« 50 昔の肩書を必ず付け日本の文化 | トップページ | 52 満足度と貢献度 »

2006.06.23

51 W杯で見えた事

サッカーワールドカップの試合を見るにつけ,組織と個人の関係,個人力の育成の仕方,試合展開の方針,親善試合やテストマッチのあり方,等について,色々考えさせられる事があった.

まず組織と個人の関係である.
役割り,動き方を決めた組織(フォーメーション)に個人を割り当てて,全体の戦力を高める考え方(組織サッカー,組織があって人がいる考え方)と個人技を生かす攻撃パターンを作って,それを組織がバックアップする考え方(人を生かす為に組織がある考え方)がある.選手の選抜,試合に,
二つの考え方が如実に現れる.

どちらの考え方に立つかは個人能力の高い人がどれくらいいるかによる.強いサッカーチームは高い個人能力を組織でバックアップする考え方を取っているようである.個人技が弱い場合は組織サッカーを取る事になる.

日本代表チームにおいては,ジーコ監督はブラジル流の個人技に期待したサッカーを目指すも,組織サッカーをせざるを得ない実力に困惑したと思う.

トルシェ前監督はヨーロッパ流の組織サッカーが日本に合っているとして,組織に合う個人を選び,チームを編成したように思う.

次に個人力についてである.
上記のサッカースタイル如何に関わらず,一対一の強さ,スルーパスやラストパスの精度,決定力など最後は個人力に大きく依存する.

日本チームで言えば,一対一の状態で積極的に自らシュートに持ち込もうとせず,苦し紛れのパスでチャンスをつぶす場面が多くあったように思う.技術,体力,精神力をどう高めるかの問題がクロージアップされたと思う.

体力は個人の肉体的成長期にあわせて鍛えた方が良い.技術は肉体の成長期前に身に着けておく方が良い.優秀な選手は子供の時にすでに高い技術を身に着け,自信につながっている様に思う.

全てのスポーツに共通する事であるが日本では必ずしもこのような育成が行なわれているとは思えないのである.掃除や玉拾いから始まるような,年功序列の練習等,昔の軍隊の風潮が色濃く残っている感じがする.

今後日本はチーム編成,戦い方,個人技,体力,を組み合わせて,どのように狩猟民族の闘争心,自立心と戦っていくか,興味のあるところである.

次に大事な事は試合展開の方針である.
試合の時間帯,試合状況によって,守るのか,攻めるのか,マークをどうするか,などチーム全体の方針,戦略をどのように考えるかの問題である.チーム間の実力の差があるとき,特にこの戦略が重要になる.

特に1ー0で勝っている時の試合が極めて重要である.オーストラリア戦で言えば同点にされたときの精神的肉体的ダメージと相手の気勢を考えれば,1-0後は守りの戦い方を指示すべきではなかったか.2-0にするのは理想だが,それに向かった結果,1-1で予想通り,自らのダメージと相手の気勢を高めてしまった.

願っても無い虎の子の1点を死守し,重苦しい試合になるが1-0で勝つ試合運びが弱者の戦い方の様に思う.実力のあるチームは一気に2-0にできるだろうが.1-0のハーフタイムで,ジーコ監督は’勝ってる時の戦い方をしろ’と指示したそうだが,指示が具体的であったかどうか.

次に国際親善試合(練習試合)の考え方の問題である.
オーストリア戦敗退の震源地はドイツとの国際親善試合にあったと思う.全力で必死に戦って,本戦以上の歴史に残る最高の試合をした.しかし何人かの主力選手の負傷者を作ってしまった.結果,万全の体制でオーストラリア戦に望めなかったのである.

本線前の国際親善試合の考え方がはっきりしていなかったと思う.先発メンバーを選ぶ為なのか,戦術を試す為なのか,試合に慣れる為なのか,勢いを付ける為に勝ちに行くのか,勝ちにこだわらないのか,目的をはっきりさせる必要があったと思う.

いずれにせよ本戦前に必死の戦いをする事は得策ではない感じがする.ドイツの本戦での活躍を見るにつけ,未熟さ,余裕の無さを感じる.マスコミもサポーターも解説者も,ただ盛り上がれば良いだけのレベルから脱しなければならない.

ところで,決勝トーナメントはサプライズは無く,順当に実力チームが出揃うはずである.組織サッカーか個人技サッカーか,攻めか守りか,基礎体力の強さ,運動量の緩急のつけ方,などじっくり激戦を見届けたい.

このように,サッカーは会社経営に多くの示唆を与えてくれる.会社とサッカーチームを単純に比較できないが,組織の方針,編成,戦い方,人の育成,生かし方,など,経営の基本に通じるヒントが多いのある.

.

|

« 50 昔の肩書を必ず付け日本の文化 | トップページ | 52 満足度と貢献度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/10644254

この記事へのトラックバック一覧です: 51 W杯で見えた事:

« 50 昔の肩書を必ず付け日本の文化 | トップページ | 52 満足度と貢献度 »