« 172 政権交代より政界再編 | トップページ | 174 スロージョギング の薦め »

2009.05.31

173 国家財政と民主主義

国家財政問題をたびたび発信しているが,その根底になる国民性や日本の民主主義について触れてみた.

日本の長期債務残高は09年末で850兆を超えて,GDP比174%に達する見込みだという.世界では100%を超えている国はイタリアを除けば皆無である.GDPが落ち込めば,さらに借金の負担は大きくなる.税収と同じ位,国債発行する国も世界に類を見ない.

この天文学的借金の上に,日本の経済,生活がある.上げ底の経済大国といわざるを得ない.正直言って,すごい国なのか,気前の良い国なのか,でたらめな国なのか,よく分からなくなる.

借金の評価について,いろいろな説がある.

・インフレで借金は軽減できる,
・外国債権を差し引けば,実質的な借金はもっと少ない,
・国債は国内(日銀,郵貯,年金,保険,他
金融機関)で保有し,何とかなる,
・国民の資産が1500兆あるから問題はない,
・財政健全化(効果のない不良債務の削減)こそが必要だ
・借金を借金で返していけば,当面大丈夫だ
・借金して国民に渡した金を,吸い上げて返済するだけだ(増税)
・金利上昇で簡単に財政破綻になる危険水域に入っている

等があるが,未だ政府の所見もなければ,財政再建の道筋も見えていない.返済計画のないまま借金を繰りかえして来た証拠でもある.民主主義の持つ怖さを感じる.首が回らなくなって,これも国民の自業自得だと,達観しているわけにはいかないのである.

経済財政諮問会議がプライマリーバランンスをいつ確保するか,と言った,いかにも狭い議論をしている様だが,現在の借金の評価,破綻防止策,安全な借金規模への返済計画,など,国家財政の本質的な議論を求めたい.与党政府の御用会議なら,諮問会議は不要である.

1000兆の借金があっても,大丈夫だと,計算づくで積み上げた借金だと言うことであれば,その事を公言するだけで日本は明るくなる.そんなわけはないと思うが.

今後も財政需要は高まる一方である.どこまで借金は許容できるのだろうか.借金できる許容枠が信用力,リスク対応力とするなら,日本は,きわめて危険な綱渡り状態だと思うのだが,悲観的過ぎるだろうか.

日本は,借金によって,社会資本を整備し,経済復興,高度成長を遂げてきた.一つの成功モデルである.一方,借金が膨れ上がったのは90年代のバブル崩壊以後の失われた10年の時である.10年間で600兆の借金をし,現在の借金のベースを作ったのである.低金利に乗じて借金を加速させわけだが,何も総括されていない.

借金の中に道路,ダム,空港,が多いが,少ない資金で大きな事業ができる優遇された予算制度も関係している.これらの制度は,戦後の社会資本整備,経済復興を目的としたが,経済危機に対する財政出動の手段に変貌して行った.それだけではなく,選挙対策や予算の食い合いの手段にも使われて行った.要するに,優遇制度が利己的な行動に使われ,借金を積み上げた感じがするのである.

この背景に,無駄な公共事業も,短期的に需要,雇用,選挙対策に効果があるとした考え方がある.バブル崩壊後の経済対策,現在の経済危機対策でも同じである.きっと,今回の経済対策はバブル崩壊後の後遺症に引き続き,もっと大きな後遺症(膨大な借金が残り,将来の財政や主権在民権を圧迫する事)を残す事になる.

これも民主主義だとすれば,民主主義を尊重するほど,借金が膨れ上がるのである.民主主義で借金を作る事は簡単だが,一たび無駄な借金をしてしまったら,民主主義では,この借金を消せないのである.民主主義の怖さである.

他国から見れば,世界に類を見ない借金の大きさは,いかに将来を見ていない,その場限りの,セコイ,利己的な国であるかを表していると言われても,返す言葉が無い.日本は我利我利の国で,未来の事など考えていない国だと烙印を押されているかも知れない.

今回の経済危機で,政府は巨大な財政出動をしたと,自慢げに世界に発信しているが,その哲学が見えないだけに,バカ丸出しの感じがする.

米百票のエピソード,改革なくして成長なし,を唱えた小泉政権が懐かしいが,あたかも,山菜を根こそぎ取ってしまうような,漁業資源の乱獲競争をするような,食料を簡単に捨てるような,自分さえよければ,と言う了見の狭さ,島国根性,箱庭文化が借金を拡大してきたのではないかと心配する.

日本の国民性は元来,借金に抵抗感を持っていると思っていた.個人はそうであっても,借金が世界一なのは,

・公の事には,無責任で,天下国家の事などお上にまかせだ.から
・経済成長後も,戦後の中央集権,縦割り行政を変えず来たから.
・政治家,官僚がこの風土を都合よく利用して来たから

だろうか.そんな土壌では,民主主義は利己的な欲求を満足させる合法的な手段になるだけである.借金の大きさは,日本の民主主義のレベルを表していると思う.

いずれにせよ,事実は日本の民主主義と政府与党が850兆の借金を作り出した事である.国土の特質から,道路を作る費用が欧米の10倍かかる国だから,では説明がつかないのである.

昨今の経済危機問題,少子高齢化問題,社会保障問題などで,今後も財政需要は減ることはない.減らそうという人もいない.しかし,従来のように,足りないから増税という短絡的な発想はもう通用しないと思う.

国家財政が膨らむほど,確実に破綻に近づくのである,小さな政府,効率的な政府を目指す必死の努力がなければ,福祉にしても,教育にしても,技術開発にしても,災害対策にしても,必要なことが出来なくなるのである.

今後必要な事は,

①公金を賢く,大事に使うと言う政治への信頼感の確立が不可欠である.
その上で,優先度による歳出先の選択,行政の無駄の排除が必要である
③横ぐしで歳出の優先度を検討できる予算制度が必要である.
④歳出の監視(効果やコストの監視)強化と見直し制度が不可欠である
⑤公金をどう使うかは当然,選挙の争点にすべきである.
⑥国会議員は地方の利益代表ではなと認識すべきである
.
⑦財政が膨らむほど破綻に近づく認識が必要である.


もう一つ,
⑧社会保障目的の消費税アップ論は危険である.

他の歳出の無駄や甘さが温存される危険性があるからである.むしろ,社会保障に税収を先に割り当てて,.国防,文部,産業,国交,金融,外交,などで消費税の論議をすべきである.公金の使われ方を徹底的に見直す好機になるからである..

総選挙も近ずいてきたが,各政党は是非,公金の使い方を明らかにすべきである.経済危機で積極財政出動した後で,自民党,民主党は今後,どうするのだろうか,注目したい.国民に負担が来る以上,どの公金の使い方が良いと思うか意思表示をする絶好のチャンスだと思う.

.

|

« 172 政権交代より政界再編 | トップページ | 174 スロージョギング の薦め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 172 政権交代より政界再編 | トップページ | 174 スロージョギング の薦め »