.

次に随意契約やコンペが必要な物件までも,価格のみの競争入札にする傾向がある.競争入札は役所にしてみれば,公平さが担保出き,手間や責任を回避できる購入方法である.これに走りすぎていないかの問題である.応札各社の工夫や特徴を殺してしまうのである.

さらに言えば,議会で決めた事業と予算を役所は右から左に執行するだけと思っている節がある.なまじ専門的な要員を持つ事は責任が発生する.従って業者責任にできるような仕事の仕方ばかりを考えているように思う.その先に,売り手の談合があるように見えるのである.

談合による税金の無駄使いとよく言われるが,購買能力がない役所が物を買う事の方がはるかに無駄使いを誘発していると思うのだが.

.

|

« 23 政治に望む立論力 | トップページ | 25 建築業界体質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/7214351

この記事へのトラックバック一覧です: 24 談合問題の本質:

« 23 政治に望む立論力 | トップページ | 25 建築業界体質 »