« 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) | トップページ | 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 »

2012.07.06

287 民主党の罪(総括)

政権奪取以来,続いて来た民主党の内部抗争が分裂と言う形で,ヤマを越えた.まだ火種は民主党内に残っているが,これまでの『民主党の罪』について,総括しておきたい.

そもそも,民主党政権が出来た当初より,当ブログで,民主党は選挙に勝つ為の『ごった煮政党』であり,マニフェストを見ても,『合成の誤謬政党』そのものであり,政権運営の未熟さも加えれば,必ず政治が混乱すると予見してきた.

一国民の『心配した予見』が,ことごとく現実になるのだから,こんな分かりやすい政党はないと言えるのだが,それなら政権につかせてはならなかったのである.それでも,他党より,ましだと言う事なのだろうか.そうなら世も末である.

そこで,予見通りの事ばかりで,いまさら,問題を挙げ連ねても,むなしく,何の発見もないのだが,日本の政治を立て直したい一心で,青臭く民主党の総括と罪状を整理してみたのである.

総括.無能力・無責任な政権運営で政治・経済・災害復興を停滞・悪化させた.

罪状1.選挙目当ての裏付けのない公約で国民をだまし,選挙に勝った.
罪状2.公約の間違いを認めようとせず,口を拭って,政権にしがみついてきた.
罪状3.立場が変わると,180度,違う事を言う,節操のなさ,口の軽さ,無責任さ.
罪状4.政党政治を形骸化させ,内部抗争で政治を混乱させて来た.
罪状5.危機管理・救済・復旧・復興に政治が足を引っ張ってきた.

この中で,罪状1.の深刻な点は,政策の良し悪しの問題ではなく,国民を騙し,選挙公約の信頼性を大きく失墜させ,民主主義の土台を崩壊させた事である.さらに,それを認めず,反省も,釈明も,しないどころか,逆に覆い隠そうとする態度は情状酌量の余地はなく,政治家失格に値する大罪なのである.

今回の『社会保障と税の一体改革』も総理は『社会福祉の為,財政再建の為』と言うが,又,裏付けのないマニフェストと同じ轍を踏んでいるのである.現実は今回の増税で解決できるはずもなく,経済成長,歳出削減,社会保障改革,資産売却,等『小さな政府』に向けた改革がなければ解決は難しい事なのである.

増税を首謀した財務省は,三党合意まで持ち込んで,民主党政策の風呂敷をたたみ,成立のメドを付けたが,増税と言うマニフェスト違反をかわし,自公路線への傾斜も否定したい総理の『無防備な見栄を張る発言』が命取りとなって,増税が吹っ飛ぶかもしれないと心配しているのではないかと思う.

罪状5.は昨年の巨大地震・,巨大津波・原発破壊・放射能汚染と言う有事の発生に対し,救済・復旧・復興への政治力発揮が極めて弱体であった罪である.

民主党政権の未熟さ,不安定さが,日常の危機管理能力を大きく引き下げ,現実の対応も極めて問題が多かったと思う.加えて,『有事の対応』の不備に,手が打たれていない事も,政権の大きな責任,罪だと思う.自然災害だけではなく,安全保障,外交で悪影響が出始めている感じがする.

最後に罪状4.の罪状について補足しておきたい.政権奪取の為に野合しただけの『ごった煮政党』,いや『ごった煮団体』では,国民をだませても,責任ある政権運営など,出来るはずもなく,必然的に,内部抗争を繰り返し,政治を混迷させて来たのである.さらに,民主主義制度の根底にある政党政治を形骸化させた罪も大きいのである.

今回の離党劇でも,顕著に,この『ごった煮団体』の特質が表れているので指摘しておきたい.

法案に反対したが党内に留まりたいと言う議員がいたり,党の執行部が反対した人を党内にとどめる工作をしたり,政党政治では考えられない『,ごった煮団体』ならではの,醜態を演じたのである.

明らかに『政策より,数合わせ,しがらみ,保身』,が優先する『ごった煮精神』もろ出しの醜態なのである.これが党の綱領もない団体の姿なのである.これを政党と言うのだろうか.

政党政治を信じる者からすれば,これは明らかに政党政治を形骸化し,日本の民主主義,政党政治を破壊しているのである.即刻,党の解散をすべきだと思う.そんな団体に給付されてきた政党助成金は何だったのだろうか.

しかし,所詮,政党などと言うものは,得体の知れない利便的な団体であって,権力を取る為の数合わせの団体であっても,選挙区事情で所属政党を決める為の受け皿の団体であっても,政党助成金目当ての団体であっても,要は,政策など無関係の団体であっても,政党だと,民主党は教えてくれたのかも知れない.

だとしたら,政党政治も,議院内閣制も,選挙制度も,政党助成金も,民主主義が根底からおかしくなるのである.事実,民主党がおかしくしているのだから,何よりの証明になっているのである.

つくづく日本の政治の未熟さを感じるのだが,加えて日本の多くの難問を思うと,議員内閣制,政党,党議拘束,等が,ガタガタになって,もっと政治が混乱する感じもする.日本の政治の仕組みを再考すべきかもしれない.

さて,分裂後の民主党であるが,マニフェストの問題を持ち去ってくれて,スッキリしたと言う民主党議員はいるかも知れないが,相変わらず,民主党には,民主党政策に反対している人達,リベラルな人達,保守的な人達などが混在し,混迷の火種・マグマは残っているのである.

ましてや,これまでの反省,国民への謝罪,民主党の今後の政治理念,綱領,政策,等を口にする党員はいない.依然として政党ではなく『ごった煮団体』の域を脱していないのである.

だから,民主党には責任を感じて,解散する事など発想にはないと思うし,それどころか,任期は権利だと思っているに違いないのである.しばらく,口を拭って政権にしがみついている民主党政権がおかしな事をしないよう国民は願うだけなのである.

以上,民主党政権の罪状は続投どころか,党の存在さえ許せない重罪なのである.同時に日本は多くの難問に加えて,政治の建て直しと言う大問題も抱えていると実感するのである.

そんなわけで,日本は総選挙で政治家,政党を選別し,政界再編を進める事から始めざるを得ないのだが,果たして,難題は待ってくれるだろうか.ここは国民の耐え忍ぶ所かも知れない.

.

|

« 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) | トップページ | 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 »

コメント

これからの日本はどうなるのでしょうか・・・
不安ですね。
いいニュースが聞きたいものです

投稿: | 2012.07.07 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/55133603

この記事へのトラックバック一覧です: 287 民主党の罪(総括):

« 286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂) | トップページ | 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 »