« 35 ライブドア事件と守旧派 | トップページ | 37 人間の頭脳と行動(俗に言う頭の良し悪しの違い) »

2006.02.27

36 IT産業の経済的特質

デジタル革命とともに,IT産業の発達,普及は顕著であるが,かつての家電や車のように産業を牽引するものではない.IT産業の特質について整理してみた.

①IT設備投資の経済波及効果は少ない

半導体や液晶などの工場建設で設備投資は何千億と発表される事がたびたびある.最先端技術やデジタル技術に共通する事であるが,部品は高密度高精細のプリント板やウエハーに搭載され,多くの資源,部品,労働力を使うわけではない.又,産業城下町を形成するほど末広がりの企業郡を必要とするわけではない.設備も国内だけで調達するわけでもない.従って,設備投資の波及効果は従来モデル(産業連関モデル)とは違った見方が必要なのである.

②消費拡大でも国内経済効果は少ない

大画面テレビ,デジタル家電,パソコン,携帯電話,等個人消費を牽引していることは確かである.しかし,IT関連製品は国際企業分業が発達し,その需要効果は全世界に薄められる.又,IT関連商品はデジタル化,ソフト化されている為構成部品はきわめて少なくなり,これも需要波及効果が少ない理由である.

③IT関連商品が他の商品需要を抑える

個人消費は可処分所得と使用時間の奪い合いである.デジタル家電やパソコンや携帯電話の購入は他の消費が減少する事を意味する.上記のようにIT関連商品の売り上げ増は②の通り,経済波及効果の少ない商品に個人消費が移る事を意味する.

従来の多くの労働時間や資源,部品を使う,波及効果が大きい商品が減少するのである.又,パソコン等IT関連商品を使う時間が多くなれば,他の商品を使う時間が減少する.そればかりか通信料,サ-ビス料,手数料に消費が移るのである.

④情報社会はオーバーカンパニーを許容しない

IT関連商品は劇的なスピードアップとコストダウンを実現する.社会全体が効率化され,人件費,物流費,在庫投資,設備投資,経費あらゆるものが減少する.この意味でスリム化,効率化,低価格化する分,オーバーカンパニーが淘汰され,全体の経済サイズは縮小し.デフレ圧力になるのである.

⑤ソフト・システム開発の経済波及効果は少ない

ソフト・システム開発は労働集約,非拡大再生産,労働力の低流動性,需要の変動,等の特性がある.基本ソフト,ミドルソフトはマイクロソフトに代表だれるように多くは輸入であり,国内はシステム開発需要であるがパッケージの発達,ソフト技術の発達,スキル人口の増加で事業者の仕事量は減少方向である.

又,デジタル家電,デジタルカメラ,産業機器,車,ゲーム機,携帯電話などへの組み込みソフトの需要は急速に伸びているが,国際競争,国際分業の中で激戦が繰り広げられている.

又,今後のソフト開発の膨大な需要先はロボット分野である.認識,動作など頭脳部分はすべてソフトの力である.産業機器も含めて,この分野は基本ソフトも含めて,今後極めて重要になる.

以上の如く,IT産業には他の産業にはない経済的特質がある.IT産業が経済を引っ張るのではなく,あらゆる産業がITを屈指して,効率化,競争優位,新市場開拓をし,ローテク商品も差別化をしない限り,パイの拡大にはつながらないのである.

IT産業は,かつての重工業,造船,家電,車等のように雇用や景気をを牽引する産業と言うより,産業や個人を多様化,個性化し,経済や資源を効率化する産業であると認識すべきなのである.

.

|

« 35 ライブドア事件と守旧派 | トップページ | 37 人間の頭脳と行動(俗に言う頭の良し悪しの違い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/8855072

この記事へのトラックバック一覧です: 36 IT産業の経済的特質:

« 35 ライブドア事件と守旧派 | トップページ | 37 人間の頭脳と行動(俗に言う頭の良し悪しの違い) »