« 173 国家財政と民主主義 | トップページ | 175 死の判定と臓器移植を考える »

2009.06.16

174 スロージョギング の薦め

先日,NHK「ためしてガッテン」でスロージョギングが紹介された.

運動不足,走ることは苦手,生活習慣病,メタボの標本の様な体,なのに,食欲旺盛で飯は旨く,元気だと,さして気にしていない自分にとって,惹きつけられる内容であった.自分なりに理解した内容は次の通りである.

スロージョギングとは`疲労しない(乳酸値が高くならない)ジョギング’であり,長時間走り続けられ,運動量も毛細血管も増えると言う.

そもそも動物の筋肉には持続力を司る赤い筋肉(赤筋)と瞬発力を司る白い筋肉(白筋)があると言う.マグロのように止まる事のない回遊魚等は赤身(赤筋)で持続力を,普段は動かず,獲物を取る時のみすばやく動く,ひらめ等は白身(白筋)で瞬発力を,発揮している.

人間はこの両方の筋肉を持ち,女性は赤筋ガ,男性は白筋が多い.女性が長寿なのは赤筋が多いからだと言われている.この赤い筋肉(遅筋)は歩くなどの日常の動作に,白い筋肉(速筋)は緊急事の動作に使われる.但しこの白い筋肉は使い続けると,乳酸値が急速に高くなり,動けなくなる筋肉である.

そこでスロージョギングとは,白い筋肉(瞬発力)を使わない,赤い筋肉(持続力)だけで走る方法と言う事になる.乳酸値も2以下を保ち,余り疲労感も感じられない走りである.勿論,赤い筋肉の強さで,スピードに個人差が出るが,初心者なら,歩く程度のスピードである.ただし,スロージョギングのエネルギー消費量は5割ほど歩くより高いのだそうだ.従って,スロージョギングは疲れず,長時間続けられて,運動量が多い,という事になる.

実際,毎日30分程度続けた結果,血糖値,血圧,コレステロール,などが下がり,メタボも解消したと言う.更に,赤い筋肉が強くなり,フルマラソンを完走した人も番組で紹介されていた.

マラソン選手はきっと赤い筋肉で30キロを走り,残り10キロは白い筋肉をフル動員するのではないか.一流選手の完走した後の驚異的な回復力には驚かされる.

たしか,マラソン選手,シンクロの選手,ボクシングもそうであるが,,持続力を高めるために,外から見えない内筋(赤い筋肉)を鍛えていると言う.逆にウエイトリフテングや短距離走の選手は瞬発力が勝負であり,筋骨隆々の外筋を作っている.このことからも,2種類の筋肉がある事がわかる.

さて,早速,今回のNHKの番組を実証したくなり,スロージョギングに挑戦してみた.まず,自分の疲労感を感じない程度のスピードはどれくらいか模索してみた.その結果,歩くより少し早い程度のスピードであった.これで,なんと,10分,20分,と走り続けられたのである.大した疲労感もなく,これが白い筋肉を使わない走りだと確認できた.次は30分に挑戦しようと思っている.

どうやら,スロージョギングの大事な事は,走る距離ではなく,スピードではなく,走っている時間の長さである.当然,歩くより,運動量も多い.但し,あまりのノロさで,見た目はカッコ悪い.だからと言って,格好をつけてスピードを上げたりすると,たちどころに息が切れてしまう.マイペースで黙々と走る精神的な持続力も必要だと実感した.

さて,このスロージョギングから連想する事は,スローライフである.どちらも,持続力だけで生活する,瞬発力はほとんど使わない行動を言うのではないかと,改めて感じる.勿論,この持続力には,経済力も関係するが,環境,価値観,生き様,信念,生活スタイル,人間関係,そして健康などが必要になる.特に第二の人生には不可欠だと思うのである.

また,経済危機は苦しさを招くが,加熱した経済を冷やし,持続力に立ち帰れ,持続力を鍛えろ,と見えざる手が社会に言っている様にも感じるのである.危機は持続力の弱点を露呈させる.その弱点を日頃においても,危機においても,察知し,改善して行く事が政治や企業の仕事である.多額の借金までして,瞬発力で対処療法するだけでは,いつか,財政赤字という乳酸がたまり,息詰まるのである.

企業における持続力は顧客資産,ブランド資産,知的資産,の簿外資産で決まる.従って,この3つの資産を増強する事が経営である.この持続力の上に売上げや利益,あるいは瞬発力が乗っかっているのである.

これらの簿外資産に評価項目を設定し,毎年,評価・改善していく事が成長に必要である.決して売上,利益,従業員数などの推移だけで企業の成長を判断できないのである.数字の膨張と成長は意味が違うのである.

スロージョギングは脳も活性化すると言う.ボケ防止にも利きそうだ.そこで,社会や生活にとって,持続力とは何か,持続力を強くする方法とは何か,それとも,やっぱり,瞬発力で必死に頑張るしかないのか,走りながらゆっくり,考えてみたい.

どうやら,スロージョギングタイムは優雅な,Thinking timeにもなりそうである.持続力による生活作りは,スロージョギングから始まった感じである.

.

|

« 173 国家財政と民主主義 | トップページ | 175 死の判定と臓器移植を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/45354303

この記事へのトラックバック一覧です: 174 スロージョギング の薦め:

« 173 国家財政と民主主義 | トップページ | 175 死の判定と臓器移植を考える »