« 195 混迷が続いた2009年と日・米の政変 | トップページ | 197 危険水域の国の借金 »

2010.01.13

196 自民低迷理由と政界再編

自民党の今後の政治路線,政策,など依然,聞こえて来ない.きっと,昨年の総選挙の大敗原因もさることながら,長期政権の負の遺産(膨大な借金,公共事業問題,年金問題,官僚政治問題など)に対する総括が出来ていないからだと感じる.これなくして,何を言っても天に唾をする事になるからである.

長期政権で何が問題であったのか,それを踏まえて,今後,日本の政治をどうしなければならないのか,を自ら総括しなければ,国民の信頼を得られないし,自民党の再建もあり得ないと思う.党が分裂してでも総括は必要だと思う.

この総括は自民党の再建以上に,日本の政治の教訓として必要である.長期政権を担って来た政党の責務だと思う.それとも,自民党の総括を民主党に任せているのなら,野党第一党としての自民党の存在意義はなく,ただ民主党のスキャンダル,失政を待つしかない政党になるのである.

こんな状況で,来週から始まる通常国会は政治資金問題で白熱しても,政策論争は期待できない.いくら民主党のマニフェストがいい加減だ,財政破綻を招く,政策の方向が間違っている,と攻撃しても,永年の自民党政治を変えると言う民主党の前では,犬の遠吠えになる.

今年の参院選も,民主党の大きな失政があっても,政治資金問題で総理,幹事長がたとえ交代したとしても,今の自民党に風が吹かないと思う.日本の閉塞感を打開する骨太の考え方,政策なくして風は吹かないのである.

失政やスキャンダルで政権交代が起こる緊張感こそが日本の政治には必要である.その為に,’NO186自民党崩壊と政治路線’で発信しているが,民主党との対立軸として新保守派の政党が必要だと思う.特に自民党の保守回帰の動きに国民がノーを突きつけたと思うからである.

そこで,遅まきながら,自民党から新保守派(構造改革派)が離脱し,政界の新保守勢力を結集すべきだと思う.そして自民党の長期政権の総括と,それを踏まえた日本の復活策を策定し,民主党との改革大論争を展開して欲しいのである.

昨年,そのチャンスはあったと思うが,今年の参院戦に向けても依然と動きがない.もっと遡れば,小泉政権が誕生した時,強烈な改革旋風の中で,政界再編を期待したが,起こらなかった.

隠れ守旧派を抱えたまま改革を旗印に選挙に大勝した小泉政権は改革に着手したが,小泉退任とともに,改革で得た議席数のまま保守回帰が起こり,改革も後退する.結局,参院選の敗退,3人の短命総理のタライ回しで,下野する事につながったわけだが,現在も保守(守旧派)と新保守(改革派)が混在したまま,政治路線の曖昧さが続いているのである.

一方,民主党は政権奪取に向けて,反自民の旗印で再編を繰り返した.自民の自滅で政権に就いたが,政治信条も,政策も,ごった煮状態のままである.しかも,せっかく取った政権を死守する為に,このごった煮状態が封印される.

結果,民主党は内部闘争を避け,少数の政治家が政治を動かす事になる.従って,任期中は民主党から政界再編の引き金は期待できないのである.

結局,日本の政治は自民も民主も,さらに言えば政治信条が違う少数政党と連立している政権も,ごった煮のままである.これでは,難問の政治課題の中で漂流するだけである.

政党とは政治資金,議席,職,名誉,権力を得る受け皿ではない.政党に軸がない存在なら,国民の選択もできなくなる.政党政治も空洞化する.政党助成金も議員への歳費も政治に生きてこない.

さらに言えば,昨今の政治を見るにつけ,失礼ながら議席数の意味しかない議員が多い気がする.こんな議員の多い’数は力’の政党政治は極めて危険である.

そんな訳で,軸を持った2大政党には程遠いと思わざるを得ないし,小選挙区制による政党政治はまだ早い感じがする.

そんな中で,まず,国民の代議員が自身の政治信条に基づいて政党を形成すると言う原点に立ち帰る必要がある.政治家はもっと自身の考えに忠実であるべきである.

又,個人を基本とする選挙,歳費,助成金の各制度の検討も必要な気がする.政党の未成熟さ,政治課題の多様化の中で無所属議員の出やすい制度も必要かもしれない.

この政界を打破するために,野党である自民党から,本来の政党の姿に向けて,政党再編をしかけて欲しいと思う.これは野党しかできない大事な仕事だと思うし,政治に活力を呼ぶ事になる.

こんな中で,注目の通常国会が来週から開催される.その直前とは言え,新年早々,夢も展望もない話になってしまった.

.

|

« 195 混迷が続いた2009年と日・米の政変 | トップページ | 197 危険水域の国の借金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/47281235

この記事へのトラックバック一覧です: 196 自民低迷理由と政界再編:

« 195 混迷が続いた2009年と日・米の政変 | トップページ | 197 危険水域の国の借金 »