« 81 こだわり性分 | トップページ | 83 ナレッジシステム »

2007.02.14

82 6カ国会議の評価

北朝鮮に是非聞いてみたい事がある.

①核を持ちたい理由はなんですか?
②経済支援を受ければ,その核を捨てられるのですか?
核を盾に自国の偉大さを鼓舞しても,それで国の将来は描けるのですか?
独裁政治,軍事国家で国民が幸せになれますか?
⑤脅威を受けない方法は核ではなく民主化だと思いませんか?

素直に聞いてみたいが,答えるはずも無い.

2月13日,6カ国会議の合意は,北の本心や解釈の差で,実行されない可能性を持っているが,表面的には,戦利品を引き出した北の勝利,長い目で見ればアメリカ側の勝利である.

アメリカ側に立てば,第一弾の支援は捨て銭であり,北が暴発しないよう,つかず離れず間合いを取りながら,第2弾の実行の可否を判断できるからである.第2弾の時期の設定も無いことから,長引けば,核開発が中途半端な状態になる.開発を続ければ合意違反となる.国内経済情勢もさらに厳しくなる.

特に,核放棄で重油100万トン(北の1年分)の設定は,北が守勢に回る事になる.人参をぶら下げて,コントロールが出来るからである.解釈・判断次第では実行されない可能性もある.各国独自の経済支援もコントロールが可能になる.

アメリカの軟化,北の主導と言われた交渉であったが,なんとかドアが開き,行動は北,監視・判断はアメリカと言う構図を作った事は見事な交渉力であったと思う.又,日本の5万トンの一部分担問題は合意を尊重する観点で,5カ国と相談し,何らかの形(核廃絶に向けた費用など)で負担すべきだと思う.

今回も感じた事だが,北が民主国家への取り組みを進めれば,もっと大きな,心のこもった支援を得られるはずである.将来も展望できる.指導者や国民は,これに気づいて欲しいと思う.

前時代的な体制・思想,将軍様への忠誠,外交でのツッパリ,戦利品で力を鼓舞する言動,戦意高揚の国内向け放送,等を見るにつけ,北のふびんさを感じる.過度な強がりは自ら窮地を招くと思う.一般的に教条主義が陥る道である.

それでも,核を温存したまま,経済支援を引き出す,恐喝外交が目的なのだろうか.こんな事をしなければ,現体制が維持できないと思っているのだろうか.

拉致の問題は6カ国会議と切り離された結果,今度は核と切り離して,国際世論を巻き込んで,人権問題で詰め寄れる事になる.核問題でギクシャクする事と並行して,人権問題を追及できる.

ただし,拉致問題は解決済みとする北朝鮮との交渉はきわめて難しい.中間点,妥協案,落とし所がない性格もある.圧力・制裁も核交渉いかんで左右し,拉致問題での制裁は限定される.しかし,6カ国会議の合意は日本の外交にとって新たな局面を迎えたのである.

ところで,戦争の爪痕は東西ドイツの統合,ソビエト連邦等共産圏の崩壊,EC連合の発足など良い方向に進展している.一方,中国・台湾問題,南北朝鮮問題,北朝鮮の政治体制問題,北方領土問題など極東の爪痕は依然として残ったままである.東洋人の特性が影響しているのだろうか.

.

|

« 81 こだわり性分 | トップページ | 83 ナレッジシステム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/13906739

この記事へのトラックバック一覧です: 82 6カ国会議の評価:

« 81 こだわり性分 | トップページ | 83 ナレッジシステム »