« 140 行財政の集権と分権 | トップページ | 142 パスポート発行手数料の疑惑 »

2008.05.31

141 哲学の道から琵琶湖疎水・京都を見る

京都岡崎から南禅寺,永観堂,哲学の道,界隈を散策しながら,琵琶湖疎水に思いを巡らしてみた.

琵琶湖の水が流出する川は唯一,湖南端にある瀬田川である.瀬田川は宇治川となり,山崎の地で木津川,桂川と合流し淀川となり,大阪に流れる.

宇治川が京都に接近した所に伏見がある.京都と大阪を結ぶ地として,秀吉が直江兼継(上杉藩)らに命じて,伏見城,大名屋敷,城下町を建立した.秀吉は間もなく,この伏見城で亡くなるが,伏見は水運の港として,酒造などの商業都市として発展した.幕末,竜馬が襲われた寺田屋は,この伏見港にある.伏見は幕末の内乱で時々登場する所である.

一方,日本の動脈,東海道は,大津から東山を超えて三条に至る大津街道が難所である.京都は東・西・北を山で囲まれた内陸部の盆地で四神思想に適した地形であり,当然,交通は不便である.飛鳥,藤原,奈良,京都と続いた内陸部の都の特徴である.平清盛が海洋国家を目指した事もうなずけるのである.

明治維新による遷都,廃仏毀釈によって,京都は衰退すると心配した人達によって,明治中期に,一大京都活性化事業が進められた.岡崎地区を中心に,京都博覧会の開催,平安神宮・岡崎公園・美術館・別荘庭園群,等の建立,そしてメインとなる琵琶湖疏水事業である.

この琵琶湖疎水は,琵琶湖の水を大津から山科経由で東山を突き抜け,三条(岡崎)に引き込む水路である.かくて琵琶湖の水の流出口は二つになった事になる.

この琵琶湖疏水事業の意義について,いくつか思いを巡らして見た.

①京都の飲料水の確保(疫病対策)
②水運ルートによる大津街道の輸送力向上(内陸部の都の欠点対策)
③水力発電の導入と路面電車の運行(電力の事業化)

山間部に水路を作るという土木技術の革新(国土開発の先鞭)
⑤南禅寺界隈の別荘庭園群の建設(政財界による伝統文化の継承)

まず①の飲料水の確保であるが,そもそも鴨川,桂川,白川,豊富な地下水があり,その必要性に疑問が残る.これに対し,水量が極めて不安定だとする説が一般的である.

一方,京都の長い歴史で,たびたび起こる疫病の原因が水にあると思われていた節がある.この事が疎水を必要とした本当の理由ではないか.人口や墓が多かったせいだろうか,そこで飲料水を琵琶湖に求めたのではないか.公家の葵祭りや庶民の祇園祭りは,厄除けの祭りであり,疫病は古来より,京都の大問題だったのである.

現在でも北大路の北,高野川に近い松ヶ崎浄水場に琵琶湖の水が引き込まれ,飲料水として使われている.まさに,わが国の水道事業が京都から始まったのである.現在も琵琶湖は京都の水ガメにもなっているのである.

次ぎに②は京都の中心三条につながる東海道の最後の難所,大津街道に水運を作り,輸送力の向上を計った.さらに,京都から宇治川の伏見に至る水運ルートを作る事で,大津・京都・大阪を水運で結ぶ事を計画した.元来,大津街道は北陸,東海,滋賀と京都を結ぶ重要な街道であったのである.

しかし,大津街道の水運は東海道鉄道線の発達で,長く続かなかった.ただ,インクライン(水路のトンネル部で船を陸で運ぶ路線)等,水運の開発経験は,運河の技術として残ったと思う.

③の水力発電であるが,何も疎水でなくても,他の河川で可能だったと思うが,疏水の多目的利水として計画され,電力を京都博覧会の大きな目玉として計画されたと思う.これによって,発電技術の輸入,電力事業者や路面電車事業者を生み,京都及び日本の近代化に大きく貢献したのである.

④の日本の土木技術の革新に,この疏水事業は大きく貢献したと思う.山科から東山を横断する山間部の難工事は,その後の日本の土木工法を作り上げたと思う.又,鴨川や白川の流れとは逆に,北に向かってゆっくり流れる哲学の道の疎水は土木工事の精度の高さを今にも伝えている.琵琶湖疎水を指揮した設計技師・田辺朔朗はその後,多くの人材を育成したと言う.

そして,明治後期以降の全国の鉄道建設事業,新潟の大河津分水事業,上越線の清水トンネル事業,全国の治水・利水・土地改良事業,ダム建設事業等,日本の大事業に琵琶湖疏水の経験・技術が波及して行ったと思われるのである.

最後に,⑤の別荘庭園群は当時の政財界の発案によって,東山山麓の南禅寺界隈に,疎水を利用して作られた.東京の洋館などの西洋化に対して,茶の湯,庭園,日本建築などの伝統的日本文化を継承したい,とのねらいである.数千坪のいくつかの別荘,別邸が,当主を変えながら今も生き続けている.

これは余禄であるが,琵琶湖の水が東山界隈の庭園に引き込まれた事によって,今や琵琶湖では絶滅種になった生物が庭園の池に生息していると言う.琵琶湖の生態までも継承した事になる.

桜並木のトンネルをゆっくり流れる疎水に目をやりながら,琵琶湖疎水と我が国の近代化,国土開発の歴史,あるいは,今日の京都に思いをはせたのである.私なりの哲学の道の散策であった.

.

|

« 140 行財政の集権と分権 | トップページ | 142 パスポート発行手数料の疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/41378822

この記事へのトラックバック一覧です: 141 哲学の道から琵琶湖疎水・京都を見る:

» 中国バスまつり/アジアナビ [中国バスまつり/アジアナビ]
わかりやすい中国バスまつり/アジアナビを掲載中 [続きを読む]

受信: 2008.05.31 23:34

« 140 行財政の集権と分権 | トップページ | 142 パスポート発行手数料の疑惑 »