« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

29 1頁と100頁の契約書に見る日米文化

日本と米国の文化比較の一つとして,比喩的に’1ページと100ページの契約書’としたが,根底に流れる思考風土を述べてみたい

同じ仕事をするのに,日本とアメリカの契約書の違いはビジネスや野球選手の契約にあるように,表題くらい違う.米国は仕事を始める時に契約書を見るが,日本はトラブルが起こった時に契約書を見る,あるいは全く見ない事も根本的に違う.

どちらが合理的なのだろうか.あえて日本の合理性を主張するならば,曖昧の合理性である.そこまで細かく言うな,分かっている,あるいは,はっきりしておかない方が融通が利く,白黒はっきりさせない方が当面,争いが起こらない,と玉虫色の合理性である.長い人間の英知かもしれない.歴史のある国ほど,玉虫色の文化があるように思う.

日本全体で見ると,この曖昧な合理性が根強く残っている.トラブルが発生すると法律や契約ではなく,道義性の議論が始まる.又,合理性を求めるとアメリカのまねだと批判する.法律や契約以前の暗黙知としての道義・信頼は大切だが,それに頼りすぎて曖昧にしている事が多いように思う.

この曖昧な合理性はもっと重大な問題と関係している.リスクから目をそらしたり,思考力,決断力すらも曖昧にしているのではないか,その結果,立論力が育たない事につながっていないか,という問題である.思考力や立論力は低くても,行動力や結束力があれば良いとする考えもあるが,国際化や社会の複雑化,難問の増大,競争社会あるいは個の自立には,この立論力が必要だと思うのである.

よく,理(論理,コンセプト)と気(やる気,行動力)が両輪と言われるが,理の無い気は衆愚化を招き,気の無い理は行動が伴わない.曖昧な合理性はともすると理より気を大事にしている文化なのかも知れない.だから1ページの契約書でも仕事がやれるのである.しかし大きな問題が起こった時,きわめて深刻なトラブルになり,事前の考え方や詰めの甘さを嘆く事になるのである.

最近の偽装問題で言えば,販売主に瑕疵責任があるところまで決めているが,賠償能力をどのように担保するかは不問である.担保がなければ,瑕疵責任は全うできないのである.理の部分は素朴な事までも欠落している事が多い.建築確認機関が重大問題を見逃した時,どうするのか,など当たり前の理が欠落している.ご免ではすまないのである.

アメリカ流に日本が塗り替えられるのは問題だ,拝金主義はダメだ,利潤追求は問題だ,格差社会はダメだ,市場原理,効率重視は問題だ,実業がなくマネーゲームの錬金事業は問題だ,官から民や規制緩和は問題だ,などと批判する識者が多いが,気が優先して,理が聞こえてこない.頭の中は1ページのままである.

仕事も国も本当に理論武装が大事で1ページで会社や国が経営できない時代なのである.トラブルのつど契約のページ数が増えてくるようでは時代の変化とのギャップが広がるのである.大きな理論・哲学とそこから導かれる先手の理が必要なのである.憲法問題なども,まさにこの理論武装の欠落が問題なのである.

いつの世も,若者は理を好む.時々間違った理に走る事もあるが,曖昧さは若者を悩ませ,堕落に向かわせる温床になる.若者は自ら理を考える力が,必ずしもあるわけではなく,大人の理を期待しているところがある.

理の無い社会は若者から嫌われる.思考力も育たない.1ページだけでは若者の能力や行動力が発揮されない気がする.若者が受身に見えるのはこのせいだろうか.大人の責任は重い.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

28 偽装問題への思考力

耐震強度偽装問題に対し,当コラムで,その本質,対策等を述べたが,マスコミや国会審議(参考人喚問,証人喚問)を見ていても,いっこうに前進していない.視聴率主義のマスコミ,スタンドプレーの代議士から,衆愚政治の様相を感じるのである.今後の為にも大事な点は

①賠償問題(賠償能力問題,国の賠償責任の有無
②退去命令を出した後の行政の支援範囲と法制度
③再発防止策(新建築法制度,検査機関のあり方)

の3点である.国会議員からも識者,マスコミからも主張が聞こえてこない.証人喚問をやらないと,これらの策が見えてこないのだろうか.犯人探しに熱心な喚問の質問者に,この3点の所見を聞きたいのである.国交省委員会でこの3点の議論を早くして欲しいのである.被害者も国民もこれを聞きたいのである.もちろん誰が悪いかは司法に任せればよいのである..

建築物や業界の不確実性にどのような法律で望むのか,責任の無い現検査機関の在り方をどうするのか,無過失・過失責任による賠償が履行できない時どうするのか,退去命令に伴う行政の対応に係る法制度をどのように考えるのか,消費者保護のPL法並みの制度が必要ではないか,罰則が軽い現行法でよいのか,問題だらけである.早急の検討が必要である.今後も起こる問題なのである.

ところで賠償問題であるが,長期大量に見逃してきた検査機関の責任から国の’賠償’は避けられないと思う.天災被害者への’支援’とは違うのである.個人財産へ税金を使う話とは違うのである.国は購入価格から償却費を除いた額を賠償し,その後,賠償責任企業から賠償金を少しでも回収する方法が必要と思われる.

建築基準法では検査機関の賠償責任は無いとしているが(これが大問題),これを突破できる方法を識者は考える必要がある.販売主は無過失責任があり,刑法抵触いかんに係らず,賠償責任があるが,しかし,その賠償能力は期待できない.

常識的に言えば,住民と販売主,販売主と検査機関・設計・施工業者の訴訟が展開され,販売主は賠償を得て,住民に賠償金を払うスキームとなるが,多分10年はかかる.しかもその結果,国以外は賠償能力はすでに無い事態が想定される.従って上記スキームが必要になる.ローン返済は賠償金が決着するまで停止する方法も検討する必要がある.

賠償金が取れない場合,泣き寝入りしかないとするなら別だが,被害者への賠償をすみやかにやるために,

①国の責任とする理屈,
②国が賠償金を一括して代行払いする理屈
③決着するまでローンを停止する理屈

が緊急の取り組みだと思うのである.(建築基準法の改訂案は前回のコラムにあり省略)その意味で販売主が瑕疵担保責任履行の為に建築確認をした国の責任を訴えている事はスキームとしては当然だと思うのである.

又,被害者は販売主の詐欺罪,宅建法違反を訴追しても,賠償をしてもらう可能性が大きくなるわけでもない.むしろ手にできる賠償額が減る可能性がある.販売主が得られる可能性のある賠償額が減るからである.

偽装問題の教訓は自由社会に必要なチェック機関の問題である.建築に係らず、薬,医療,証券,などトラブルの未然防止の仕組みが必要である.それを実現するために,あらゆるチェック機関が過失責任,無過失責任の取り方を総点検する必要がある.もちろん行政機関も例外ではない.責任の無いチェック機関は間違いを正当化する機関になる可能性を秘めている.政治家にはスタンドプレーや政争に明け暮れている時間は無いのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

27 血統主義の課題

日本人のアンケートによると,半数以上の人が中国人・韓国人は嫌いだと言う.戦争や政治問題が影響しているとの見方もあるが,もっと根本的な事があるように思う.一つ考えられるのは国籍や戸籍の制度にもある血統主義である.

血統主義の特徴は文化は許容しても人は排他的である点である.日本の場合で゙言えば,古代より現在に至って,文化の影響や経済活動は活発でも,血統主義の国との人間関係は排他的な感じがする.又,近隣の類似民族同士は特に排他的になる傾向がある.よそ者に排他的になる文化である.国際結婚もきわめて少ない.一方,東洋的コンプレックスもあり,憧れを抱く生地主義の欧米人には好感を持つのである.東洋を支配した列強欧米人には反感は少ないのである.

この特徴は中国人も韓国人も同じではないかと思われる.中国は血統主義の他民族で構成されており,民族同士は排他的と思われる.歴史的に内乱が多かったし,思想で束ねざるを得ない国と思う,経済発展によって思想や価値観が多様化すると,血統主義の特性が顔を出すかもしれない.

欧米人は国籍制度でも明らかであるが,生まれた所を基準とする生地主義である.生地主義は文化に対しては排他的であるが,人に対しては許容する.現に他民族国家がその証拠である.血統主義の逆である.

民族間で争いのあるのは単一民族の血統主義の国だと思う.これに宗教が絡むと,文化も排他的になり,さらに,対立が激しくなる.中近東の戦争の歴史はまさにこれである.

中国,韓国,日本は中近東と違って,宗教的対立がなく,文化や経済は許容されるが人同士が排他的になる典型的な血統主義の間柄と思う.これに歴史認識と国益の争いが乗りかかって経高政低の状況になっていると思う.

血統主義の国同士は仏教の教えではないが,怨念の連鎖を断ち切り,戦争終結によってノーサイドになる精神こそが必要である.怨念を引きずっていては,血統主義はますます排他的になるのである.歴史認識をつついても血統主義の下では民族の尊厳にかかわる事態にもなり,相容れないのである.血統主義国同士ではイチ,ゼロの議論になりやすいのである.他民族国家なら歴史認識の問題は,いろいろな考え方があると認識するのではないかと思うのである.

このようなとらえ方は独断であるが,かといって外交がうまく行かなくても仕方が無いと言う.事ではない.血統主義の国は経済発展や文化の欧米化,国際化と言う共通の動きがあり,この動きによって,排他性を少しづつ低くしていくしかないと思う.

時間のかかる課題だと思う.ことさら政治でこの問題を解決しようとすると逆効果になる危険がある.特に歴史認識を盾にする外交は血統主義の前では溝を深める.溝を作る事を国益とするならば別であるが.

兎に角,血統主義は相互に排他的である事を陽に認識してた上で,,価値観,あるいは欧米式の合理性がどう生活や企業の中で息づいているのか,精神文化が変化しているのか,共通の精神文化が生まれているのか,等の相互理解が必要である.

ひょっとすると,中国的なもの,韓国的なものは日本に行き着き,日本にしか残っていないのかもしれない.奈良に中国,韓国からの見学者が多い事でそんな事を感じるのである.血統主義がなくならないまでも,中国,韓国はすっかり大陸文化の欧米化,国際化が進み,島国の日本だけが古来の精神文化が残っているのかもしれない.経済活動を通じて,もっと人間について,相互に知らなければならないと思うのである.

話が変わるが,戦前,米国に移民した中国人は中華料理,韓国人は花屋,日本人はクリーニング屋を生活の糧にしていた.これを母体に中国や韓国は現在でも3世4世が母国の人たちの移民の受け皿になりながら,米国での活動範囲を広げている.ゴルフでも医学でも多くの人材を輩出しているのである.その影響で母国の国際化は飛躍的に進んでいるのである.彼らの憧れの視線は明らかに欧米に向いているし,日本も同じである.隣人同士は向き合っていないのである.

近くの親戚より遠くの他人(欧米)に目が向いた3国である.ならば今後共通の精神文化が出来上がっていく事が血統主義の障壁を低くすると思う.それとも独自文化を堅持し,人に対して排他的な関係のままのほうが良いのだろうか.

独自文化を持つ事が国際的だとするする考えは欧米の生地主義の場合である.文化は排他的だが人同士が許容されているから言えるのである.血統主義は独自文化を相互に許容するが人に対しては排他的であり,この問題を小さくするには,より共通の文化を作って共有する事で排他性を低くするしかないと思うのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

26 大義に潜む危うさ

大義のもとで,やればやるほど,それを支える財源が疲弊し,本来の大義が元も子もなくなる,逆に,大義以前より悪くなる,危険がある.まさに大義に潜む危うさである.

例えば,福祉の充実が福祉の持続を困難にしたり,行政効率化の大義のもとで,天下り先の確保が目的化したり,産業振興の大義で税金を食い逃げしたり,大義をやればやるほど大義が破綻する事がある.

さらに問題は,利権確保の為に大義を作り,合法化する事である.例えば,自治体のやるリゾート開発や地域振興の為の造成は,本心は大義より工事が欲しかっただけであったりする事である.

戦後の復興に効果を上げたケインズ理論が,いつしか公共投資の波及効果より,工事する事(お金のばら撒き)を目的にした事業に変貌し,無用の長物と借金を作り続けた事などは,国家レベルの危うさである.

国民からの税金を集めて,全体最適を考えて使用する,一見合理的に見える制度だが,大義に潜む危うさを国民は監視しなければ危ない.官僚も政治家も大義の危うさを実行する側だからである.

歴史から学ぶ事は,大義のもとで起こる腐敗が国を滅ぼす事である.民主主義がこれを防ぐ制度だとしても,国民の意識が低ければ,正々堂々と合法的に腐敗が起こる危険性があるのである.

従って,国民としても,税金の使途についての行政と独立した監視機関と強化が必要である.法律的側面,効果・意義・資金の側面で客観的な評価・監視・提言をする機関である.議員にこれをゆだねられない事も問題だが.

次ぎに,事業ごとに計画から執行,運営まで,効果,資金両面で生涯管理すべきである.全く効果がなく借金だけ残ったで終わってはならないのである.ムダな事業を牽制し,実態を公開すべきである.

以上,大義には裏がある事を常に忘れてはならないのである.こんなはずではなかったと反省の弁を聞くが,したたかに仕組まれているかもしれない.この反省を口にする人ほど危うい感じがする.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »