« 60 必然と偶然を見極める目 | トップページ | 62 根本的教育テーマ »

2006.09.28

61 B型人事の特徴

血液型でB型の人は人気はあるが,興味,アイデア,行動は断片的,重点的になる,との特徴があると言う.突出したところが人気につながり,人気のある歴史上の人物にB型が多い気がする.

さてこのB型の人が人事を決める時,この特徴が現れる.興味のあることに波長の合う人物をアサインし,それ以外は好きに決めたらと言う感じになる.時として,人物中心の人事判断の為,組織の整合性が取れなくなる場合がある.組織体制にはあまり興味を示さない.特命やせいぜいタスクフォース,ワーキンググループの編成までである.横断的に動くことを好む傾向がある.

このB型は論理的なA型人間を好まない.しかし,相性で言えば,B型とA型は腐れ縁だと言う.お互いに波長が合わないが,離れられない間柄なのである.

従ってB型のトップにはA型のスタッフが必要になり一点突破のB型と前後左右の整合性をとるA型でバランスをとることになる.人事で言えばB型の発想を軸に全体の整合ある組織をつくるのはA型と言うことになる.

さて,B型の安倍総理の人事を見ると,人物中心の入閣人事に違いない.その分,行政ラインの大臣,副大臣,官房の大臣副大臣,横串の特命大臣,副大臣,首相の分野別補佐官,さらに党の組織がからみ,組織論で言えば整合性がとりづらくなり,こんな問題をどの組織で誰が責任者なのか見えなくなるのである.

寄ってたかって議論し,結局は人物中心に動く事になりそうである.これに,与党内の組織との調整,整合を考えると余程,切れ物のA型人間がホローしない限り,船頭多くして,決まらないか,多大な労力が必要になりそうである.この状態で官僚がA型の役割を担うと,整合の名のもとに,結局,官僚主導にされる.

あるいは,船頭ガ多いと,政策立案のエネルギーより,調整,整合のエネルギーが大きくなり,結局,全部,総理がさばかざるを得なくなる.挙句,閣内,党内のプロセスで生煮で残ったり,対立を残したままになりかねない.組織論より人物を中心に人事を行った時のリスクである.

今回の官邸主導は大いに結構だが,官邸内や与党,国会のデシジョンプロセスがどうなるのか非常に興味がある所である.

これらのことは,企業の組織人事でも同じことが言えるのである.

.

|

« 60 必然と偶然を見極める目 | トップページ | 62 根本的教育テーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/12072407

この記事へのトラックバック一覧です: 61 B型人事の特徴:

« 60 必然と偶然を見極める目 | トップページ | 62 根本的教育テーマ »