« 116 保守VS改革の政党再編の予感 | トップページ | 118 J-SOX法の懸念 »

2007.10.09

117 相撲リンチ事件の本質的問題

伝統を重んじる相撲の世界が揺れている.精神修行に名を借りた,しごき、リンチ、いじめ事件である.過去から死亡者も、脱落者もたびたび出ているようである.相撲の伝統維持にまぎれて悪しき伝統も引き継がれている感じがする.世間も相撲界を特殊の世界として見過ごして来た問題でもある.

伝統を重んじる分野ほど封建的な人の育成が残存しているのではないか.日本的な文化の中に、これらの問題が内在し、スポーツに限らず、どこでも起こりうる事ではないか.学校教育の問題にも連動した現象ではないか.

このような人間関係、人の育成に係る問題が国技として最も日本的な伝統社会で起こった事は,いかにも象徴的であり、日本の精神文化に潜む問題として考えるべきだと思う.

それだけに、責任論で蓋をしてはならないし、伝統的なものをどう時代に合わせながら改革し行くか、に議論を発展させるべきである.文科省も日本の教育問題として、この問題と対峙する事が本筋だと思う.

ところで,日本の人間育成の伝統の特徴は、武道、柔道、剣道、武士道、相撲道、茶道、華道、と言った'道'を掲げる事である.技能、能力以前に、礼節、忍耐力、精神力、服従心などの精神の育成が重視される.ルーツは、出家僧侶の修行にあると思われる.掃除・洗濯・食事・就眠など全て修行とされる.この文化が、変形して世に広まった様に思う.

その精神修行の文化が強い縦社会の中で,本人の為以上に、秩序維持の為に行われたたり,その道の大義のもとで、封建時代のような精神修行が強調されたり,人権に対しても治外法権になりやすかったりする.
スポーツに限らず、丁稚奉公のような封建的精神修行は伝統を重んじる世界に多く現存していると感じる.

この封建的精神修行はこんな形で現われる.先輩が後輩をこき使う、後輩の絶対服従を強いる、気に入らない事があれば、いじめ、しごき、気合を入れる.スポーツの世界で言えば、通常の育成過程においても、玉拾い、掃除、用具の手入れ、洗濯、食事準備、後始末、などから始まる.スポーツの練習など、させてもらえない.相撲のように住み込みの集団では24時間、この精神修行が行われる.やくざやかつての軍隊を彷彿させる.

これらの掃除、洗濯、小間使い、しごき、いじめが精神修行に必要かどうかの疑問も無く育成方法の検討も無く、単に先輩の征服欲の表れであっても、手足であっても、伝統・習慣として繰り返されている感じもする.

このように、全人格を支配しながら、心・技・体を鍛える事を良しとした日本の風土が日本のメンタリティに残っていると思う.そのメンタリティが誘発する悪癖の部分をどう乗り越えて行くかが、改めて日本人に突きつけられていると思う.

宮大工の育成は自分で考える、先輩の技術を盗む、師匠・先輩は後輩に、めったにアドバイスしない・見ているだけ、補助はしても、教え込む指導はしない、日常生活はローテーションを組んだ分担だという.全人格を支配した徒弟制度ではないと言う.

宮大工は困難に向き合った時の対応力が最も大事だと言う.その為に自立心、探究心、向上心を育てる指導方を取っているのだと言う.あくまでも自主性を重んじる教育である.技術習得に時間がかかるかもしれないが、この方が一人前の、しっかりした宮大工になると言う.勿論、傷害、人権侵害、労働基準法違反、などに抵触する行為はないと言う.

又、そのように育った師匠、親方は名実ともに立派な技能者・人格者であり、スパルタ教育を強いる人達ではない.良き職人気質の伝統がそこにある.

今回の事件を契機に、相撲に代表される日本の伝統・風土・文化を守る事と現在の社会と、どう融合させていくのか、に議論を発展させる必要がある.

家制度、家父長制度に根ざした相撲部屋制度の問題、伝統芸能界も同じかもしれない.相撲部屋を家族の象徴として、あるべき姿を目指す方向に行くのか、公私分離のボクシングジムやクラブの様な方向に行くのか,子供を相撲部屋に預ける昔の風潮・文化が今風と合っているのか,相撲協会のあり方,など大相撲の存亡にかかわる根本的なテーマがある.

これらの検討は日本の風土・しきたりの改革に繋がる重要な意味を持っていると思う.

事件の責任論だけで終わって欲しくないのは、伝統と人の育成と言う大事なテーマがあるからである.国技であればこそ、この問題に方向性を出さなければならない.相撲協会が文科省配下にある理由もそこにある.

マスコミ、識者が、こんな視点の取り上げ方をしていない.伝統も含めて、教育問題の根本が問われているとの感受性が乏しい.これでは教育の指針など出るわけがない.

今回も、伝統を重んじながら、義理人情浪花節の決着で済む事になるのだろうか.だとしたら、相撲界も入門者がいなくなり、学校・社会のいじめ問題も改善しない.

かくて伝統を重んじる事が伝統を消滅させる事になる.伝統は法律・社会の価値観を超えて存在できないからである.それとも伝統を治外法権で隔離するのだろうか.

.

|

« 116 保守VS改革の政党再編の予感 | トップページ | 118 J-SOX法の懸念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/16707909

この記事へのトラックバック一覧です: 117 相撲リンチ事件の本質的問題:

« 116 保守VS改革の政党再編の予感 | トップページ | 118 J-SOX法の懸念 »