« 100 100号を振り返って | トップページ | 102 コムスン事件で隠してはならない介護事業の問題 »

2007.05.30

101 年金問題の本質

5000万件に及ぶ年金納付記録が宙に浮いていると言う.いくつかの視点で考察してみた.

(視点1)社会保険庁からの説明がない

①どんな問題なのか
社保庁は昔から知っていたのか,何をしていたのか
③最近わかった事で対策が打てていないのか
④昔から知っていて対策打てていないのか
⑤社会保険庁はこれから、どうしようとしているのか
⑥年金改革に使われた年金統計データに与える影響はどうか

さっぱり伝わってこない.ただ聞こえてくるのは社保庁へのクレーム、考察力のないテレビ報道、与党・野党の攻防、だけである.実態はどうなっているのだろうか.

現象から、だんだん分かってきた事は、

①基礎年金番号に名寄せされない納付記録が5000万件である
②上記未名寄せ納付記録の追跡は10年間解決していない

③結局,未名寄せ
納付記録の処置は国民の挙証申請待ち状態
④未名寄せによる給付ミスがあっても時効(5年)で遡及不要になる
⑤膨大な数の減額支給者が発生している可能性がある

との事である.これに当然、国民が怒る.まさに詐欺,業務上過失事件である.保険会社の保険金不払い以上の年金制度の根幹に係る大事件である.

(視点2)問題の切り分け

今回の問題は平成9年に各年金制度共通の基礎年金番号制の導入に震源地がある.加入情報の一元管理を目指した方向は正しいが,10年たった現在も実現できていないのである.10年間,巨額の費用をつぎ込み,年金制度をダメにしたのである.

これは明らかにシステム設計の問題である.多分,空前絶後の巨大トラブルである.簡単に言えば,精度が悪い記録を基礎年金番号に統合しようとすれば,当然,名寄せできないデータや誤名寄せが発生する.

従って

・過去の各種年金制度の納付データの精度を確保する事
・名寄せできないデータが発生した時の処置方法を定める事
・番号統合後の確認方法を定める事

があって初めて番号統合が可能になる.どんなシステム設計をしていたのだろうか.きわめて,でたらめな,無責任な設計であったと言わざるを得ない.基礎年金番号への統合が10年前に失敗だったのである.

この大問題を処置する為に,問題を切り分けて,対処する必要がある.①データ修復の問題,②修復費用の問題,③過小給付の弁済の問題,④修復できない時の処置の問題,⑤社会保険庁・システム開発者の責任問題,に分離して対処しないと,絶対収束しない.野戦病院状態が続く.

(視点3)社保庁の意識

この統合システムのいい加減さを生み出した元凶がシステム関係者の正義感、責任感の欠如、社保庁全体の意識や、たかをくくっった考えにあると思う.

たとえ、いろいろな原因で個人記録の統合が不完全であっても、

①紙台帳(マイクロフィルム),年金種別番号での記録がある
②給付開始時、いづれ個人が自分の記録を確認する
③記録に疑義があれば、個人が申請してくる(申請主義)

④5年の時効があるので遡及調査・給付の必要性がない
⑤不整合なデータを放置しても、死亡によって、データが不要になる

と,積極的に納付データの精度向上には取り組まなかったきらいがある.社保庁は何千万件も洗いなおす気などさらさらなかったはずである.

社会保険庁は過去のデータに記入ミス、漏れがあって、不統合が起こって、未納になっても、給付が減額されても、国民の責任だと思っている.入力ミスの可能性に対する対策も取らず、いづれ国民が気付くまで放置しておけば良いと思っていたに違いない.10年たっても,まだ大混乱が起こっている事が何よりの証拠である.

言うまでもなく,個人記録の保存,データ精度向上,番号統合の未名寄せデータの修復は社会保険庁の重大な責任である.責任者の業務上過失責任,給付不足の弁済義務は免れない.

(視点4)賦課方式が生み出す体質

社保庁の体質は賦課方式の無責任性が関係していると感じる.例えばこんな事になる.

①納付金は自由に使える財源だ(経費、待遇、グリーンピア、財投)
②納付金、給付金、年金資産の将来を心配しても始まらない
③未加入率が増加しても、将来年金が破綻しても社保庁の問題ではない
④150兆と言う世界最大の資金,毎月降ってくるお金で責任のない大金持ち気分

と言った賦課方式がもたらす緊張感や責任感のない風土が今回のトラブルを10年も隠蔽させた元凶かもしれない.まさに'行政が国を滅ぼす'類の大問題である.

(視点5)自治労との対立

又,行政事務のシステム化に対し,自治労は合理化反対,労働強化反対,キーボード・ブラウン管による労働衛生悪化反対,新しい技能習得の反対等を全国で展開していた.社保庁はその急先鋒であった.今回の問題はこれとも関係していた感じもする.

(視点6)誤入力は素人騙しの原因

さて、今回の問題は,前述の通り実態が見えないが、統合以前に紙台帳からコンピュータに入力した時の精度の問題、名寄せの問題、個人の異動・届けの問題、等が原因と言われているが、素人騙しの説明である.

直接的問題は運用を含めたシステム設計の問題である.入力や名寄せ問題は自治体業務システムによくある基本的な設計要件であり、設計の中にデータ精度対策が打たれて当然の問題だからである.10年たって言える原因ではない.

システムに何千億も使って一体、社保庁は何をやっていたのか.この仕事を請けたシステムエンジニアーは恥ずかしくないのか、口を閉ざしている関係者も社保庁と同じ体質ではないかと不信感が募る.

(視点7)あるべき統合システムの概要

氏名のカタカナ入力の問題は、間違いを前提に、厚生年金番号、国民年金番号入力の精度確保、氏名の音読み(運転免許のダブり防止に使用)入力は常識である.入力内容の確認を経て、記録を整備する事が先ず大前提である.

次に、基礎年金番号と厚生年金番号、国民年金番号の関連付けを行う事になる.これが統合である.それぞれの番号にぶら下がっている記録の中に同一氏名、同一生年月日、があれば同一人の国民年金番号、厚生年金番号である可能性は高くなる.勿論、物証確認が必要である.

尚,国民年金番号,厚生年金番号の重複発行、それに伴う,基礎年金番号の重複も,これらの手順を踏んだ後,重複のチェックが必要となる.

もっと素朴に言えば、加入全個人から厚生年金番号、国民年金番号を聞くのも,急がば回れのやり方である.いずれにせよ王道はないのである.

統合も含めて年金システムの全体の設計内容が見えないが、現象から見れば、きわめてお粗末なシステムと言わざるを得ない.決して入力問題ではない.運用も含めたシステム設計の問題である.

中央官庁に係る情報システムは大丈夫だろうか.情報システムの設計、開発能力は公務員自身の問題である.外注するにしても、この能力なしで、行政は出来ないのである.ましてや電子行政等ほど遠い.

(視点8)今後取るべき対策

そこで今後の対策をまとめると(現行制度を前提)

①実態の解明(統合前も含めたシステム,データ精度の経緯と実態)
②データ修復の方策立案(未納扱い,未給付等)と経過処置
③高年代からの修復と個人確認の実施(優先付け,負荷分散)
③物理的,時間的,費用的,
修復不可時の対策立案(リスク対策)
④再発防止の為の現システムの見直し,早期適用
⑤年金資金の実態報告(納付、給付、経費、融資、投資、残高等)
⑥正しいデータによる年金統計分析のやり直し
⑦正しい年金統計分析による年金制度の見直し

⑧基礎年金番号から住民番号への移行(住民情報連動)

である.

当面、国民の殺到,クレーム対応,国会・マスコミ対応,挙証のみなし申請,データの修復作業,給付の見直し,追加給付等,ばらばらの対応でデータ修復に混乱をきたすと予想される.

収束に向た段取り,日程,体制などを確立し,権限と予算をを持ったプロジュエクトリーダーのもとで,順序立てて,この難局に取り組まねば成らない.トラブル時の鉄則である.又、名寄せロジックの改良、再名寄せ、個人確認、不備の修復を年代別に進める必要を感じる.国民も、この段取りに乗って行動する必要がある.

野戦病院状態の難破船,プロマネ不在のオペレーション、沈没しないと叫ぶ大本営,では不毛な戦いを続けながら玉砕する道を進む事になるのである.

(視点9)国民総背番号制

この際、もう一度議論すべきは⑧である.個人番号に年金情報、健保情報、住民情報、税金情報、免許情報などを関係付ける制度の利便性、コストダウンを取るか、情報管理社会を嫌うかの問題である.

現実は基礎年金番号、健康保険番号、住民番号に加え税の番号制も議論されるはずである.今回、縦割りの目的別番号制の弱点が露呈した訳だが、番号制が出来る都度、同じ問題が発生するに違いない.将来の日本にとって、行政のみ使う国民総背番号制(住民番号の利用)は避けられないと考える.

(視点10)前途多難な年金制度

又、新年金制度の議論もあるが、移行問題は至難である.新規加入から始める方法、既資金とともに一斉に移行する方法などが浮かぶが簡単ではない.現行を続けるにしても、少子高齢化、賦課方式の崩壊、加入者の減少など頭の痛い問題が待ち構えている.

今回の問題を10の視点で述べたが、現年金制度をどのように建て直すか、国民は大きな宿題を背負ったのである.各政党は政争の具にするとしても建設的な策がなければならない.

.

|

« 100 100号を振り返って | トップページ | 102 コムスン事件で隠してはならない介護事業の問題 »

コメント

様々なテーマに対して、硬質に切り込んでいく語り口に敬服しています。年金問題の実態は、唖然とすることばかりですが、これを情報システム(情報の収集、入力から始まり、出力、活用に至る一連のシステムとして広く考える)の問題として、どのように捉えるべきかを、経験豊富な貴殿に鋭く抉って頂きたく、コメント致しました。
 宜しくお願いします。

投稿: 悠悠 | 2007.07.05 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/15254284

この記事へのトラックバック一覧です: 101 年金問題の本質:

« 100 100号を振り返って | トップページ | 102 コムスン事件で隠してはならない介護事業の問題 »