« 56 緊急を要する天皇家,宮家の継承問題 | トップページ | 58 大学の課題と対策 »

2006.09.17

57 広告収入が支えるネットサービスのリスク

ネット広告サイトは民放テレビと同じように,視聴率(アクセス)を高めるべく,多くのサービスを無償・有償で提供している.検索やブログのように,今や,なくてはならない機能として,何千万,何億の人に定着している.

一方,利用者の方から見ると,バナー広告やリステング広告はほとんど見ない,又,ネット広告の新たな方法として,何万,何十万ヶ所の個人サイトに広げ,成功報酬で広告料を払う仕組みが急速に広がっている.こちらの方が視聴率が上がる可能性があり,確実に大手の広告サイトの収入が減少するはずである.

この事から,はたして広告収入を当てにした大手の広告サイトのサービスが今後とも成り立つのか疑問を感じる.現在,ネット広告の収入が増加しているが,しだいに,ネット広告サイトは下火になると考えられる.楽観的に見ても,いつまでも存在し続けるわけが無い.

広告収入をもとに,現在,検索やブログやホームページ,あるいはショッピングのサービスが行われているが,広告収入が衰退すれば,日常生活に不可欠になったサービスが受けられなくなる可能性がある.テレビ局の衰退とは,わけが違う影響が出る.

具体的に調べていないが,法的にも,このリスク対策が必要だと思う.サイトがグローバルなだけに,国際的な検討も必要である.あるいは,利用者責任として扱かわれるのだろうか.ネット社会の多くの問題の一つとして,対策が望まれる.

.

|

« 56 緊急を要する天皇家,宮家の継承問題 | トップページ | 58 大学の課題と対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/11929313

この記事へのトラックバック一覧です: 57 広告収入が支えるネットサービスのリスク:

« 56 緊急を要する天皇家,宮家の継承問題 | トップページ | 58 大学の課題と対策 »