« 224 限界・民主党政権 | トップページ | 226 中央集権か地方分権か »

2010.09.04

225 音楽の好みと政治思想

一般に,各人が主張する,政治思想(価値観,考え方,政策,等)は客観的論理性や実現性,以前にその人の性格に大きく依存していると考えられる.

その性格を分類し,その分類に従って主張する政治思想が類型化できれば,『政治思想は人の性格に依存す』と言う仮説は証明される事になる.今のところ検証されているわけけではないが,だれしもが,経験則で納得できる事でもある.

問題はその性格の分類である.心理学で分類する事は可能だと思うが,独断的自論で言えば,『政治を左右する性格は音楽の好みに表れ,政治思想はこれに依存すると感じている.

当ブログで,この仮説に度々触れているがNO186自民崩壊と政治路線の行方),再度,言及してみたい.

そもそも『音楽の好み』は’歌は世につれ’ではないが,自然環境,政治・経済環境,歴史・風土などによって変遷している.まさに社会の鏡なのである.

例えば,伝統的な,ラテン,フラメンコ,演歌などは,マイナー系である.哀愁・ウイットを好み,その表現様式(コード,リズム等)は一定である.それを好む民族は小柄で黒髪で,黒い目だという共通項がある.日本でラテンやフラメンコが好まれる事もうなずける.多分,マイナーを好む人たちの共通項を探せば,もっと多く出てくる気がする.この様に,音楽は国民性を反映しているのである.

一方,ゴスベル(黒人霊歌)に端を発しているアメリカ音楽(ブルース,カントリー,デキシー,R&B,ロック,ジャズ等)はメジャー系である.哀愁を表現する場合でも,明るく表現する事を好み,乗りを良くする為に,アフタービートのリズムである.又,即興音楽(音楽理論を基礎にした自由演奏)と言う特徴もある.自己表現を尊重しつつ,調和をかもしだす音楽なのである.又,創造力,音楽的探究心で個性を求める音楽でもある.まさに,アメリカ音楽も又,国民性を反映しているのである.

日本の大衆音楽は大まかに言って,伝統的な演歌文化(マイナー文化),アメリカ音楽をベースとしたジャズ文化(メジャー文化,J-POP含む),そして,シンガーソングライターによるフォーク文化(メジャー・マイナー混在文化)の3つがある.

その変遷は,戦後のジャズ,カントリー,ロックンロール,経済成長期の演歌,ムード歌謡,フォークソング,昨今のJ-POPと人気が変化して来た.仮説に従えば,音楽だけの話ではなく,国民性,政治思想も大きく変化していると言う事になる.

極めて短絡的であるが,この音楽と政治思想の関係を表すと,次の様な仮説になる.

演歌派・・・ 和魂和才の保守派(政官業主導,大きな政府でパイ拡大)
ジャズ派・・・和魂洋才の新保守派(民間主導,小さな政府でパイ拡大)
フォーク派・・・無国籍のリベラル派(政主導,大きな政府で分配拡大)

かなり強引で,議論が分かれる所であるが,妙に合っていると感じるのである.詳細の説明は省くが,政界再編が必要な現在,全国会議員にアンケートを取って,政界再編をしたい位である.

そこで,政治思想のリトマス試験紙である事を隠して,次のアンケートをしたら,興味ある結果が出ると思う.

『自分は何派ですか,該当する番号に○を付けてください』
①演歌派②ジャズ派③フォーク派④どちらとも言えない

このアンケートで

①の演歌派を選んだ人は,義理・人情・浪花節を重んじ,地盤,看板,カバンで政治家をやっている保守派の人である.地元に予算をつける事が主たる仕事になる.秩序,事なかれを尊重するタイプである.又,理論武装が弱く,国際化にも低抗感が強い.このタイプに皇国史観,ナショナリズムの強い人も多い.演歌の衰退とともに,保守も衰退している事に対し,保守回帰を願っている人たちである.

②のジャズ派を選んだ人は,日本の文化を大事にする事は保守派と同じだが,個人の自立,自由を重んじ,政府より民の力こそ大事だと考える新保守派の人である.保守派が守旧派に見える改革派である.このタイプにはエコノミストタイプが多く,市場原理や国際化にも抵抗感がない.米国共和党と相通じる強硬派でもある.


③のフォーク派を選んだ人は正義感による批判は得意であるが,穏健で行動力は弱いリベラル派である.みんなで歌って酔いしれて,満足するタイプである.やるとしても,あれもこれもと,結局,実行できない事が多くなる.米国民主党と相通じる所もある.

④を選んだ人は,知り過ぎているのか,知っていないのか,はっきりと主張しないタイプ.究極の選択を迫ると,どちらとも言えないとか,条件を付けたがり,総じて,八方美人で決断力が弱い人である.③のフォーク派(リベラル派)に近い性格である.多分,知識人を気取る人は④を選ぶはずである.

このアンケートの結果が音楽の人気と同じになるだろうか.音楽の人気で言えばジャズ派,フォーク派,演歌の順になると思うが,はたして政党の人気は新保守,リベラル,保守の順になるだろうか.

もし音楽の人気とアンケート結果がずれていれば,国民と政治家にギャップがあるという事になる.是非一度,アンケートをとってみたいものである.

私の仮説が正しければ,演歌党,ジャズ党,フォーク党,に再編すれば,今の政党より,ずっと色分けが明確になり,相互に噛み合った議論が出来る様になると思うのである.どうだろうか.

.

|

« 224 限界・民主党政権 | トップページ | 226 中央集権か地方分権か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/49345364

この記事へのトラックバック一覧です: 225 音楽の好みと政治思想:

« 224 限界・民主党政権 | トップページ | 226 中央集権か地方分権か »