« 212 鈴木教授提言(第3の道は誤り)への賛同 | トップページ | 214 民主党の内部抗争勃発 »

2010.05.24

213 無責任な首相・民主党

昨日(5月23日)総理は普天間基地移設先を現行案の辺野古にすると沖縄県知事に伝えた.『最低でも県外』と,国政選挙でも,総理の立場でも,沖縄地方選挙でも,訴えてきたが,御免なさい,県外はあり得なかったと結論を出したのである.

現行案になる事は予想された事ではあったが,総理の『最低でも県外』の発言に,護憲論者,安保反対論者,駐留反対論者,地元住民が一体となって,沖縄の基地反対運動は盛り上がった.

当然,昨日の総理の発言に対し,沖縄としては,いまさら納得できるはずも無い.出来もしない事を言って,移設問題をさらにむづかしくしてしまったのである.

この普天間基地移設問題だけではなく,総理,民主党の政権運営は危ない,との発信を『NO210 普天間基地移設問題に見る政権担当能力』で述べた.裏付けのない政策を主張し,その非を率直に認めず,言葉で言い逃れをしようとする姿勢がますます混迷を深めているからである.今回も同じ事が起こった.

これまで総理は苦し紛れに,随分うそや愕然となる事を言い続けて来た.加えて,昨日の『出来るだけ県外と思って努力してきたが・・・』,云々.の発言には唖然とする.出来なかった事の言い訳か,今までの言動を『最低でも県外』から『出来るだけ県外』にすり替えたのである.

国語的に言っても,『最低でも県外』は『最悪でも県外』であり,これで選挙を戦ったはずである.又,総理の発言とすれば『県内に移設しない』との強い意志である.

それを『出来るだけ県外・・・』は,今までの主張を願望で゙しかなかった事にすり変えたのである.きっと唖然とした人も多かったと思う.言葉が軽いどころの話しではない.誰でも不信に思う事を平気で言う'稚拙な神経’に誰しもが唖然とするのである.同席者が誰も正さなかったのだろうか.

抑止力の理論武装や県外移設可否の検討もなしに,『最低でも県外』と選挙対策だけの主張をし,内外に大きな混乱を撒き散らしてしまったと,反省と責任を述べる事もなく,他の民主党目玉政策もそうだが,またしても,『そうなればよいと思ったが,ダメだった』としたのである.民主党共通の特質である.

政策のいい加減さによる政策変更の理由を説明する事もなく,責任に言及する事もなく,理屈に合わない言い訳・すり替え,もしくは沈黙・先送り,が政府,政権与党の態度である.政策の善し悪し以前に国を預かる資質が欠落していると言わざるを得ない.

政権発足当初から懸念して来た事だが,もう,裏付けのない政策,出来ない事への苦しまぎれの言い訳,を止めないと日本がおかしくなる.政治を落ち着かせる為にも,政治の危機管理からも,これ以上の続投は本当に危険である.

その原因は票につながれば何でもありと,選挙協力,連立,政策を進めているからである.従って,政治信念もごった煮状態であり,国家の安全保障問題や財政問題に直面すると,たちどころに立ち往生し,迷走するのである.更に悪い事に,今回もそうだが,苦し紛れの言い訳や,メンツ・保身が問題を更に悪化させ,ますます問題を大きくするのである.

そんなわけで,NO210が真実味を帯びてきた.『出来るだけ総辞職』ではなく,『最低でも総辞職』と言わざるを得ない状況だと思う.当ブログで度々言っているが,『合成の誤謬政党』は国家を確実におかしくするのである.

今年夏の参院選は,その後3年間は選挙がない事を考えれば,3年間の信任投票になる.何と,しても,『衆院解散,民主党分裂,政界再編,最低でも総辞職』につながる選挙であって欲しいと思う.

.

|

« 212 鈴木教授提言(第3の道は誤り)への賛同 | トップページ | 214 民主党の内部抗争勃発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/48444952

この記事へのトラックバック一覧です: 213 無責任な首相・民主党:

« 212 鈴木教授提言(第3の道は誤り)への賛同 | トップページ | 214 民主党の内部抗争勃発 »