« 157 古都の紅葉 | トップページ | 159 経済危機対策への懸念 »

2008.11.26

158 言語表現へのこだわり

そもそも,言葉は暗黙知(経験,知識,概念など)が共有されている時,伝わりやすい.’言葉は文化.’と言われる由縁である.

日本の場合,これらを多くの人で共有し,情緒の文化,思いやりの文化,行間で物を言う文化,阿吽の呼吸,等,日本独特の文化を育ててきたのである.’古池や蛙飛び込む水の音’で静寂な世界を,誰しもが想像できる.欧米人なら,蛙が複数形なら,きっとガチャガチャ賑やかな蛙を想像する.単数形なら,ポチャンで終わるだけである.いずれも,さしたる情感も感じないはずである.

この様に暗黙知は伝える上で便利だが,’言葉は文化’だからと言って,それを前提にし過ぎると,問題が起こる.いくつか上げてみた.

①暗黙知が実態と遊離している問題.

例えば,社外取締役,社外監査役などと’社外’と言う言葉を無意識に使うが,’社外’には他人・よそ者だから客観性があるとの暗黙知があるからである.この暗黙知は内と外を分ける農耕民族の文化,村社会文化,血統主義の文化からきている暗黙知である.

ところが,暗黙知を共有していない人,例えば外国人,にとっては’社外’は言語明瞭意味不明である.’社外’だからと言って,なぜ客観性があると言えるのか理解できないし,現実的にも,利害関係があるかも知れないのである.

そこで改めて,本来の意図を表す言葉を考えると,’社外’より’独立’がふさわしい言葉になる.ちなみに日本ではoutside director,であるが,多民族を前提にした(暗黙知を前提にしない)言い方,例えば,英語ではindependent directorなのである.

形で意味を想像する事が日本語には多い感じがする.これからは,直接意味を表す言葉を使う方が良いと思う.翻訳し安いかどうか,チェックする事も,正しく伝える為には必要だと思う.

他に’外資系企業’,’外人’,等も,よくよく考えてみると,現代では意味不明の言葉になる.’外資’の定義も資本の自由化やファンドの発達で,定義困難である.筆頭株主の国で区別するなら,トヨタやソニーは外資系企業になる.’外人’を国籍で言うのもおかしい.日本国籍の外人はいる.なんとなく,西洋人を指すようである.東洋人を外人とはあまり思わないところがある.

こんな曖昧な言葉でも,日本人同士では,とりわけ違和感を感じない.しかし,これに係わる法律や政策などで,論理を組み立てようとした時,その概念の曖昧さに気づき,改めて定義と妥当する言葉が議論されるのである.

枚挙にいとまがないが,次のような言葉も,日常,使う言葉であるが,そのイメージや意味が,時代によって,曖昧になってきていると思う.

コンサート,演奏会,ライブショー,ミュージシャン,音楽家,アーチスト,芸術家,芸能人,旅行,旅,ツアー,トラベル,エコノミスト,経済学者,政治家,議員,マスコミ,ジャーナリスト,放送,放送事業,専守防衛,集団的自衛,等.

この様に,論理より日本的情緒や当時の理解で概念化された言葉は,ボーダレス化や多様化によって,その概念が現実とかけ離れ,言語明瞭意味不明になってしまうのである.

②無意識に暗黙知が共有されていると思う問題

昔,IBMマニュアルは全世界に普及していた.当然のことながら,中学生程度の英語力で,かつ,暗黙知が共有されていない前提で,言葉,文章が作られていた.

日本では,無意識に暗黙知が共有されていると思いやすく,相手を配慮した伝え方を忘れがちになる.これも弊害である.島国文化の宿命だろうか.

一方,日本人が,日本語で話すより英語で話す方が論旨がはっきりする事が多い.英語を話す娘が日本語で話す時より,はっきりして,たくましく感じたりする.日本語でも通訳を通して話す場合,正しく翻訳されるように論旨をはっきり言わざるを得なくなり,相当の準備が必要になる.

無意識に暗黙知の前提や情緒的な表現が多い日本語で正確な表現をする時,その内容が翻訳し易いか,いなか,を自問し,推敲する事で,思考力も表現内容も正確になるはずである.’社外’の例と同じである.

③日本人らしく,感情優先で分かり合える問題

そこまで言うな,気持ちはわかる,と相手の立場や感情を優先して,曖昧な表現にとどまる事がある,暗黙知・相互信頼の共有が根底にある.これになれると,立論力やコミュニケーション力が発達しない懸念がある.デベート力が弱いのはこのせいではないかと思う.

曖昧さや,玉虫色の表現は時として,激突を避けたり,逃げ道を作ったりする人間の知恵(曖昧の合理性)である.企業で言えば早く,穏便に,契約を結びたい,とややこしい事は別途協議にする事が多い.その分,本質的な問題が議論されずに曖昧のまま爆弾を抱える事になりやすい,

当ブログの’029 1頁と100頁の契約書’でも述べているが,1頁の契約書では,’双方に疑義が生じた時,誠意をもって対応する’で仕事が始まる.100頁の契約書は仕事の内容,想定される疑義の内容・対応,が同意されて,仕事が始まる.

前者は日本であるが,経験知識や信頼を前提にしたり,ややこしいことは発生した時,考える,との玉虫色の契約書である.もちろん,こんな契約文化は海外では通用しない.

さすがに日本でも,玉虫色にするにしても,せめて’誠意をもって対応’とは,どんな内容かを考え,明文化するケースが多くなってきた.今までの感情論から一歩論理に踏み出したのである.

又,サービス業などの企業間取引では,SLA(サービスレベルアグリーメント)という合意が事前になされるようになってきた.支援内容や品質及びトラブル時の対応などを事前に合意する契約である.

明らかに’誠意をもって取り組みます’では通用しない時代,むしろ,明文化によって,経営や業務の仕組みを確立し,人材を育成し,正当な対価を得て,企業力を高める方向に動き始めたのである.感情論だけでは企業力は向上しない例である.

④暗黙知が無いのに,あるように言う問題

このケースは政治家や役人の言い方や政策,あるいは,外来の概念でよく見受ける.意図的に言う場合が多いと思うが,聞く方は言語明瞭意味不明である.政治家や役人が使う言葉は内部では暗黙知があって,明確に伝わるらしいが,国民にとっては暗黙知などはなく,意味不明な事が多い.

例えば,良く使う,前向きに検討する,考えたい,善処したい,等は何もしないとの暗黙知があるらしい.最近の例で言えば,1兆円を地方財源に,道路特定財源の一般財源化,定額給付金,景気対策,など,意味や論理が不明である.

言う方は意味を知った上で,玉虫色の表現をしているのだろうが,本当は意味もわからず言っている事もある.それはどういう事かと注意深く聞く必要がある.

又,外来概念あるいは新しい概念は勿論,暗黙知などはなく,後付で意味や概念が作られる事が多いが,受け売りで,既に暗黙知がある如くに話す人もいる.聞く側が自分なりに理解し,判断する事が大事である.

以上,’言語は文化’に違いないが,正確に伝えるには’言語は論理’である事を,もっと強く意識する必要があると述べてきた.特に論理性が求められる法律や政策はもちろんである.言葉の表現にはもちろん限界があるが,だからといって正確に伝える努力を怠ってはならないと思う.

ちなみに,論理を追求する業務システム設計では,受注とは,受注取り消しとは,受注変更とは,売上とは,値引きとは,原価とは,在庫とは,などなど,企業毎に,言葉の事象を再定義するところから始まる.言葉が表す事象が企業毎に,あるいは企業内でも,結構曖昧だからである.かつて,百貨店の売上の定義で大論争になったケースもある.

まさにシステム設計は’言葉は文化’から’言葉は論理’に再定義する作業であり,これなしに,システムは出来ないのである.論理思考力を高め為にも,言葉には,こだわりたいものである.

.

|

« 157 古都の紅葉 | トップページ | 159 経済危機対策への懸念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/43230965

この記事へのトラックバック一覧です: 158 言語表現へのこだわり:

« 157 古都の紅葉 | トップページ | 159 経済危機対策への懸念 »