« 230 中国漁船衝突事件に見る政府の問題 | トップページ | 232 『龍馬伝』最終回クライマックスで流れたテロップの怪 »

2010.11.23

231 若者の深刻な就職問題に思う事

新卒学生の多くが,いまだ就職先が見つからないと言う.内定者もワラをも掴む思いであった為,手放しでは喜べないと言う.それを反映してか,近年,若者の退職者が急速に増えていると言う.その結果,若者のフリーターの増加傾向は止まらないのである.本人にとっては大変な問題であるが,それに加えて晩婚化,少子化を余儀なくされ,経済力や社会保障の大きな問題に繋がって行くのである.

この就職難問題は,デフレ,不況によるところが大きいと思うが,根本的な要因があると思う.企業の大小にかかわらず,雇用環境の大きな変化である.学校も学生も,これに対応できていない事が,就職を難しくしているように思うのである.

先ず,学生であるが,どの大学でも行く事が目的だった,大学を卒業して有力企業に就職したい,3K職場はいやだ,どんな職種をめざすのか曖昧だ,学業よりアルバイトや遊びに貴重な時間を使っている,自分の進路に真剣に対峙していない,と言う事が多いのではないか.

大学も,駅弁を通り越して,竹の子のように学校を増やしたまま,少子化の中で,学生確保に躍起になっている,大学は教育関係者の利権の為に存在している,教育内容が産業界の変化に対応出来ていない,学生の学力低下に野放しである,多くの若者のたまり場になっている,その結果,大学はフリーター製造機関になっていないか.だとしたら親の負担,国の負担は無駄になり,巨額な社会的損失になるのである.

どの大学も,何の為に,何のスキルを育てるのか,マニフェストを掲げ,それに沿ったカリキュラムを作るべきである.カリキュラムを教育者の利権で作ってはならないのである.この様に,各大学はマニフェスト,教育者,卒業生の実力,で競い合って欲しいものである.ブランド,イメージだけのマンモス大学は若者の貴重な時間を浪費させ,社会的損失を生むだけである.

一方,産業界は,グローバル化や新興国の台頭で,労働集約作業は海外に移り,企業は海外に転出し,縦型産業構造が崩れ,ハイテク産業は自動化が進み,ネット社会で仕事の合理化が進んでいる.同時に定年の延長(65歳)で,採用も抑えられる.この様に採用数は減少傾向になっているのである.

さらに,減少傾向の採用の中で,海外からの留学生の採用が増え始めている.小売業,サービス業などの国内産業にも,日本に来る外人対応で留学生が採用される.又,国際化と関係なく,そもそも,留学生の資質,学力,言語で日本学生より優秀だと言う評判も聞く.又,優秀な人材はストックからフローに移る傾向もある.

等々,景気とは無関係に雇用環境が大きく変化しているのである.就職難は景気頼りの一過性の問題ではない事は明らかである.根本的に意識を変えなければ,ましてや,従来型の学生感覚のままでは,就職はますます狭き門,氷河期が続くのである.

残念ながら,政府の短期的な数合わせ的雇用対策では解決出来ない.例えば,介護が人手不足だからと言って,そこに斡旋する事が雇用対策ではない.求人と求職のマッチングの問題ではないのである.就職は各人の人生観,仕事観,モチベーションと,それを支える教育,とつながっているからである.

そこで,就職問題解決には,第5期グローバル時代を踏まえて
,

『社会への入り口の多様化』自立,国際化,教育改革』が必要だと考える.具体的には次の3点である.

①大学数の大幅縮小と職種に特化した育成機関の拡充
②海外就職への意識,言語力,の改革(邦人系,外資系,問わず)
③労働市場の国際化への制度改革(年金,保険,労働法等の改革)

新興国と比べれば,明らかに日本はぬるま湯の感覚,制度が残っているように思う.高度成長期のままの雇用環境ではないし,第5期グローバル化に応じた対策が必要なのである.それが出来ていないツケが最近の就職問題に現れていると思うのである.

とは言っても,直近の就職問題は解決しない.今年,就職先が決まっていない学生,あるいは現役の学生は,学卒のインセンテブはない事を自覚し,待遇やカッコ良さを求めず,漫然と会社に就職する感覚を捨て,自分の一生の仕事(職種)は何かを,この際,じっくり考えて欲しいと思うのである.

ブルーカラーでもホワイトカラーでも,どんな仕事でも世界と繋がり,深みがある事を認識し,興味,探究心,モチベーション,を高めて欲しいと思うのである.
高浜虚子の'闘志湧きて,夏の雲湧く,丘に立つ'の心境になって欲しいのである.留学生には間違いなく,これがある.

その上で,勉強するのも良し,海外を回るのも良し,修業するも良し,まさに,自立が始まるのである.企業もそんな志を期待しているはずである.画一的な就職戦線に乗れなかった事が逆に良い結果をもたらすかも知れないのである.’急がばまわれ’である.人生は永いのである.目的もなくフリーターを続ける事だけは絶対避けなければならない.若者の健闘奮起を祈りたい.

.

|

« 230 中国漁船衝突事件に見る政府の問題 | トップページ | 232 『龍馬伝』最終回クライマックスで流れたテロップの怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/50107750

この記事へのトラックバック一覧です: 231 若者の深刻な就職問題に思う事:

« 230 中国漁船衝突事件に見る政府の問題 | トップページ | 232 『龍馬伝』最終回クライマックスで流れたテロップの怪 »