« 78 箱物行政の対策 | トップページ | 80 私的複製権 »

2007.01.29

79 テレビ局の課題

今始まった事ではないが,テレビの報道や番組作りに問題が絶えない.その問題,課題を列記してみた.

①話題を捏造する事がある.

テレビ局が同じ内容を繰り返し報道し,あたかも世間が大騒ぎをしているが如くの演出をする.視聴率を狙った,自作自演の拡声器放送である.嘘は無いかもしれないが,テレビによる'話題の捏造’に値する.

「こんな事が言われていますが」「こんな事が問題になっていますが」と話題沸騰のごとき言い方をして,視聴率をかせごうとする.言いふらしているのは自分なのである.

テレビ関係者はその事を百も承知で,影で舌を出しているのかも知れないが.見ている方も,そんな事は見抜いており,白けている事が多いのである.この事をテレビ関係者は気付いていない.

②テレビは報道機関ではなく放送機関と見た方が良い場合がある.

報道とは客観性の立場で取材し,自分の主張を言う事である.どうも客観性とは他人に言わせて,自分の意見を言わないことと理解しているようである.いや自分の調査能力,見識や自信がないからなのだろうか.

’新聞によれば’とやたら新聞を持ち出す,聞く程でもない事をやたら'専門家’に言わせる,ニュースはほとんど買ってきたものだ,は報道機関ではなく放送機関である.

③面白い番組作りに熱心なあまり,ニュースや事件を作る可能性がある.

ギャラを弾むから崖から飛び降りてくれ,試合で罵倒しあってくれ,反則をしてくれ,人気を出す為,あの選手に勝たしてくれ,など'やらせ’が裏で行われる可能性がある.テレビ局が客観的な報道に徹するか,興行主になるかの問題であるが,興行主になってしまう危険性がある.

又,台風や災害の現地からの報告に視聴率至上主義の姿勢が垣間見える時がある.多分,大変な事が起こっていると放送したいのだろうが,図らずも大した事が起こっていない時,そう言えば良いのに,番組の意図がなくなると思うのか,意地になって,少しでも大げさに言ったりする.明らかに,視聴率重視の姿勢が垣間見える瞬間である.

④報道番組,情報番組,バライティ番組,の垣根がなくなる.

これらの番組で,視聴率を上げる演出が優先し始めている.その結果,捏造,やらせ,演出意図に合ったコメント,が入り込みやすくなった.特に芸能人の発言は無責任で,間違いだらけ,でも許されると思っているのか,これを良い事に,芸能人を使って視聴率重視の番組作りに走っている傾向を感じる.

又,新聞によれば,週刊誌によれば,と伝聞情報に頼って,自ら事実を検証する事も無く,あたかも真実であるかのように,それらをネタにして番組を作っている感じがする.無責任,低コスト,で視聴率を稼ぐ手法なのだろうか.だとしたら,テレビの影響力の怖さを,無視していると思わざるを得ない.

⑤わかりやすさの為に事実が曲がる事がある.

面白く,わかりやすくする為に単純に割りきり,事実とギャップが生じる事がある.これも誤報,捏造,やらせと紙一重になる.バックに流れる映像も,いつの時点で,どんな状況で撮った映像かの注釈なしに,わかりやすさを演出する為,雰囲気を盛り上げる為,に流れている時がある.これも事実と違った印象を与える可能性を秘めている.

⑥建前と実態がかけ離れたて行く傾向がある.

建前で言えば,放送事業は公共性があるゆえに許認可事業であるが,これに基づく放送時間より,圧倒的に公共性とは関係ない,視聴率至上の番組やテレビショッピングの番組が多い.認可を取れば,何でもあり,建前と実態がかけ離れて行く傾向がある.特に,BS放送はテレビショップの為にある感じがする.

だとしたら,キャリア事業者(放送設備,放送網の時間貸し業者)とコンテンツ事業者(ニュース,娯楽等の番組作成業者,),番組放送者(広告と番組の編成)を分離した方が,良いかもしれない.

⑦テレビ局の広告収入は下降線をたどる.

チャネル数の増大,番組作りの重点志向,広告収入の減少で,安上がりの時間つぶしの番組が多くなり,益々軽薄な番組が増える.知恵を出さないと,テレビ業界は衰退するか,格差が広がる.キー局構造も改革が必要になる.そんな中で公共の電波が安物芸人の仕事場になって行く.同時に,番組出演者の中に閥が形成されて行く.

懸念する事は以上であるが,認可制度のあり方,事業者の分離化,放送とインターネットの融合,デジタル化による著作権問題,などなど,テレビをめぐる課題は山積みである.

テレビ関係者はこの問題に,どう答えるのだろうか.表現の自由,報道の自由,マスコミの使命,ジャーナリズム論,等の高尚な議論が’視聴率至上主義’'情報化社会'の中で,むなしく,霞む.’テレビとはそんなもんだ’と思って見るのも見識であるが.

.

|

« 78 箱物行政の対策 | トップページ | 80 私的複製権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/13704491

この記事へのトラックバック一覧です: 79 テレビ局の課題:

« 78 箱物行政の対策 | トップページ | 80 私的複製権 »