« 63 光IP電話大障害 | トップページ | 65 行政の無責任備忘録 »

2006.10.31

64 いじめ問題

ふざけ,意地悪,苛め,誹謗,中傷,仲間はずれ,暴力等は本能的に持っている,征服欲,顕示欲,嫉妬心,等の感情が根底にある.子供の世界だけではなく,大人の世界でも,勿論存在する.

集団生活,社会の秩序の為に,道徳や法律で規範を作っているが,主観的な判断もあり,全くなくなる行動ではない.ましてや子供の世界は限りなく猿山に近く,残酷な行動が行われる.やる方もやられる方もこれらの経験を通じて理性が培われ,大人になって行く側面もある.幼児性が抜けない猿のような大人もいるが.

大人の世界はハラスメントや人権の法律で抑制したり,発生後の処置を行う事となるが,子供の世界でも,これを適用すべきとの意見もあるが,それ以前に,次の対策が必要だと思う.

①相手を傷付ける事は悪だとする教育の徹底
②征服欲や顕示欲を充足させる機会の増加
③苦痛を受けた時の対応方法の教育指導
④子供の話相手作り
⑤苛めが分かった時の子供への教育指導内容,処置の事前準備
⑥苛めがあった時の先生の結果責任論の排除

これらを親や学校が行う事になるが,この中で,一番の問題は④である.子供にもプライドがあり,言い付ける事に,大きな抵抗感がある.表面的に隠す傾向もある.結果,一人で抱えてしまう.特にメールや雰囲気と言った‘静かないじめ’は目配りしていても気付きにくいのである.

苛められる子供は多分友達もいなく孤独な感じもする.①③の指導を徹底して,親,親戚,ご近所,友達,先生,学校外のカウンセラー,等が愛情を持って子供と接する日常が全てである気もする.勿論,メールの方が言いやすいのであれば,それも有効な手段とすべきである.

子供の世界は大人の世界の鏡だと言う.昔,軍隊の風土がやくざの風土,会社の風土,運動部の風土,等だけでなく,不良グループや子供の世界にまで表れた.学校のクラスにも番長や子分がいた.大きな被害が表沙汰にならない限り,先生は立ち入らなかった.苛めなどいくらでもあったはずである.苛められた子供はそれに耐えたり,上下の秩序を許容していた.子供の成長や,クラス替え,進学によって,その子供同士の秩序は薄くなっていったのである.

現在,昔と比べれば,目に見えるような上下関係や喧嘩・暴力の風土が少なくなった半面,本能的行動が陰湿な形で現れるようになったと考えられる.陰湿なだけにその悪さの度合いも分からない.簡単にできるだけに,手加減も分からない.メール一本で心の傷になり得るのである.される方も心の傷だけに見えずらくなる.

この陰湿な行為に関して改めて,免疫をつける為の上記予防接種を打つ必要があると思う.

一方,トラブル防止のあまり,徹底した管理体制で厳しく子供を鍛える方向に行くのか,リスクを抱えながら,予防接種と言う教育指導で子供の理性を辛抱強く育てていくのか,親は考えなくてはいけない.先生が猿山で苦悩している挙句に結果責任を追求される状況ては,進歩がないのである.

.

|

« 63 光IP電話大障害 | トップページ | 65 行政の無責任備忘録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/12503019

この記事へのトラックバック一覧です: 64 いじめ問題:

« 63 光IP電話大障害 | トップページ | 65 行政の無責任備忘録 »