« 154 金融・経済危機の教訓 | トップページ | 156 経済危機で変わる事 »

2008.10.30

155 麻生戦略と民主党

麻生政権は,にわかに起こった金融・経済危機に乗じて,解散を延期し第2次補正予算,インド洋給油継続,税制改正,来年度本予算まで,行く所まで行く気配である.

いまだ自民党の選挙公約は発表されていない.年金・医療・介護などの社会保障問題,行政改革問題は今のところ,そっちのけである

しかし,この経済危機のおかげで,国民の目が自民党への批判から景気問題に釘付けになば,国民の苦しさに反して,自民党にとっては神風になる.

さらに’政局より政策’が大事と,景気対策と称して財政出動,バラマキを行い,それが景気回復,支持率向上につながれば,自民にとって一挙両得になる.自民にとっては,すでに選挙運動をしている様なものである.

しかし,自民党の支持率が上がったとしても,景気が回復しなかったら,公金が人気取りに使われただけ,財政危機に拍車をかけただけ,増税の必要性を強めただけ,社会保障がさらに厳しくなっただけ,になり,国民は手放しで巨額の財政出動を喜んでいられないのである.社会保障の為の増税論議が’金を使ったから増税する’にすり替わる可能性もある.

バブル崩壊後の保守的な古典的な財政出動を繰り返してはならないと思う.日本の経済はもうそんな経済規模で回っていないのである.’改革なくして成長なし’が懐かしいと思うし,経済危機であればこそ企業と同じ様に思いきった行政改革,行政コストの削減を急ぐべきだと思う.肥大化した官僚国家のまま,未曽有の経済危機は乗り越えられないと思うのである.

一方,問題は民主党にもある.解散に向けて既に選挙公約を掲げ,戦闘モードに入ったが,いっこうに戦争が始まらない.戦争を早くやる為に妥協を続けたが,解散延期なら民主党の勢いも戦費も息切れする可能性がある.

それどころか,選挙公約実現の為の’埋蔵金’を,第2次補正などで使われたり,民主党と同じような政策を実行されると,発表済みの民主党の選挙公約も空洞化する恐れがある.そして,いよいよ解散となれば,もう一度,財源探しと,公約の練り直しに追い込まれる.こうなる事が麻生政権の裏の狙いかも知れない.当ブログでも指摘したが,政局だけの事を考えれば,麻生政権は最善手を選んだ事になる.

民主党としては解散と関係なく,’改革対保守’の構図を作り,麻生延命政権と戦い続けるべきであった.経済危機対策でも,保守的手法,積極財政出動に変わる将来を見据えた政策を打ち出すべきである.’政局より政策’は民主党が言う言葉である.

’勝なければ何も始まらない’と選挙しか頭にない民主党党首の政治姿勢が宙に浮いてしまった感じである.以前から指摘されていた事ではあるが.この際,若手の党首に交代することも有効な感じがする.

論戦を通じて,国民は来る選挙で,政党・政策を選ぶはずである.古い手法の’どぶ板選挙’も国民から見放されて行くはずである.自分の選挙の事しか頭にない政治家は,すでに思考停止状態となり,どぶ板行脚しか出来ないのかもしれないが.

.

|

« 154 金融・経済危機の教訓 | トップページ | 156 経済危機で変わる事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/42952622

この記事へのトラックバック一覧です: 155 麻生戦略と民主党:

« 154 金融・経済危機の教訓 | トップページ | 156 経済危機で変わる事 »