« 95 強まる『すっきり』への欲求 | トップページ | 97 地球環境と経済 »

2007.04.29

96 今でも残る戦前の残像とこれからの文化

現在の北朝鮮の映像を見るにつけ,いつかの日本を思い出す人は多いと思う.7,80年前のタイムカプセルを覗いているような感じがする.

一方,現在の日本の中にも戦前の残像を見ることがある.先日,宝塚音楽学校の入学式をテレビで見た.80年の格式と伝統の式典だと言う.式次第,生徒の立ち居振舞い,制服などは,まるで北朝鮮の喜び組の入学式の映像を見ているようであった.

同じ様に,格式と伝統が重んじられる行事,式典に戦前の残像を見かける,例えば,高校野球や国体の行進,直立不動で歌うNHK合唱コンクールなど,戦前の風景を感じるのである.

一矢乱れぬ行動は,きちっと訓練された行動として,北朝鮮の軍隊パレード程ではないが,秩序正しく,美しく見える.しかし,一糸乱れぬ統制による全体主義の姿,戦前の軍隊の文化や,現在の北朝鮮を彷彿させて,違和感を感じる.

賛否両論があると思うが,礼儀や秩序を守りながら,もっとフランクな文化でよいのではないかと思う.あまりにも個を殺した考え方,様式は一見,綺麗に見えるもしれないが,あまりにも全体主義的で其の内容も乏しく,形式重視に見える.

もし,今でも,一矢乱れぬ様式,文化が良しとするならば,現在の北朝鮮や戦前の日本とメンタリティが同じだと言う事になる.

全くそんな時代ではないと思う.社会でも学校でも,セレモニー,発表会など,フランクなオープンな様式の方が好きである.大事なことは,人間の英知である形式を使うにしても,大事なことは,心に通じる中身だと思う.

それとも,日本はまだ,型にはめなければ動けない,型にはめた方が無難で面倒くさくない,やっぱり横並び文化が依然強いのか,結婚式披露なども,型通りの宴が多いと言う.成人式などは中身重視に動きつつあるようであるが.

オリンピックの入場行進は,お国柄がよくわかる.日本は一糸乱れぬ行進をするが,ドイツなどと少数派である.

大リーグの試合前のセレモニーや記録達成の選手表彰,ゴルフの優勝者表彰など,アットホームで楽しい雰囲気で行われる.式次第に従った入れ替わり立ち替わりの型通りのスピーチや表彰状の読み上げなどはない.`国家斉唱’などと号令をかけなくとも,観客,選手全員が胸に手を当てて国家を歌う.合唱コンクールなども,リズムに乗って,体を動かし,ハートフルに表現する.

大相撲の表彰式で小泉首相が'痛さに耐えてよく頑張った,感動した’と貴乃花を表彰した事があったが,これなども,形通りの表彰状を読み上げるより心が通じた.

茶道でもジャズでも合唱でも,基本(理論,形式)の上で,自由なフランクな,ハートフルな世界が存在する.一矢乱れぬ行動は心が通じない,堅苦しいだけ,横並び精神そのものである

余談だが,何百人,何千人が集まるセレモニーで全員が黒の服,当然黒髪の風景は欧米人からすると,全体主義的な恐怖をおぼえると言う.言われてみれば,其の通りだと思う.せめてカラフルな服装にしたいものだ.

それにしても,北朝鮮の軍事パレードは精巧なロボットの行進を見ているようで,その無機質ぶりに驚く.日常も国威を発揮する時も底流に流れている’人間をロボットにする’北朝鮮の文化なのだろう.今でも日本で見かける戦前の残像も含めて,そんな文化から卒業すべきだと思うのである

.

|

« 95 強まる『すっきり』への欲求 | トップページ | 97 地球環境と経済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/14885591

この記事へのトラックバック一覧です: 96 今でも残る戦前の残像とこれからの文化:

« 95 強まる『すっきり』への欲求 | トップページ | 97 地球環境と経済 »