« 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし | トップページ | 171 憲法第96条(憲法改定) »

2009.04.26

170 世襲議員是非論

一族で代々作り上げてきた地盤(支持組織)・看板(知名度)・鞄(資金)を,代替わりで,引き継いで行く事は世襲議員だけの話ではない.そこには一定の効果もあり,秩序を保つ方法としても,社会から許容されて来た事でもある.

政治の世界で言えば,選挙による民主主義政治下でも,世襲の利点が発揮され,世襲議員が多くなって行った.歴代総理も,大臣も大半が,世襲議員である.さらに言えば,戦後の三代目に世代交代する時期であり,ますます世襲議員が増えて行く傾向にある.

世襲議員が圧倒的に多くなった時を想像してみた.

・国会が世襲一族に占拠される,
・国会が若輩世襲議員の学校になる,
・世襲一族の伝統維持に国費が払われる,
・政界が歌舞伎界のような民族芸能界になる,
・与党の政治体制が世襲による幕藩体制(幕府と大名)になる,
・政党内で世襲議員の家系,温情,子弟関係,序列が出来る,
・世襲議員序列重視の党内人事が横行する,

いかにも日本の伝統的な血統主義の文化が政治に復活する感じになるのである.歴代総理や永年議員が特定地方に多いのも,世襲の文化が強い証拠だと思う.
この世襲議員の増加傾向に対し,勿論,問題視する意見がある.

・国民の政治意識の変化で世襲への批判が必ず大きくなる,
・オピニオン,
専門性,実力,のある政治家が少なくなる(国,党とも),
・政治家を目指す青年がいなくなる,

現実には,次の様な事に起因しているのかもしれない.

・公認選びで,世襲が優先され,適任者が存在しても選べない,
・党内政敵の代替わりをつぶしたい,
・党内の世襲議員の村社会をつぶしたい,
・他党の世襲議員の攻撃材料として世襲批判をしたい,

いづれにせよ,政治家の世襲は明らかに選挙に有利である.勿論,それに依存する事の問題もある.そこで,世襲の問題を少しでも,抑制しようとする取り組みもある.

例えば,二代目,三代目の新人世襲候補者は他の選挙区から立候補させる.当然,各選挙区の党の公認選定にあたっては,候補者を公募し,世襲者も横並びにして,厳選する.要は世襲頼みではなく,自らの実力で勝ち上る人材を議員にする考え方である.

世襲政治家一族からすれば,一族に伝わる政治哲学・家訓・歴史,幼少からの訓練・勉学を生かして行きたい,先祖伝来の支持者とともに政治をしたい,政治資金も先代から,そのまま引き継ぎたい,と言うのも政治家一族としては,一つのストラテジーである.子供に,一郎や太郎の様な覚えやすい名前を付けたり,先先代の名前をつけるのも(襲名),このストラテジーのあらわれである.

但し,政治資金団体の資金には贈与税,相続税がかからない事から,世襲一族は個人財産を政治資金として寄付し,相続税逃れ(節税対策)に使う問題がある.

ところで,現職の二代目,三代目の要職を勤めた,あるいは勤めている世襲議員を見ていると,気になる共通の性格を感じる.

負けずぎらいで,すぐむきになり,あまり論理的でない反論をする.又,失言しやすく,総じてデベートに弱く,数字に弱い.責任ある要職に就くと,思考の浅さが露骨に見えてくる.要するに裏がない分,幼児性が残っている感じである.

きっと,帝王学は学んでも,神輿に乗っているだけで,実務や苦労の経験もなく,プライドだけは高い育ちが,思わず行動に出てしまうからかもしれない.私だけの偏見だろうか.たちどころに顔が浮かぶ政治家は多いが,正直言ってご遠慮願いたいのである.

勿論,世襲の恩恵を受けながら,真剣に政治を学び,論客になっている政治家もいる.苦労人の政治家の二代目に多い気がする.

さて,世襲議員是非論であるが,明らかに世襲議員の良し,悪しの議論ではない.より広く人材を求められるかの問題である.従って,党内問題ではあるが,それ以前に,志のある人材が立候補しやすい選挙制度(ネット活用等)を作る事も必要である.

これによって,公認争いに参加しやすくしたり,無所属で立候補しやすくなり,広く人材が政治家に集まる可能性が出てくる.はたして各政党は世襲議員是非について,どんな反応をするのだろうか.

勿論,選挙制度や党の公認制度を改革しても,政治は金と数が勝負だ,その為には世襲は有効な手段だ,日本の歴史文化に馴染む,地域の秩序も乱したくない,という考え方もあり得る.要は国民次第なのである.

ところで,小選挙区制度で政権交代可能な2大政党政治を目指すと言う考えに反するようだが,日本はまだ政党再編を何度か繰り返す必要があるように思う.

その意味で党の思惑とは別に,陣傘議員ではない有能な政治家が多く出現できる制度と国民の政治意識の向上を,この世襲議員論議を契機に実現して行きたいものである.

.

|

« 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし | トップページ | 171 憲法第96条(憲法改定) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/44800107

この記事へのトラックバック一覧です: 170 世襲議員是非論:

« 169 国家財政の展望なくして社会不安解消なし | トップページ | 171 憲法第96条(憲法改定) »