« 87 政策選択の視点 | トップページ | 89 百貨店の過去・現在・未来 »

2007.03.24

88 ロングテール現象

リアルの世界ではパレートの法則(2割の商品が8割の売上を占める)が働いているが,バーチャル(ネット)の世界ではロングテール部(長い尻尾,上位2割以外の商品群)の売上が大きくなる現象が起こっている(ロングテール現象,下図クリックで拡大).

Photo

物販で言えば,店頭販売では陳列面積の制限,効率,リスク対策で売れ筋の商品を中心に陳列する.一方,ネット販売での取り扱い商品は商品を絞る必要がない.しかも,販売高はパレートの法則が崩れる.売れ筋商品の売上より,それ以外の商品群の売上が多くなる.リアルでは売れなかった商品がネットでは,ちりも積もる事になるのである.

何十万曲,何百万冊の音楽や本のネットビジネスではヒット曲や人気本より,めったに売れないコンテンツ群の売上が大きくなるのである.又,これらの商品は競争も少なく利幅も取れる事になる.

このロングテール現象は商品だけではなく,企業にも言える.特徴があったり専門特化の小さな企業でも,田舎の企業でも,大企業とネットの世界ではチャンスは同等になる.情報社会は産業のフラット化を加速させるのである.

ネット・情報によるロングテール現象の意味する所は,リアルの世界では企業はパレートの法則によって顧客や商品を選ぶが,ネットの世界では,顧客が企業や商品を選ぶのである.まさにオンデマンドの世界が出現した事である.

この変化は社員についても言える.2割程度の社員が事業をひっぱる従来の姿から,情報共有によって,全社員の活躍が期待できるようになる事である.相対評価による人事評価の仕方が問われる事になる.

さらに,選挙においても,無党派が多くなっているが,これも情報社会におけるロングテール現象だと思う.従来の組織票だけでは戦えない時代になったのである.決して無党派は無関心派ではないと思う.政治家が組織票を選んだり固めたりする事以上に,国民が政治家を選ぶ事が大きい時代になった証拠である.

このように,情報社会はロングテール現象を起こし,個性化,多様化,フラット化を加速させていくのである.

.

|

« 87 政策選択の視点 | トップページ | 89 百貨店の過去・現在・未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/14371814

この記事へのトラックバック一覧です: 88 ロングテール現象:

» 売れるものには理由がちゃんとあります。 [mixiなどを使っての稼ぎ方をご紹介しますぅ。]
売れるものには理由がちゃんとあります。開始後は毎日10万円から20万円の振込みがあります。月収換算すると300万円以上!!しかも半永久的に継続できるビジネスです。証拠はこちらで確認してくださいね。リードメールなどのような払出し... [続きを読む]

受信: 2007.03.24 18:25

» アフィリエイトで稼ごう。 [アフィリエイトで稼ぎたい人、あつまれ〜!]
アフィリエイトで稼ぐための情報、初心者向け、中級者向けなど、ご紹介。 [続きを読む]

受信: 2007.03.25 11:09

» 初期費用ナシでこんなに稼げていいのかな?? [本気のあなたなら大成功します!]
ネットビジネス全般に通用するノウハウがぎっしり!! 後発組でも一躍トップにたてる!! [続きを読む]

受信: 2007.03.25 18:36

» 19歳女子学生の私がこれで学費を簡単に稼ぐことが出来ました [★☆私はこれで稼ぎました。らーくらく不労所得の殿堂☆★]
私MBA取得に向けて留学したんですが、両親がいない私でも、アフィリエイトで学費を自分で稼ぐことが出来ました!!24時間で月収264万円を生んだ!本当の情報販売術 [続きを読む]

受信: 2007.03.26 13:49

« 87 政策選択の視点 | トップページ | 89 百貨店の過去・現在・未来 »