« 72 6カ国会議の行方 | トップページ | 74 骨抜きを法律で許す放置国家 »

2006.12.31

73 日本の分水嶺 2007年

バブル崩壊によって、高度成長下で許容された制度、仕組み、価値観の脆弱性が露呈.そんな中で,いくら積極的な財政出動をすれどもデフレ脱却ができず借金のみ残して来た.

この10年間の漂流の後、ゼロ金利政策、銀行への公的資金投入,不良債権処理、預金から投資へのシフト、政治・産業構造改革、価値観の見直し、が徐々に進められ、何とかデフレ経済から脱却.経済も上向き状態になった.2006年は資産バブル崩壊後の再生の年であったと,言えるかも知れない.

一方、国家財政問題、少子高齢化問題、社会保障問題,安全保障と憲法問題、防災問題、公共事業の選別問題,行政の無駄遣い問題、行政改革問題、年金・医療・社会福祉問題、少年犯罪問題、低金利問題、就職問題など,依然と難問が山積みである.

又、規制緩和、競争原理、市場主義、個人主義、自己責任、効率重視、情報化社会、等と伝統的日本文化との葛藤問題もある.

2007年以降も,このような深刻な問題に取り組む事になるが,高度成長期とは違う,たな価値観でスキームを作り、活力を発揮しなければならないと思う.その意味で,2007年は日本の行く末を占う、歴史の分水嶺に当たる年だと思う.

この新しい価値観,スキームで大事だと思う事は,『いかに競争と和の分離共存の世の中を作るか』だと思う.これが国作り,活力の原点になると思うからである.

競争と和の共存の問題は,当ブログでも述べているが、厳しい競争の世界と福祉,地域、家庭あるいはボランティア、宗教、ナショナリズムと言った和の世界を,いかに共存させていくか、言い換えれば、経済的合理性と精神的合理性の共存の問題である.

ポイントはこの二つの世界の共存の仕方である.足して2で割った様な中途半端な従来の混在共存から,これを分離共存の形に変えて行く必要があると思う.政治思想的に言えば新保守主義の考えに近い発想かも知れない.

法制度にも,日本の風土にも影響が出ると思うが,国も企業も個人も,この二つの価値観をそれぞれ徹底し,使い分ける事で,新しい活力ある社会を切り開きたいのである.ラクビーで言えば,激しいぶつかり合う競争の世界とノーサイドの和の世界があるイメージである.

2007年はバブルとともに崩壊した'日本的社会主義’や’もやっとした国家’から’競争と和によるクリアーな,すっきりした国家’に向かう年になって欲しいと思うのである.

.

|

« 72 6カ国会議の行方 | トップページ | 74 骨抜きを法律で許す放置国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/13271502

この記事へのトラックバック一覧です: 73 日本の分水嶺 2007年:

« 72 6カ国会議の行方 | トップページ | 74 骨抜きを法律で許す放置国家 »