« 246 再生可能エネルギー法案と今後の電力事業の展望 | トップページ | 248 災害大国日本に『有事の備え』が欠落している原因 »

2011.06.29

247 責任感があるなら即刻民主党の分裂・政権離脱を

民主党政権発足当時から,素性を隠し,反自民で集まった『ごった煮政党』の問題を指摘して来た.今日まで2年間,民主党政権は,日本の抱える難問に対峙するどころか,懸念通り,日本の政治を更に混迷させ続けて来たのである.

民主党が政権交代を果たせたのは,自民党の自滅と民主党のポピュリズム政策,であった.日本の少子高齢化,巨額な財政赤字,社会保障の破綻,デフレ,円高,株安,国際情勢の変化,と言った難問に,実力も政策もない民主党が対処できる分けがないのである.その上に,政権担当能力が欠落しているのだから,日本の政治がおかしくなっても不思議ではないのである.

民主党政権は政治的詐欺も辞さない『選挙至上主義が生んだ民主主義の悲劇』だと言う事を民主党議員は自覚しているのだろうか.それとも,権力の蜜におぼれてルンルン気分なのだろうか.

民主党政権のもう一つの大きな問題は,政権を維持する為に,『ごった煮政党』『野合集団』を続けている事である.

政党内部に権力や政策の対立が起こると,分裂を避ける為に,決着を先送りするのである.政策より分裂させない事を優先するのである.これでは政権与党としての資格は無いどころか,日本がおかしくなって当然である.

結果,日本の難問は更に深刻さを増す.悪い事は重なる物だが,今度は,巨大な地震・津波・原発事故と言う未曽有の国難が負いかぶさって来たのである.復旧復興対策,原発対策,エネルギー対策が更に加わった.この先送り政治がますます『合成の誤謬』(ますます何も出来なくなる)を加速する事になったのである.

震災前のどん底の政権に,情け容赦なく,巨大な国難が襲って来たのである.国民の誰しもが,そんなバカな,そんな事ってありか,と思わず日本の不幸を叫んだのである.今日本は最悪の事態になったのである.

この事態に際し,民主党はどう見ても,日本の難題と対峙できないと思うのである改めてその理由を列記してみた.(詳細は NO186自民党崩壊と政治路線の行方 で述べているが)

①常に民主党としての政策が決まらない事
②パイの分配の事しか言わない議員が多い事
③含蓄ある政治家がいない事
④巨大災害を仕切るような人材がいない事
⑤主流派,反主流派の内部抗争が根深い事
⑥政治家と官僚の役割や組織運営のあり方に見識がない事
⑦国家の経営と言う視点も経験もない事
⑧国際政治で日本の失墜を招いている事
⑨野党精神が身について当事者意識や政策の整合性が希薄な事
⑩2年前の多く当選者が現在の日本の状況に役立っていない事
⑪次の選挙で負けると思っている事

このように,発足当初から懸念していた『ごった煮政党』『合成の誤謬政党』の特徴は,まったく変わっていないし,到底,日本の苦境下での政権は任せられないのである.

従って,総理を挿げ替えても,この民主党政権が続く限り,日本は更に滅亡に向かうのである.

この政治状況を脱し,国難に対峙して行く為に,自論であるが,もう一度総選挙で国民に信を得た政権を早く作る事である.勿論,争点は,復旧・復興策であり,日本の立国策である.常識的な政治家なら,国民の信なしにこの国難と戦えないと思うはずなのである.

国民も国難であればこそ真剣な選挙にすると思う.選挙をやっている場合ではないと言う人が多いが,国難だからこそ,選挙が必要だと思うのである.選挙が政治に強い力を与えるからである.国難につぶされてから,選挙をしても遅すぎるのである.

しかし,解散総選挙は総理の特権である.延命の戦術として,これを振りかざす事はあっても,実際はやらないと思う.だとしたら,期限付きの国難対応の連立政権の構想を作った上で民主党自身が民主党を分裂させる事である.

これは自民党の領袖の案に見えるが,超党派の活動に抵抗感のない中堅若手の新勢力に期待したいところである.夏の無血クーデターで暑い日本を吹き飛ばして欲しい物である.

政権与党の民主党の議員はどう考えているのだろうか.特に,大量に当選した民主党衆議院議員の皆さん,あなた達は当選した時と現在では政策もやる事も大きく変わっていると思うが,日本のおかれている現状に自分達が重大な責任を背負っている事を自覚しているのだろうか.自分に国を救う責任を感じなければ,議員を返上するか,議席を返上すべきである.

責任を感じないまま,右向け右で動くだけの議員は政治の邪魔である.歳費すら不用である.借金や次の選挙で党を離れられない人も政治の邪魔である.いづれも国の政治をゆがめてしまう.国難に対峙する時は,そんな議席を排除する必要がある.責任を強く感じている人達の真剣な議論と結論が必要だからである.その議論や結論が無能な人の議席数で消されてはならないのである.

もし,無責任な人達の党の議席が,国の存亡を決める票に繋がったら,代議政治,間接民主主義も崩壊する.民主党の政策は見えないのに,議席数だけが見えるのは民主党の最大の問題である.政策と議席数が見える政党にする為に民主党の分裂が必要なのである.

本当に日本を心配するなら,政治家は政治理念や政策を中心とした政治体制を作る事に努力すべきである.世俗的な,しがらみで作られた政党に難問解決力は育たないし,未成熟で不順な政治体制は政治を三流,四流に押しとどめる.政局を嫌う人が多いが,強い政治体制に向けた政局は必要だと思うのである.

.

|

« 246 再生可能エネルギー法案と今後の電力事業の展望 | トップページ | 248 災害大国日本に『有事の備え』が欠落している原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/52073422

この記事へのトラックバック一覧です: 247 責任感があるなら即刻民主党の分裂・政権離脱を:

« 246 再生可能エネルギー法案と今後の電力事業の展望 | トップページ | 248 災害大国日本に『有事の備え』が欠落している原因 »