« 123 政治混迷の根幹 | トップページ | 125 混迷が続く08年 »

2007.11.12

124 増税論議の前に

国・地方の借金残高900兆、一方,少子高齢化,社会保障費の増大、安全保障費(軍事、自然災害)の不確実性増大などが国家財政に追い討ちをかける.

そんな中で,消費税増税論議が胎動している.増税が説得しやすい事から、福祉目的税的な言い方もされはじめている.

しかし,’不足するから増税が必要だ’’財政破綻するから増税だ’と言う子供みたいな発想では未来の国民に説明が出来ない.増税論議の前に、やるべき事がある.

900兆の借金の使用内訳の開示
②既に効果がなく借金返済のみ発生している事業の開示
③無駄防止の為の制度改革の策定
福祉予算を優先割り当て,それ以外の事業で増税論議

①②は効果の見返りとして返済し続ける借金(優良債務)と見返りのない借金(不良債務)を明らかにする事が未来の国民に対する責務である.②はどれくらいあるか分からないが、この不良債務(食っただけの借金)こそが財政問題である.

ばら撒いた金を取り戻す事が増税ならば、ばら撒きを受けたところから取り戻して欲しい感情もある.未来の国民に負の遺産を残してはならないのである.

効果の見返りに借金返済するなら、何とか説明できる.従って、借金の額ではなく、借金の中身が重要なのである.この意味で、帳尻あわせの財政再建ではなく、不良債務をなくす財政健全化(借金健全化)こそが大事だと思う.

③は行政改革の継続は勿論であるが、縦割り弊害の防止、特別会計を含む予算のP.D.Cの制度化、個別案件別財源(税収か借金か)の明確化、同時に経費は税収で、見返りのある公共投資は借金での考えが必要である.

④は福祉目的の増税論議は他事業の無駄や既得権を温存した議論になりかねない.福祉予算枠を固定し、他の事業の為の増税論議をする発想が必要である.

経済成長こそ財政を良くし、福祉を豊かにする、福祉に多くの税や借金をつぎ込むと,福祉を続けられない事になる.従って、パイの拡大に使う、と言う考え方は正しいと思うが、金をばらまいても経済成長に繋がらない.制度・仕組みで成長や効率化を考える時代である.

以上、増税論議の大事な前提条件だと思うが.そんな事を言っても実行は難しい、との声が聞こえてきそうである.

ところで、90年から10年間で税収減、低金利もあって、600兆の借金が増えた.バブル崩壊後,日本の構造的脆弱性を改革すべきとの機運もあったが,結局踏み切れず,景気対策・ソフトランデングと称して,金をばら撒いたのである.これを推進した政治家,政党の総括なしで増税論はあり得ないと思う.

さらに言えば,バブル経済の崩壊,少子高齢化,社会保障(年金・医療・介護)問題,経済のグローバル化,途上国の台頭,そして税・財政問題等,どれも偶然起こった問題ではない.10年,20年前から予見できる必然的問題である.国民も政治家も見識者も経済発展の'ゆで蛙'状態であったと思う.ゆで蛙を放置した無責任な,厚顔な,政治家が頭から離れない.

戦争による負の遺産もきわめて大きいが、借金の遺産も何十年と国民を苦しめる.’米百俵の精神’で登場した小泉政権に続く、政治家がいないのだろうか.’明日の事より今日の事’で国民は動くのだろうか.これも民主主義であるが、未来の国民の民主主義を奪う事を忘れてはならない.

.

|

« 123 政治混迷の根幹 | トップページ | 125 混迷が続く08年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/17057359

この記事へのトラックバック一覧です: 124 増税論議の前に:

« 123 政治混迷の根幹 | トップページ | 125 混迷が続く08年 »