« 167 政治資金への所見 | トップページ | 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし »

2009.03.27

168 WBCで見えた事

WBCは日本の2連覇で終わった.ファインプレー,感動シーン,選手の不調,など一喜一憂に沸いた.日本中が釘付けになった.国民性の違いそのままに,米国流野球と日本流野球の違いもはっきりした.今回のWBCを通じて感じた事を記しておきたい.

①監督の役割

個々の試合での采配より,どんな戦い方をするかを定め,チームを編成する事の重要性を感じた.勿論,その戦略,選考理由は明らかにされていないが,全体の試合を通じて,やりたかった戦略が見えた感じである.単に選手の実力,実績,都合でチーム編成をしていなかった様に思う.従来のチーム編成とは大きな違いだったと思う.

②組織(チーム)の風土

一般に集団力を発揮させる時,縦風土と強力なリーダーシップでまとめ上げる事が多いが,今回は,フラットな人間関係の中で,個人に役割の発揮を求めつつ,相互に助け合う雰囲気が強く出ていたと思う.専門家集団ならではの組織風土を見た感じである.もちろん各選手のプライド,実力,そしてチーム戦略があっての事である.企業組織にも求められる組織風土だと思う.

③投球数制限ルール

今回初めて投球制限の元で試合が行われた.結果として面白いルールだと感じた.日本人では発想できない米国らしいルールである.MLBの理由は別として,短期決戦を特定投手の完投,連投で勝ち抜く高校野球の様な作戦は排除された,

このルールが①②にも影響を与えた部分もあったと思うが,皮肉にも,投手力が豊富な日本に有利に働いた感じもする.特定投手力が勝敗を左右する野球の特性を少なくし,投手の身体保護,チームプレーを促す点で,高校・大学野球にも取り入れるテーマだと思う.

④世代交代

試合内容だけではなく,使命・責任から解放された選手の生の声に本音と個性を感じ,感動的であったが,それらを通じて,指導者層の世代,組織風土などを含めて,長嶋監督,王監督,星野監督の時代から次の時代に移った感じもした.この変化は,他のスポーツ界,あるいは産業界にもある事だと思う.

次にスポーツ事業について触れたい,

⑤日韓の競い合い

近年,野球をはじめ,柔道,サッカー,スケート,ゴルフ,など韓国の活躍はめざましい.スポーツ人口の割りに強い選手を輩出できるのは国民性や英才教育にあるのかもしれない.学生,社会人,プロと機構が分断されている日本とは歴史・考え方が大きく違う.いづれにせよ日韓が競い合って,世界のスポーツ界をリードして行く事はすばらしいと思う.

一方で,ナショナリズムや国威の発揮の為に,スポーツが扱われると,未成熟な社会の証のようで違和感がある.スポーツにはノーサイドの精神と多様化の中の一つ,との位置付けが必要だと思う.

⑥国際的スポーツ事業と国内のスポーツ事業

WBCは世界の放映権市場戦略を進めているMLBが主催している.MLBを頂点として,その下で,国別対抗を盛り上げ,各国の優秀な選手を破格の年棒でMLBに入れ,各国への放映権ビジネスを展開する.これがMLBの世界戦略だと思う.LPGAなども世界の放映権ビジネスを展開しているが同じ戦略である.

このアメリカ流のスポーツ事業戦略はいかにも米国らしい戦略であり,米国の企業戦略そのものである.これに対し,国際あるいは地域機構が対立する最近の構図も同じである.

一方,世界的スポーツ事業が華やかになると,国内の試合の人気が落ちる.経済や技術のグローバル化で頭能が流出したり,国内産業が疲弊する現象に似ている.従って,国内のスポーツ事業は改めて成長戦略を立てなければならない.又,欧米との時差の関係から,日本としては東南アジア圏内での国際スポーツ事業を育てなければならないと思う.これも又,産業界と同じ用に思う.

それにしても,バスケット,ゴルフ等の米国の試合に比べ,国内の試合に興味が薄れて行くのは私だけだろうか.どうやら.視聴者は,一流の選手が出場している試合と'はらはら・どきどき'する強い刺激がないと,体が受け付けない体質になってしまったようである.国内のスポーツ事業は安閑とはしていられないのである.

⑦高齢化社会とスポーツのテレビ観戦

リタイアした人にとって,時間はたっぷりある.野球でもゴルフでも深夜・早朝,海外の試合を見る.国内であろうと国際的試合であろうと,常に興味のある試合が毎週あれば,高齢者の日常的な楽しみになる.高齢者にとって,スポーツ番組は本当にありがたいのである.

それ故,テレビ放送の多チャンネル化,国際化の中で.スポーツ番組は団塊の世代以降の高齢化社会にとって,大事な役割を果たすと思う.ますますスポーツ事業の重要性は高まる.

.

|

« 167 政治資金への所見 | トップページ | 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/44478817

この記事へのトラックバック一覧です: 168 WBCで見えた事:

« 167 政治資金への所見 | トップページ | 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし »