« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.13

144 たばこ増税論戯

また又,たばこ増税論が出始めた.たばこの持つ常習性,嗜好性,喫煙人口の多さから,いつも増税のターゲットになってきた(現在税率60%,約2.2兆).たばこ増税は反論しづらく,取り易く,しかも景気に関係なく安定的な財源だからである.

たばこは国営事業でスタートし,戦費の確保等,国家の資金確保に,いつも登場してきた貴重な商品である.先般,社会福祉財源の確保の為の消費税増税を選挙前に避ける為に,またまた,財源の宝庫,たばこに照準が向けられた.苦しい時のたばこ頼みである.

しかし,今回の大幅な増税論のコンセプトがはっきりしない.私流の整理であるが,次の二つに集約されるのだろうか.

①現在より2倍程度に税収を増やしたい,との考え方(@1000円案)

健康論で,たばこ消費を減少させたいと言いつつ.それによる財源の減少を補ってあまりある価格,税率を設定し,新たな財政需要をも賄いたい.との考え方.

学者,政治家の多くは、3分の1が禁煙者になり,健康被害も減る,それでも税収が増える,こんな結構な話はない,と言う.

しかし,喫煙者減と税収拡大を両立するには,禁煙しない人に巨額の税負担を強いる事になる.毎日一箱(600円の税)吸うと,年間21万円の税負担になる.広く浅くの税制から,税負担の局所化,逆進化,高負担化,不公平化に限りなく向う事になる.

何よりも,高額でも,たばこを買う人はニコチン依存症である.病人に重税を課すようなものである.禁煙人口が減って,健康被害が減る事は良いと思うが,ニコチン依存症の人に負担が集中する事になり,財源もニコチン依存症になる.低所得者に喫煙者が多いとするなら,これも又,大きな問題になる.悪く言えば,麻薬の上がりで国家財政を組む事と変わらない.

当案の賛同者は,たばこなど止めればよい,と言うに違いない.それなら税収増を期待してはならない.結構な話以前に,論理矛盾に気がつかない思考力の方が心配である.

②波風立てずに増税をしたい,との考え方(@500円程度の案)

消費量の減少で税収が減少する事を避けたい,消費減にならない程度に値上げし,税収を増やしたい,との考え方.しかし新財政需要を満たすほどにはならない.

これは,あまり波風を立てずに,じわじわ値上げをする,歴史的手法である.又,①②に対し,海外では,もっと高い,と値上げを後押しする人がいるが,海外の高速道路料金と同じように只にせよとは言わない.片手落ちである.公共料金や税制全体について比較した上で言うなら筋が通る.我田引水のつまみ食いは,世間をミスリードする.

という事になる.さて,たばこ税制を,どのようなコンセプトにして行くのだろうか.聞こえてくるたばこ増税論は,あまりにも短絡的な感じがする.

そこで自分の考えを述べたい.あえて③とする.

③たばこに財源を求める考え方はもう終わりにする(価格は現状,税収減を許容)

①②に共通して言える事は,健康被害の回避から喫煙者が減少して行く中で,たばこ税収の維持・拡大は,禁煙出来ない喫煙者に罰則的重税を強いていく事である.特に,ニコチン依存症者に限りなく負担が向かい,苦しめる事になる.密造・密売・ヤミルート,バラ売り,しけもく,キセル,紙巻たばこ,等が横行するかもしれない.昔,見たような風景が目に浮かぶ.

国家として喫煙者や,ニコチン依存症を減少させるなら文化的・健康的キャンペーン(既に禁煙エリアが飛躍的に拡大中)や代替製品開発,医学的な政策をとるべきである.

酒なども,そうであるが,依存症のある消費に税収を求める事は,国家の品位にかかわる事だと思うし,何よりも’消費を減らしたい,でも,もっと財源が欲しい’と矛盾した政策になる.’体に悪いから高額にするけど,やめないでね’と言っているようなものである.

この矛盾からの脱却を考える事が政治の仕事だと思う.たばこが嗜好品と言われていた時代から,健康被害品の時代に移ったのだから.昔のように財源の宝庫と思ってはいけないのである.

しかし,依然として,増税は抑止が狙いと言う人がいる.ならば,体に悪い食品や社会に悪い商品,サービス,すべてに,課税するなら筋が通る.現実は抑止の目的で課税をするのは輸入関税くらいだと思う.しかしこれも減少傾向にある.

一般に,商品やサービスに抑止目的で課税する理屈は,対象が限定するだけに,成り立ちにくい.せいぜい抑止目的が成立するのは税収を期待しない場合である.'抑止できて税収が上がる’と言う税制は必ず論理矛盾にぶち当たるのである.

以上,たばこ財源からの脱却が正しい方向である.たばこ税はニコチン対策にまわし,限りなく,たばこ消費を減らす方向に使うべきである.その結果,たばこ税収がなくなっても,その時は,それ以上の医療費削減が可能になっているかもしれない.(たばこの健康被害説が正しければ)

たばこ増税論者の皆さん,どうでしょうか.

・それでも背に腹は変えられないと,理屈抜きで増税に走りますか.
・いつまで増税による,税収確保,税収増を続けるつもりですか,
・ますます,国家財政がニコチン依存症になりますよ,
・或いは,消費抑制の為,健康の為,といい切れますか,目的税でよいですか,

・いっその事,健康にあまり害はない嗜好品だとして増税をして行きますか,

考え方をしっかり持って欲しいものである.

ところで,

今後,税収確保の為に,既存の商品,サービス,取引に重い税金を課す発想だけではなく,寄付を含んだ取引きを普及させる事が必要だと思う.例えば,この商品売上の2%は地元の病院に寄付しますと言った売り方である.

財政がひっ迫した分野を明らかにし,これに企業,消費者が協力する文化である.消費者もチャリティ意識が芽生えてくる.米国ではチャリティ販売が多いと聞く.日本も税に走る前に,こんな寄付・チャリティ文化が根付いて欲しいと思う.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

143 消費は美徳か

経済活動から見れば,どんな消費であっても,消費が高まる事は経済成長にとって,良い事である.さらに言えば経済波及効果の大きい消費ほど良い事になる.まさに消費は美徳なのである.

しかしながら,経済が拡大し,消費が天然資源の枯渇や地球環境の破壊につながるとしたら,消費は美徳と言えなくなる.価格が上昇し消費を抑制する方向に経済が動くが,起こってしまった枯渇や破壊は取り戻せないのである.

明日からの洞爺湖サミットで地球温暖化ガスの削減論議が行われる.ガス排出の削減競争ではなく,ガ゙ス排出量の争奪戦の様相もある.先進国,途上国,後進国などの主張を,どのように調整するか大きな課題である.(NO134で既発信)

途上国は地球を汚してきた先進国こそ大きく削減せよと言う.当然の主張としても,この程度の問題ではない感じがする.中国,インド,アフリカなどの数十億人の国民が先進国並みの消費をしたら,どうなるだろうか.

例えば,一家で2,3台の車を乗り回したら,毎日朝シャンをしたら,冷暖房が完備したら,大量生産する工場が乱立したら,地球はパンクしかねない問題なのである.

だとしたら,温暖化ガスが削減どころの話ではなくなる.製品を作る資源もなくなり,物価が高騰し,途上国,後進国の経済発展もできなくなり,先進国の削減努力程度では済まない大問題になる.何よりも,自然環境が変貌し,気候や生態が大きく変わる問題になる.(是非,科学的検証をして欲しいと思うが)

まさに,膨大な人口を持つ途上国,後進国が,かつての先進国が物質文明を謳歌したように,無防備に急速に経済膨張すれば,地球にとって脅威になる.途上国の発展を願うにしても,人類有史以来の飢餓問題,宗教問題,民族問題,等の国際政治の難問と同じくらいの難問に突きあたるのである.

そんな中で,せめて,先進国は浪費(不必要な消費)を抑制する事である.いかに高度な技術で,少エネ,少資源,の製品を普及させても,浪費を誘発しては意味がない.素晴らしいエコ車であっても,利用度の低い人が車を買え変えたり,今まで以上に車を使えば,資源消費は増加することになりかねないのである.

経済から見ればマイナス要因になるが,物を大事に使う,もったいない感覚に回帰する事が必要である.浪費で支えられる経済は続かないし,’消費は美徳’は,経済発展とともに,'消費は美徳,ただし,浪費は悪徳’にして行かねばならないのである.そうでなければ,’消費は悪徳’の事態を招くことになる.

元来,資本主義,市場経済の仕組みは自然で合理的な仕組みであるが,人間の欲望に従って,地球環境や資源を食いつぶす側面がある.一方,需要・消費側の価値観で,これを抑止する事も可能である.従って,規制に至る前に,消費側の意志で経済と少エネ,少資源を両立させて行きたいものである.

こんな中で日本は’もったいない文化’,浪費の抑制,,エコライフ,省エネ製品の開発,何よりも,少エネ製品の少資源化,ガス削減へのインセンテブ制度を国内で実践し,成果を示して行く必要がある.ビジネスチャンスとばかりに,輸出に執着する風潮は世界の信頼を損なう.

明日からの洞爺湖サミットで’地球環境の安全保障問題’との認識で議論を進めて欲しいと思う.武力の安全保障,食糧の安全保障,病原菌の安全保障,等とともに,人類の英知が問われているように思う.

ところで,約1年前に当ブログ(NO99)で,オリンピックが終わってから,洞爺湖サミットを開催すべきだと発信した.中国の経済発展と地球環境問題をテーマに掲げ,リアリティのある議論になるし,その隣国の日本で開催する意味が増すと思ったからである.今もその思いは変わらない.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.01

142 パスポート発行手数料の疑惑

平成19年(昨年)のパスポート発行枚数は一般旅券で420万件(10年267万,5年154万)だという.例年,これくらいが発行されているようである.発行手数料は県の政令で2000円,旅券法で10年は14000円,5年は9000円,12歳未満は4000円と定められている.従って10年間有効のパスポートは16000円となる.家族でパスポートを作る事も多いと思うが結構な費用になる.そして,年間,約500億円ほどの手数料を国民は支払っているのである.

自分の身分証明書を作るのに,いかにも高い感じがする.パスポートを作る費用は県の手数料2000円程度が妥当だと思うが,旅券法の手数料とは何の費用なのだろうか.利権化したパスポートの作成費用なのか,外務省の自主財源なのか.旅券法には金額設定だけで手数料の説明がない.

そこで,感じている疑惑を整理すると次の3点である.

①手数料が高く,何に使っているかも不明である
②手数料と言いながら,実質は税収入の様に使っていないか(目的外使用)
③収入印紙を手数料として使っているが,法的根拠がない(印紙税法違反)

まず①②の問題であるが,

手数料の定義が条文にないのは,作成代金とするには高額であり,さりとて,外務省の自主財源だとすると,手数料ではなく,税金になってしまう.税金とすると,国民の理解も難しくなる.

そこで何も説明せずに,手数料を装って,自由財源にしているのではないか,この状態は,常識的な手数料の意味からすると,目的外使用になる.国民をだましている事になる.

もし,外務省の入出国チェックシステム費用,旅行者へのサポート費用(大使館や領事館の費用)と言うなら,人生に一回しか海外に行かない人も,頻繁に海外に出かける人も同じ手数料はおかしくなる.

パスポートの有効期間(5年,10年)によって手数料が違うのも意味不明である.パスポートの作成費用が変わるわけがない.いや,10年用は丈夫に作ってあるのだろうか.ちなみに県の手数料はいずれも2000円である.

次に③の問題であるが,

手数料金額と同じ額の2000円と14000円の収入印紙を貼る事になっているが,これでは収入印紙税になり,旅券法の手数料ではない事になる.

さらに,印紙税とするなら,印紙税法でパスポート申請書を課税文書にし,税額を設定する必要がある.

あくまでも手数料だとして,現金の変わりに収入印紙を使っているとしても,印紙税から手数料に振り替える必要である.これを可能にする法律はあるのだろうか.あるいは印紙税の中から外務省予算に組み入れているのだろうか.ますます手数料の定義が曖昧になる.

どうやら,

・渡航が少ない時代の
制度のまま,現在に至っているのではないか,
・渡航の大衆化で,思わぬ収入の多さに,政府は口を拭っているのではないか.


と言う感じがする.現に,このいい加減な手数料を説明できる役人はいないのではないかと思うのである.

そこで,改めて,解明と見直しが必要だと思う.

旅券法の手数料が何の費用なのか,実際,何に使かわれているのか,その上で,旅券法の手数料の条項の見直しが必要である.もし,違法性があるなら,パスポート保持者に返金する必要がある.

各国のパスポート発行手数料の意味,金額はどうなっているのだろうか.パスポートを作る費用か,行政の費用を賄う税金か,あるいは,これだけ金を積めば海外旅行を許可する(通行手形を出してやる)と言う,お上意識の許可料か.

詳しい知識のないままに素朴に述べたが,

ガソリンの暫定税率のように,旧態以前の制度のまま,濡れ手に粟の財源を長期に,静かに,しっかり確保し,利権化している,監視から漏れている税や手数料は他にないだろうか.

テーマからそれるが,

所得税,住民税,社会保険料(医療・介護・年金・失業など),消費税,以外に手数料,物品税資産税,関税,印紙税,相続税など,どれくらいになるのだろうか.物品税でいえば,たばこ税2兆,酒税1.5兆,ガソリン税(道路特定財源)5.6兆など大物の物品税がある.

標準世帯の年間の公費負担(所得税,住民税,資産税,社会保険料,消費税,物品税,関税,手数料,等など)は所得の50%を超えるのではないか.愛煙家,愛酒家,毎日車を使う人,などは確実に高額負担者である.

文明文化の発展,国民の高齢化によって,公費負担は大きくなるが,多分,有史以来の重税である.さりとて個人の備えの必要性が減るわけでもない.昔なら一揆が起こる.せめて,むしろを掲げるかわりに,国民の厳しいチェックがますます大事になる.国民の盲目的な公費負担は無駄使いの温床になるからである.

ところで,個人的にはパスポートが切れたので,人生最後のパスポート申請になる.手数料の意味が不明のまま,16000円にするか11000円にするか思案中である.せめて納得してパスポートを受けたいものだ.

結果的に海外に行かなければ,手数料が無駄になってしまうが,突然,海外に行けるようにしておく費用だと,自分に言い聞かせている.

.

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »