« 68 堀江氏の法廷闘争 | トップページ | 70 道路目的税問題 »

2006.11.27

69 日本を揺るがすアーキテクチャーとテクノロジー

’日本(人)はアーキテクチャー(考え方,方式,論理)は弱いが,テクノロジー(実現技術)は得意だ’と良く言われる.平たく言えば,’設計は弱いが物作りは得意だ’’基礎技術や独創的な考えに弱いが,それを取り入れるのは得意だ’である.

明治以来,欧米文明の輸入で近代化を進めてきた歴史,翻訳が学者の仕事になっていた歴史,シルクロードの終着地として,常に文明・文化を輸入して来た長い歴史,が現在にも流れている感じである.

このままだと,アーキテクチャーの世界標準が海外に握られ,日本は作るだけ,が続く.その作る仕事も,自動化や途上国の台頭で怪しくなっているのである.

積極的な見方をすれば,最も洗練された文明・文化を日本が受け入れて来た結果,世界の英知が日本を育てたとも言える.この意味でアーキテキチャーは弱くても,テクノロジーが得意なら島国日本の生き方として間違っていないのかもしれない.

しかしデジタル時代への大きな問題がある.デジタル化とは
①ソフトの巨大化(機能の拡大,ハード部品の減少化)
②システム商品化(ネット連携,他商品との連動)

③アーキテクチャーの共有化(方式,インターフェースの標準化)
④ハード製造ラインの装置化,自動化
⑤国際分業化,低価格化

であり,必ずしも日本のお家芸は安泰ではない.テクノロジや,ものつくりが得意なだけでは生きていけないのである.

アーキテクチャー重視の傾向は物作りの世界だけではない.国際政治や憲法,行政,企業経営などにも言える問題である.考え方や視点の重要性が改めて問われるのである.企業で言えば事業の方向性(アーキテクチャー)が定まらなければ生産性(テクノロジー)も追及できない時代なのである.

ある競技種目に秀でていても、その種目がなくなったり、ルールが変わったり、新しい種目が出てきたりする可能性もあるのである.物作りやテクノロジーに技術革新や生産性も重要だが、アーキテクチャーの戦略性が極めて大事になって来たのである.

日本のアーキテクチャーの弱点を克服する為に,次の事を提言したい..

①発想の視点を変える

会社や国の立場に立つと発想が狭まったり,損得勘定が優先されやすい.結果,世界に通用する普遍性が弱くなる.顧客の視点,世界の視点が必要である.

②得意なテクノロジーからアーキテクチャーを創造する

アーキテクチャーがあってテクノロジーが進歩するが,逆に,テクノロジーから高度なアーキテクチャーを創造する,既存のアーキテクチャーをブレークスルーする事を考える.

③ファイテングスピリットを発揮する

日本人は世界的にデファクトになった製品や開発規模の膨大さに,最初から戦意喪失状態になりやすい.

アメリカ人は何十年もこの製品が続くと思っていないし,市場が成熟していても,商品は未熟であり,シェアーが高い製品ほど挑戦しやすいと思っている.戦意喪失どころか,虎視眈々と次を狙っている.敵をリングの外に出すまで戦うのである.アングロサクソンの習性かもしれない.

④自前主義から脱却する

多くの人,企業,国が参加でき,利用できるアーキテクチャーが理想である.何でも独り占めにする事を狙ったアーキテクチャーは孤立する

マイクロソフトの例で言えば,パソコンOSを考えた時,プログラムの動作環境のみ提供する事とした.データベース,言語,表計算・DTPなどのミドルソフトは世界のソフトハウスに任せる戦略をとった.その上に多くのミドルソフト,アプリケーションソフトが開発され,マイクロソフトの世界が世界に普及して行ったのである.まさにオープンアーキテクチャーと言う考え方,戦略が成功した例である.

箱庭文化,自前主義と言う一筆書き発想から,グローバルな視点で,構造的骨太の考え方,戦略が大事だと感じる.家電,携帯機器,車,あるいは産業機器など,既に新たな戦いが始まっているのである.

.

|

« 68 堀江氏の法廷闘争 | トップページ | 70 道路目的税問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/12844282

この記事へのトラックバック一覧です: 69 日本を揺るがすアーキテクチャーとテクノロジー:

« 68 堀江氏の法廷闘争 | トップページ | 70 道路目的税問題 »