« 77 損得の前に善悪を | トップページ | 79 テレビ局の課題 »

2007.01.27

78 箱物行政の対策

財政難の中で,なぜ無用な箱物が作られてきたか.その理由を明らかにし,今後の教訓にしなければならない.

こんな無駄なものを何で作ったのか,何を考えていたのだ.当初計画は甘い.などと非難轟々である.それに対し,行政も議員も口をつぐむ.

積みあがった膨大な借金で作った無残な箱物が,人間の業のモニュメントとして寂しくそそり立っている.食い逃げ事業の証拠である.あんな金があったら,せめて病院や老人施設にまわして欲しかった.同じ借金でも,よっぽど価値がある.と思うのは誰しもである.

一体,何の効果も無いのに,借金返済や経費を垂れ流している事業はどれくらいあるのだろうか.これを明らかにし,負担を強いられる後世の国民に説明する義務がある.

よく言われている事だが,こうなった理由を整理すると次の通りである.

①雇用対策,景気対策が目的で工事が欲しかった.予算が付けば,何でも良かった.表向きには,必要な理由をデッチあげた.

(これは公共投資ではなく,金の譲渡であり,これならば,わざわざ箱を作らずに,金をばら撒けばよい.)

②財政出動が景気を支えると間違った経済理論をかざしていた.

(正しくは,公共投資とは波及効果が発揮される事業であり,これが無い投資は金のばら撒きと借金の山を作るだけ)

③予算を取って,使わねば損との感覚が全国に蔓延していた.国の縦割り行政,郵便貯金などによる財政投融資,国債の金融機関引き受け,などがそれを加速させた.

(リゾート施設を作ったり,中身の無い美術館が出来たり,膨大な工業団地が野ざらしであったり,港湾と河川の隣接地帯に別々に橋が出来たり,災害で利用度が低い国道がすぐに復興したり,金の使い方が必要性と乖離,予算がつきやすいものを作っているだけ)

④予算を取って,金をばら撒く事が,選挙に有利であった.

(国政選挙で,中央とのパイプで地方に予算を持ってくると言う政治家が現在もいる.国政選挙は地方から国政をやる人を選ぶのであって,地方への利益誘導者,江戸屋敷の主を選ぶのではないはずだが)

以上4点である.これが箱物行政である.

戦後の経済がどん底,社会資本も未発達の中で,何をやっても,借金しても,公共事業の経済波及効果は大きかった.列島改造論は有効であった.これが日本の経済成長を引っ張って来た.

しかし,いつしか,公共事業経済にどっぷりつかった社会,社会主義経済社会を作り出して行った.もはや公共事業の波及効果と関係なく,公共事業なくして地域経済が持たない事態になったのである.その結果,公共事業に名を借りた,金のばら撒きが起こったのである.これが箱物行政であり,選挙手法になったのである.

さて,日本全体に覆いかぶさるこの事態に対し,どんな対策があるだろうか.何で,こんなムダをやっているのだと騒いでも解決しない.

明確な事は

①上記4つの箱物行政(ばら撒き予算,縦割り行政,財政出動,財政投融資,利権政治)を排除する事.

②さらにムダは勿論,行政,公務員,公共事業の改革等よって,歳出の徹底削減を行い,必死に民需の事業開拓をする

③その場限りの雇用対策,景気対策が政治判断され時は借金財源でやらない事.(後世の負担の先食いになるから).又,借金による公共事業は,その効果,意義が借金返済と見合う事.

である.小泉政権はこれに取り組んだはずであるが,道半ばである.

増税は短絡的であり,予算を収入と思う感覚の延長線であり,質的な変化を弱め,国を衰退に向かわせる気がする.

限られた歳入で,パイの拡大,弱者の救済,両面で真剣な税金の使い道の議論が必要である.又.税調は現行税の改良を議論する事は良いが,歳出計画が無い税制議論は無意味である.

今年は選挙の年である.厚顔なうさんくさい人,主張がなく,当選しか考えていない人は排除したいものである.

さらに対策を付け加えるなら

④地方議員,参議院議員は無所属とする

衆議院は政党政治で良いと思うが,地方議員,参議院議員は無所属で人物中心が良いと思う.議案毎に自由に賛否を表明することが,チェック機能として重要だからである.国民の変わりにチェックできる事になる.党議拘束のかかった地方議員や参議院議員ではチェックする立場にならない.その証拠に,無駄な案件が大手を振って通過するからである.

法律,予算を作る国民の代表(衆議院)と,それをチェックする国民の代表(参議院,地方議会)が存在すべきなのである.

.

|

« 77 損得の前に善悪を | トップページ | 79 テレビ局の課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/13679141

この記事へのトラックバック一覧です: 78 箱物行政の対策:

« 77 損得の前に善悪を | トップページ | 79 テレビ局の課題 »