« 277 ネット使用履歴のビジネス利用は是か非か | トップページ | 279 関越道高速バス事故が大惨事になった原因 »

2012.04.27

278 科学性・実現性ある選択肢で原発議論を

福島原発破壊に見た原発の持つ恐ろしいリスクを感じながら,今後,原発をどうするのか,検査停止中の50基の原発の再稼動をどうするのか,政治家も国民も悩んでいる.

そして,原発の方向性として推進・廃止・減少,の議論,当面の個々の原発に対する再稼動の賛成・反対の議論,が対立し,いづれも決着がついていない.一方,これらの議論は白熱化している割に,裏づけのある材料で議論がされているとは思えないのである.

①原発推進派の主張は原発は電力供給に欠かせない手段であり,絶対安全とは言えないものの,現実に起こりそうな地震や津波から原発を守れると言う.又,世界の中で,原発技術の開発を進める事も重視だとしている.ただし,使用済み核燃料対策,廃炉対策など未解決の問題が推進論に立ちはだかっている.

②絶対安全はない以上辞めるべきだと言うのが廃止論である.ましてや原発には財政的にも技術的にも,まだまだ手に負えない問題が多く残っている.この事も含めて即廃止すべきだとの主張である.3/11後,この主張者が急速に増えている.しかし,即廃止と言っても,原発のリスクがいつなくなるのか.電力不足対策,代替エネルギー対策がどうなるのか,等の回答がない.観念論ばかりで,具体性に乏しい.廃止論者からすれば,そんな事はどうでもよい小さな事のようである.

③原発減少派は両論の間にある現実論である.しかし,代替エネルギーの拡大に応じて原発を減らして行く考えとしても,その計画は不明である.電力需要のピークになる夏だけ原発を使うにしても,日本全体の原発がどの程度減って行くのか不明である.経過的に原発が残ると言っても,具体的な計画がなければ推進論に近くなるのか,廃止論に近くなるのか定かではないのである.

この様に,どの案にしろ,具体的な,詰めた内容をもとに議論をしているとは思えないのである.

又,どの選択肢を選ぶにしても,その意思決定プロセスも曖昧である.最後は総理の判断と言いつつ,立地自治体の意向を条件とするなど,タライ回しの手順である.

加えて,関電の大飯原発で言えば,立地自治体を福井県としている問題もある.30キロ圏内の人口・面積で言えば京都,滋賀,兵庫の方が大きいのである.福井は再稼働派,消費地の関西は反対派と言うのもおかしな構図である.福井は巨額の補助金から逃れられないのかもしれない.関西は巨大な消費地ではあるが,補助金をもらっていない立地自治体だと認識しているのだと思う.

この方向性も定まらない中で,定期検査で停止中の全国の原発(50基)の再稼働問題も夏を目前に,結論が出ていないのである.並行して再稼働しない時の電力確保,節電,停電,料金など対応も準備出来ていないいないのである.今回の夏に限って,再稼動しようとの声もあるが,もはや間に合わない可能性もある.

ところで,今後の方向性の問題にしても,直面した再稼動の問題にしても,確認しておきたい基本的な事がある.原子炉が次の状態の時,自然災害に対するリスクは違うのか,同じなのか,又,原子炉毎に答えが変わるのか,と言う確認である.

①稼働状態の時の自然災害に対するリスク,
②再稼働可能な停止状態の時の自然災害に対するリスク,
③廃炉に向けて停止状態の時の自然災害に対するリスク,

国民の常識的判断で言えば,『稼働は危険で,非稼働なら安全だ』,勿論,再稼働反対と言う人は『再稼働しなければ,安全だ』,原発廃止論者は『廃止すれば安全だ』と思っているはずである.この認識で良いのか,違うのか,と言う確認である.

こんな確認が気になるのは,福島第一原発の停止中の4号基の爆発があったからである.使用済み核燃料や使用中の核燃料が発電所に残っている間は稼動していようと,いまいと,原発リスクはあるのではないかと思うからである.

もし,いずれもリスクがあるとすると,『稼働しなければ安全だ』も,『廃止すれば安心だ』も根拠のない事になる.核燃料がそこにある間はリスクから逃げられないとすると,核燃料の隔離場所,処分方法,撤去方法,期間,費用等を決めない限り,リスクゼロにする主張は具体性がない事になる.

そうすると,廃炉の計画を立てた上で,選択肢は『廃炉にするか,しないか』となる.明らかに,『稼動するか,しないか』ではない.

そんなわけで,専門家・政府は『原発リスクの説明と選択肢とその中身』を早急に国民に示す必要があると思うのである.

それにつけても,この原発再稼働問題,電力確保問題,福島第一原発廃炉問題,放射能汚染対策問題,危険度区域設定問題,損害賠償問題,東電存続形態問題,原発行政組織問題,日本のエネルギー政策問題,など原発問題は山積みである.とても着々と,組織的に,手が打たれている感じがしないのである.

こんな状態で,そもそも日本は原子力発電を持つ資格も,力量も,国際的信頼も,ないと言われても返す言葉がない.ついつい自虐的悲観論になってしまうのである.

追記(6月9日)

6月9日夕方,大飯原発を再稼働したい,と総理が国民に発表した.理由は

・原発はエネルギー源として,エネルギー安全保障として,不可欠である事,
・福島の地震・津波程度の災害には安全は確保出来ていると判断した事,
・夏季限定稼働では生活を守れないと判断した事,

だと言う.

総理が原発推進論者の様な事を言ったのは初めてであるが大飯原発再開の事だけ言っているのか,全国の50基の原発の事を言っているのか分からないのである.発言の裏づけになる日本全体の今後の原発政策や福島原発事故を踏まえた安全対策,有事対策,50基の原発の扱い等の考えや計画が不明だからである.

又,政権与党の民主党や前総理の脱原発論との整合性や,現閣僚との整合性も,福島の原発被害者への説得も,気になるのである.

この発言が現実的な案だとしても,もし,裏付けのない話なら,今の段階では『思い』の『独り言』になる.『独り言』を言う事がリーダーシップでもなければ,決断でもないのである.立論力で言えば『民主党政策は増税なしで実現できる』,『最低でも県外』などと同じレベルなのである.総理には,早急に,今後の我が国の原発政策を説明する責任がある.

この発表で,又,大もめになりそうである.この発表も含めて,現政府の立論力は極めて弱いと思う.いつも土壇場で苦渋の選択ばかりで,前後左右がバラバラになる.マニフェスト問題でも,震災復興問題でも,原発事故対策問題でも,社会保障と税の一体改革の問題でも,共通している事は,立論に前後左右の整合性や政策の実現性が検証されていないのである.まだ発表していない原子力政策でも同じ事が起こりかねないのである.

かねてから民主党を『合成の誤謬政党』,『ごった煮政党』と言って来たが,これが現実の問題になって,今日の政治の混迷を引起しているのである.国会は解散に向けて一気に動きそうである.

.

|

« 277 ネット使用履歴のビジネス利用は是か非か | トップページ | 279 関越道高速バス事故が大惨事になった原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/54565160

この記事へのトラックバック一覧です: 278 科学性・実現性ある選択肢で原発議論を:

« 277 ネット使用履歴のビジネス利用は是か非か | トップページ | 279 関越道高速バス事故が大惨事になった原因 »