« 112 憲法と自衛隊の海外活動論争 | トップページ | 114 放送と通信の融合 »

2007.09.24

113 自民総裁戦結果

本日,次期自民党総裁に福田氏が決まった.派閥への回帰現象が起こり,選挙前に決着が付いていた選挙であった.当ブログで心配した通り,党としての政策論争はほとんどみられなかった.

振り子現象のように、タカ派からハト派,政策型から調整型、意見を言う人から言わない人,に変わっただけである.したがって、政策はこれから話し合いで決めるとの事である.国民は政治家のリーダーシップを求めながら,政策を主張しない政治家に安定感、安心感を感じている所もある.

どうやら日本は,選挙で勝つ為には,何も言わないか,競争相手を誹謗するか,小泉氏のように熱意をこめて自論を言うかのいづれかである.勿論,政治家の好ましいあり方は自明であるが,ベテラン政治家ほど理想・政策を言う人を好まない風潮がある.対案を持っていない,言質を取られない,リスクを避ける,事が理由だろうか.

又,参院戦の結果から,生活視点の政治,格差是正の政治,が口癖のように飛交うが、構造改革が原因だ,財政出動で日本的社会主義に戻るべきだ,とする風潮になっている事も気になる.

本当に構造改革が原因なのだろうか,改革の影なのだろうか,又,巨大な債務を未来に残した政治責任を棚に上げて,あまりにも無責任な主張である.対価のない返済のみを未来に強いている過去の事業(俗に言う食い逃げ事業)とその総額を明らかにした上で,改革批判をして欲しいのである.

残念ながら,日本の財政実態からすれば,富の拡大とシビアな分配が絶対条件である.これなくして,国民の収入も医療・介護・年金・防災も充実しない.日本の金融危機、財政危機に端を発した小泉改革は先ず国の構造をスリムにし,筋肉質な国家にする事に必死であった.’改革なくして成長なし’は,まだまだ道半ばである.

公務員改革、議員数縮少,道州制,地方分権等による税金の効果的使用,など分配の改革は山ほどある.このような根幹の構造改革なくして社会福祉もままならないのである.

国民への口当たりの良い分配政策で選挙に勝つ構造は絶対繰り返してはならない.本筋をとらえた政策を是非,展開して欲しいのである.国民も本質を見誤ってはならない.

しかしながら,こんな重要な時期に,今回の総裁戦で政策の理念・方向は見えなかった.参院戦敗北で自民の政策論が急速に減退したならば政権を担う資格がない.

衆参のねじれ現象ならばこそ政策で戦うべきである.憲法問題,安全保障問題,外交問題,年金・医療・介護問題,行政改革問題,教育問題,地方活性化問題,税制問題など正々堂々と論争して欲しいのである.これなくしてわが国の’もやっと感’はますます大きくなるばかりである.

とにかく政権与党は政策、行政,全てに責任がある.長年の行政のいい加減さも自ら指摘し対策を講じなければならない.ねじれであろうと無かろうと真剣に取り組んで欲しいのである.野党から見ればすきだらけの政権と言わざるを得ない.

10月3日から国会が再開されるが、’検討します、話し合いをします’の連発になりそうである.まだまだ混迷が続く予感がする.

.

|

« 112 憲法と自衛隊の海外活動論争 | トップページ | 114 放送と通信の融合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/16550088

この記事へのトラックバック一覧です: 113 自民総裁戦結果:

« 112 憲法と自衛隊の海外活動論争 | トップページ | 114 放送と通信の融合 »