« 284 ヤマ場を迎えた民主党内部抗争と政局①(対立) | トップページ | 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) »

2012.06.28

285 ヤマ場を迎えた民衆党内部抗争と政局②(採決)

6月26日行われた衆議院の『一体改革』関連法案の採決で,増税法案の採決結果は下記の通りであった.

院全体 賛成:363票, 反対:96票, 欠席棄権;19票
民主全体 賛成:216票, 反対;57票, 欠席棄権:15票(羽田氏病欠除く)
小沢G    賛成:000票, 反対;43票, 欠席棄権:06票

3分の2以上の賛成を得られたので,もし参院で否決されても,衆院で再議決すれば成立する.なんと,わけのわからぬまま重要法案がと通ってしまったのだろうか.

これを覆せるのは,増税反対を公約する政党が次の総選挙で過半数を得る事だが,不可能に近い.その事も含めて,増税は確定したのである.あとはその時の政権がGOすれば始まるのである.これを踏まえて,次の政局に移る事になるが各党の動きを想像してみた.

民主党主流派:

造反者の処分をどうするかが課題になっている.党の分裂や衆院の
過半数割れの回避,あるいは参院の第2回派への転落を防ぐ為に,除名処分をしない,と言う意見と,逆に除名を含めた厳しい処分をする意見とが検討されている.

現在のところ,幹事長としては除名処分にしない意向のようだが,その場合は,三党合意をした自公との信頼関係が問題になる.

政権与党としては党の分裂問題,三党合意の認識問題,に加えて,赤字特例法案,一票の格差対策,など重要法案の審議も残っている.ネジレ状態の中で,法案成立にむけて,自公との妥協を図りつつ,薄氷の国会運営になる.

民主党反主流派:

このグループには,そもそも,民主党の主流派が造反者であって,我々ではない,国民と約束していない事に,しかも,党内の意思決定が曖昧で,討議拘束など存在しない,
との意見がある.しかし,現実には,中間派も含めて,反対,欠席,棄権をした党員は次の選択になると思う.

①除名されなければ党内に留って,増税阻止を訴える.
②党に留まったまま,国会の会派を離脱し,増税阻止を訴える
③離党し,新党を立ち上げ,国民に増税反対を訴える

離党し,新党を作るにしても,政治資金の問題,人材の問題,選挙対策の問題,国民の支持の問題,などで,『残るも地獄,去るも地獄』の状態だと思うが,主流派が増税を撤回しないかぎり,小沢グループを中心に③の行動になると思う.

本日,『分裂を止めたい幹事長』と,『増税方針を止めたい小沢氏』との折衝が行われるが,増税方針が止まるわけがなく,分裂の可能性が高い.そうなると,分裂の規模がどうなるかに焦点が移る.

もし離党によって,民主党が衆院で過半数割れが起こり,参院で第2回派になれば,一気に解散となり,増税問題は国民の審判を仰ぐことになる.自公の思惑通りになるわけだが,小沢新党としては,新党を作った瞬間に民主党内部抗争が終わり,新党として,参院審議や選挙での戦いに移る事になる.

小沢グループは次の選挙で,どんな政治理念で,どんな政策を掲げるのか,よそ事ながら気になる.

自民党:

自公としては増税法案を早く参院で成立させ
,解散に追い込みたいとの戦略となる.ただし,民主党が分裂して過半数割れにでもなれば,又,増税法案成立後解散するとの密約があれば,別だが,そうでなければ,自公は総理の不退転に,民主党のマニフェスト違反に,加担しただけになる.

当然,自公執行部への批判が強くなる.自民の9月の総裁選で首になる可能性も高くなる.そこで,自民執行部は造反を許した民主党の信頼感の問題,三党合意の民主党の認識の問題,赤字国債発行特例法の問題,などを人質に解散を迫る事になる.

ちなみに自民の前幹事長の中川氏は三党合意とは言うものの,民主党との認識に差があると言う理由で採決を欠席されているが,その主張が正しかった事になる.

一方,民主の分裂に乗じて,執行部は民主党と大連立を組む作戦に方向転換するかも知れない.実質予算編成に主導権を取って,次の選挙を優位に進める作戦である.もしそうなれば,民主党内にも抵抗があると思うし,選挙の前に,政界再編の動きが出始めると思う.

いづれにせよ,近々,主戦場が参院に移る.衆院の優位性はあるが,参院では,三党合意に遠慮せず,三党合意の内容の解明・確認,法案の中身,増税実施前にやるべき事の明確化等,徹底した議論をし,否決も辞さずの参院の存在感を示して欲しいと思う.

次に,私見であるが,気になっている事を述べておきたい.

一つは,採決後のマスコミの論調である.

採決前は,ほぼ全マスコミは三党協議に賛同し,その合意によって,増税を決めるべきだ,との論調であった.

採決後の論調は違う.増税によって国民の負担はこんなに大きくなる,だとか,実施されるまで,先送りした社会保障問題,デフレ脱却問題,行政改革問題,消費税制度設計問題,などを解決しなければならない課題が山ほどある,だとか,あたかも問題だらけの法案だといい始めたのである.

散々増税を煽っておきながら,採決されると,何で,問題が多いと言い始めるのだろうか.何か採決までは財務省の情報統制が働いていたように感じる.想像だが,これらの事を採決前に,ほじくり始めると,増税案が吹っ飛んでしまう事を財務省が恐れたのかもしれない.

当ブログでは目的も内容も,はっきりしない,いわゆる完成度の低い法案に疑問を呈してきた.マスコミより真面目である.

二つ目は総理,自公への怒りである.

法案採決後の野田総理は,社会保障の為,将来の財政の為,に今回の増税が必要だと,改めて記者会見で力説していたが,あい変わらず,裏づけのない話に酔っていると感じた.

裏づけのない話しを『思い』と言い,裏づけのある話しを『政策』と言うなら,総理は『政策』ではなく,『思い』を話しているのである.そんな総理は3人目だが,もう沢山である.

自民党総裁も,増税法案だけでも先に決定しておけ,と言う財務省のシナリオに加担したた感じである.財務省派の両代表とも,法案内容を『真面目に考えろ』と言いたくなる.

三つ目は増税前にやるべき事がある,と考える勢力の受け皿の問題である.

前ブログでも指摘しているが,増税前にやるべき改革がある,と考える国民は多いと思うが,その意思の受け皿がない.小沢新党が出来ても,破綻している民主党のマニフェストに固執しているようでは,受け皿にならない.しかし,参院の議員がこの新党に何人か参加し,参院審議に加われれば,どんな暴露攻撃をするのか聞いてみたい気もする.

いづれにせよ,民自公の増税派に対抗する勢力は今のところ小さい事が大問題だと思うわけだが,解散がないなら,いくら衆院優位と言っても,参院審議では鋭い論戦を戦わせ,国民の判断材料を洗い出して欲しいのである.参院の論戦を選挙戦として見たいと思う.

.        

|

« 284 ヤマ場を迎えた民主党内部抗争と政局①(対立) | トップページ | 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) »

コメント

363 96で プログ検索中です
民主党57人の刺客というのかなぁ?造反。
民主党分裂騒動。今までの歴史に 与党分裂 こんなことあっただろうか?まぁー言葉を変えると仲間割れというか。なんとういうか。国民のための政治~
国会の民主党と名古屋の民主党と違うのかなぁ?
政治研究会(名前検討中
消費税反対の私としては 嬉しい気持ちもあるけれど
民主から造反57人 結果 363vs96 欠席・棄権19人 衆議院 消費税増税 結果的に きびしぃー。
参議院 も いつものことかなぁ?
ふざけた1部の文章を お許しください。

投稿: 謎の三文字☆村石太&村石太レディ | 2012.06.28 22:23

小沢 離党 参議院 で プログ検索中です。
小沢グループが 民主党を 離党すると 民主党は どうなるのかなぁ?解散総選挙かなぁ?票割れして 自公になるのかなぁ?
参議院は いつあるのかなぁ?小沢さんと輿石さんの会談後かなぁ?
消費税増税したら 私の生活は どうなるかなぁ?政治研究会(名前検討中
時どき わずかばかりだけど、震災 盲導犬の募金を コンビニなどで しています。(1回5円以下だけど・・・)
小沢さん 覚醒して すぐ 暴走ですね。期間と時間~

投稿: 謎の三文字☆村石太&村石太レディ | 2012.06.29 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/55069798

この記事へのトラックバック一覧です: 285 ヤマ場を迎えた民衆党内部抗争と政局②(採決):

« 284 ヤマ場を迎えた民主党内部抗争と政局①(対立) | トップページ | 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) »