« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.15

270 日本の再生をテーマに政界再編・総選挙を

現在,日本は『経済・財政による国難』,『自然災害による国難』,『原発事故による国難』を抱え,閉塞感が日本を覆っている.一方,これに対峙する政治も『政治危機』に陥っている.まずこの『政治危機』を解決しない限り,国難と対峙出来ない状況にあると思うのである.

2009年自滅した自民党に変わって誕生した民主党政権は選挙用のバラマキ公約に縛られ,それに人材・経験不足,内部抗争,が重なって,誕生当初より政権の体を失い続けているのである.そして,もはや民主党政権の問題点を指摘しても,無意味で,むなしく感じる程の『政治危機』なのである.

この『政治危機』から脱出する為には,政局,選挙資金,選挙区事情,保身,等で集まっている,ごった煮の現政党を解体し,政治理念にもとづく政策集団としての政党に作り直す必要がある.いわゆる政界再編が,まず必要だと思うのである.国より先ず政治家,政党の大掃除が必要なのである.

これによって,政党は政策を国民に示し,国民が覚悟を持って,選択する,と言う民主主義の基本を実現する必要がある.この基本に帰らずして,強い政権は出来ないし,国難にも対峙出来ないと思うのである.

そんな政治環境にする為に,持論であるが,日本の政党を,保守党(演歌派),新保守党(ジャズ派),民主党(フォーク派),に再編したいのである.人間の性格,政治理念,政策,行動,がこの三つに分類できるからである.

自分がどれに属するか迷う人は,音楽の好みで選べば良い.軽薄のようだが,私の分析によると,音楽の好みは思考内容とか行動タイプ,さらには,政党の性格にも関係しているのである.

(参照:186自民党崩壊と政治路線の行方(09・08.31)

これを執筆中に大阪維新の会が国政進出を目指して『維新八策』を発表した.今後,これをたたき台に維新の会でブラシュアップすると言う.この維新の会は上記分類で言うと,新保守党(新自由主義)に該当すると思う.自立,競争,小さな政府で国の統治を筋肉質に変えようとの考えだからである.

この維新の会,みんなの党,或いは自民,民主の理論派が集まって,新保守を組織化したら良い.ベテラン政治家を中心に保守党の再結集の動きもある.私見によれば,必ず,現在の各党は保守,新保守,民主(リベラル)に分離・再編できると思う.国民から見ても,政治家にとっても,すっきりするはずである.

しかも,どの党が政権に付こうと,常に論点が鮮明になり,時代背景によっては,どの党も政権に付くチャンスもあり,常に政治が緊張感に包まれる事になると思う.

この三つの政党が,『日本の再生』を目指した,政治の方向,経済,財政,エネルギー,社会保障,教育,安全保障,憲法改正,行政改革,選挙制度,等に対する政策を掲げ,総選挙に臨んで欲しいのである.

繰り返すが,現政党のまま総選挙をいくらやっても,国民が『該当なし』の意思表示ができない以上,現政党による政権のタライ回しが行われるだけで,日本の難題解決へのエネルギーには,ならない感じがするのである.

そんなわけで,日本の難題解決には,『保守,新保守,民主の政治体制』と『日本の再生を争点にした総選挙』が待ったなしだと思うのである.これなしに,日本の閉塞感・国難は解けない感じがするのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »