« 115 どう考える900兆借金 | トップページ | 117 相撲リンチ事件の本質的問題 »

2007.10.05

116 保守VS改革の政党再編の予感

自民党政治は日本の復興、高度成長を牽引してきた.成長後も肥大化した政官財の社会構造にブレーキをかける事もなく、バブル崩壊が起こった.許容してきた構造、仕組みの冗長性がヘドロのように露呈する事になった.その後、デフレ経済、債権の不良化が長期化し、社会全体が失われた10年と言われるほどに、漂流し続けた.一方、麻薬的に財政出動を繰り返し、この間に、600兆ほどの借金を作って行った.

その後、小泉政権が登場し、「改革なくして成長なし」「小さな政府」「古い自民党をぶっ壊す」を旗印に不良債権処理、構造改革に着手した.国民も熱狂的に、これを支持し、衆議院選挙に大勝した.

小泉政権を引き継いだ安倍政権は、この勢いを得て、憲法問題、安全保障問題、教育問題などの国家理念の再構築と言う長年の根本問題に軸足を移した.同時に、小泉政権での改革抵抗派、守旧派の復権も進めた.結果、改革路線と戦後レジューム脱却路線と言う大きな政治課題を抱える事になる.

この大きなテーマに取り組む一方で、政治資金問題、社会保険庁問題、弱者救済問題、改革による自民党支持層の減少などで、安倍内閣は足元をすくわれ、先の参院戦に大敗した.

この参院戦敗戦によって、1年たらづで安倍政権は退陣し福田政権が誕生した.自民党は一気に小泉政権前の守旧的自民党に戻る事になる.その結果、ねじれ国会の勢力図は、「古手の自民、若手の民主」と言った様相になる.間違いなく、自民にとって「守勢一方」の構図になった.自民の世代交代のチャンスも失った.

古手主体の自民党では、膨大な借金問題、行政の不手際問題、政治資金問題などの張本人であり、その対策は天に唾をする事になり、攻撃のターゲットになりやすい.政策面では、過去のしがらみで思い切った手が打てない.政治家のイメージも一気に古臭くなる.これでは民主の政権担当能力を問う前に、歯切れの悪い守勢が続き、支持率の向上も期待できないと予想される.

こんな情勢の中にあって、次の政権選択の衆院戦に対し、選対委員に自民党守旧派の就任もあり、自民分裂の兆しが出てきたと感じる.支持率が低下すれば一気に古手と若手の分裂に発展する.

同時に、寄せ集め集団の民主党も憲法問題、安保問題で古手と若手の分裂も必至である.

かくて、「守旧派対改革派(新保守)」「古手対若手」の政党再編が起こると予感する.政界の世代交代も加速する.出来たら、新体制で立候補者を決め、衆院選で国民の審判を受けて欲しいものである.

この乱世を収める新たな政治勢力に期待したいが、国会議員は自分の為ではなく、国の為に、この際、所属政党の明確化を願いたいものである.

魑魅魍魎が横行する政治の世界ではあるが、大きな潮流には逆らえない.この予感が実際起こるかどうか、1年後に、このブログを再読してみたい.

.

|

« 115 どう考える900兆借金 | トップページ | 117 相撲リンチ事件の本質的問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/16665624

この記事へのトラックバック一覧です: 116 保守VS改革の政党再編の予感:

« 115 どう考える900兆借金 | トップページ | 117 相撲リンチ事件の本質的問題 »