« 147 身長別競技種目の新設 | トップページ | 149 福田総理辞任のわけ »

2008.08.31

148 柔道とJUDOにみる併存文化論

北京オリンピック柔道で日本は惨敗した.世界の力が強くなった事もあるが,

・一本を取る’柔道’がポイントを取る’JUDO’に
・組んで始まる’柔道’がレスリングもどきの’JUDO’に,
・武道としての’柔道’が勝敗を争う’JUDO’に,

柔道の国際化で想像した事であったが,今回’柔道’と’JUDO'がはっきりと別物になったと感じた.

国際化とともに,すでに日本的なものが一枚一枚剥がされている中で,柔道もその一つとして露呈したと感じる.

そんな傾向の中で無差別級で優勝した石井選手は’JUDO'に徹した.前半は徹底的に動き回り相手から消極ポイントを取る,中盤は相手の反撃を交わしながら,体力消耗を待つ,後半は相手の疲労に乗じて動き回り,ポイントを守る.その為に徹底的に体力を鍛えたのである.技を決めに行く柔道は捨てたのである.

結局,武道としての’柔道’と競技としての’JUDO'が併存し,畳の上でガッツポーズをしない'柔道’とガッツポーズをする’JUDO'が併存する事になると思われる.

ところで,日本文化の葛藤は当ブログでも何度か発信しているが,日本文化の根底にある仏教の教えにもかかわっている問題だと感じている.浅学であるが私なりに理解している所をまとめて見た.

人間には煩悩(心を乱し,悩ませる諸悪の根源)があり,これを取り除く事を悟りとした.その為に,仏教は生活すべてにおいて,五感の規制を説き,煩悩を制する事,耐える事,が心の安らぎにつながると教えた.他力本願の思想も生きる苦しさを和らげる知恵であったと思う.決して争いに勝つための教えではく心の持ち方を説いたのである.

その結果,消極的,受動的,謙虚,没個性を良しとする価値観を生み,現在にいたる,日本の文化の基礎を形成している.日本文化は農耕民族の特性だけでなく,宗教の影響が大きいと思う.

先のオリンピックマラソンの優勝者は’日本で耐えることを学んだ’と言ったが,まさに教育現場に仏教の耐える教えが無意識のうちに,浸透している証だと思う.

この様に,仏教の影響が日本的なものを形成してきたわけだが,一方,日本の社会が欧米の合理性に押し切られて行く傾向にあり,仏教の教えによる精神文化も,国際社会や科学技術の発達,経済や民主主義,法社会の進展によって,なじまなくなっている感じもする.

結局,日本の文化は今後,柔道と同じように,日本的なものと,国際的なものとが,併存する形で推移して行くのではないかと思う.文化の並存とは,従来の和魂洋才や和洋折衷と言った足して二で割るような日本独特の文化の受け入れではなく,二面性が併存し,場面によって使い分ける文化である.’融合から並存’の時代に行くと思うのである.

社会の仕組みで言えば,場面に応じて切り分けが必要になるが,競争原理に基づく仕組みと和の精神に基づく仕組みを作ることである.教育においても,この二面性を併存させ,それぞれの指導が求められる.

最も文化の根本になる言語も従来のように,造語,合成語,外来語で対応するのではなく,日本語と英語の併存になる.仏教も古典的な教えに加えて今風の教えが必要になるかもしれない.あるいは寛容な日本ならではの多神教が加速するかもしれない.

ところで言語について,こんな話がある.同じ日本人が日本語で話すと曖昧になり,英語で話すと明確になると言う.言語によって鮮明さが変わるのである.日本でははっきりものを言わない人が,米国では,てきぱきと頼もしく見える事もある.同じ人間でも,言語によって考え,行動,印象が変わる例である.

又,外国人が日本語を話すと日本人が忘れていた感覚を思い出したり,日本人以上に日本人らしさを感じる事もある.日本語は常に相手を配慮する言葉だからである.どの言語でも,それを身につける事は,その文化を無意識であっても,身につける事になる例である.

この事は,元来人間には柔軟な資質があって,使う言語によって,その資質が言語の特質に染まるのではないか,まさに言語は文化そのものだと実感する.だとしたら,日本人は,米国人は,と一意に人間の資質を言う事は間違いと言う事になる.日本語と英語を並存させる理由がここにある.

以上,’柔道’と'JUDO'の例のように,日本は異文化が並存する社会になりそうである.従来の足して二で割る文化や仕組みはもう限界だと思うからである.わかりづらく,活力も損ねる.

この様に考えると,日本にとって21世紀は新たな文化の世紀になる予感がする.世界的に見ても,古代は宗教を作り,中性は芸術を作り,近代は科学を作ってきた.21世紀は世界にとっても新しい文化創造の世紀になるかも知れない.100年後の日本を見てみたい.

以上,柔道の敗戦を通じて,日本的なものの行く末,文化の変貌に思いをはせてみた.

.

|

« 147 身長別競技種目の新設 | トップページ | 149 福田総理辞任のわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/42331986

この記事へのトラックバック一覧です: 148 柔道とJUDOにみる併存文化論:

« 147 身長別競技種目の新設 | トップページ | 149 福田総理辞任のわけ »