« 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 | トップページ | 290 宙に浮く民主党政権の存在理由 »

2012.07.11

289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策

『スパコン京』が目標通り,世界最高速を達成した.この『スパコン京』の成功が示唆している今後の産業の方向性について発信したい.そこで,ウイキペデアで紹介されている『スパコン京』の概要を利用させていただき,私見を述べてみたい.

京(けい,:K computer,次世代スーパーコンピュータシステム)は2005年,文部省で計画され,理化学研究所を中心にプロジェクトが発足した.理化学研究所は次世代スーパーコンピュータ開発実施本部を開発主体として,総事業費約1120億円を投じ,富士通から購入.2012年の運用開始時に理論演算性能10ペタフロップス(演算速度は毎秒1京回)の達成を予定した.そして,2011年6月,LIMPACKベンチマークにおいて8.162ペタフロップスを,2011年11月,最終構成で世界初の10ペタフロップスを達成し,TOP500リストの1位となった.その後,2012年6月のセコイアに抜かれ2位となったが,更なる挑戦と実用化が進められている.

この国家プロジェクトに対し,2009年11月の政府の事業仕分けで,一部の専門家から批判の声が上がった.その主な内容は,スパコンの巨艦巨砲は時代遅れだ,スピードの世界一を競うより,どんな技術革新を目指すかが大事だ,ハードよりソフト開発に重点を置くべきだ,スパコン開発を理由にした公共事業だ,等であり,予算も縮減すべきとの雲行きであった.

科学技術予算の削減はしないと言う事で削減は却下され,上記の成果を出したわけだが,このケースで感じた,今後の産業のあり方について感想を述べたい.

先ず,上記批判の根底に,最先端のコンピュータ技術(演算プロセッサー始め関連する構成部品,組み込みソフト,ミドルソフト,アプリケーションソフト等)は既に世界に存在し,それを使ってスパコンを作るのだから,日本独自の技術革新など期待できないとの認識があったと思う.

現実はプロセッサーの改良や,8万個のCPUの搭載やその並列計算を可能とするミドルソフトの開発や,更に言えば新たな数理計算のアプリケーション開発も誘発し,意義は大きかったと思うのだが,それ以上に意義があった事は,世界最速と言う利用者ニーズに対し,世界の最先端技術を屈指して,インテグレーションし,その目標を達成した事だと思うのである.

この様に,『スパコン京』の成功は,最先端のアーキテクチャー,テクノロジーを活用した『インテグレーション力』の重要性を示唆したと思うのである.

この示唆にもとづいて,製品の3大要素『アーキテクチャー,テクノロジー,インテグレーション』について,日本の産業界の方向性を考えてみた.

①垂直統合,自前主義から水平分散,国際化への産業構造の転換

日本の産業構造は,家電事業,車事業,電話事業,電力事業,輸送事業,テレビ事業,等,どれをとっても,伝統的な垂直統合型構造で成り立っている.まさに自前主義が根底にある.

この構造が原因で『デジタル革命』に劣勢になったと言われている.デジタル革命の特徴がソフト化,デファクトスタンダード化,水平分散化だからである

そこで,日本の劣勢を挽回する為には,世界規模でのアーキテクチャーやテクノロジーの競争に参入するにしても,勝ち馬に乗るにしても,身づから水平分散構造に事業を転換し,個々の分野で,世界の潮流と伍して行ける構造にしなければ道は開けないと思うのである.

体操競技で言えば,全種目をこなすオールラウンドプレーヤーで個人総合を狙うのではなく,種目別競技のスペシャリストで,種目別と団体総合を狙う考え方である.世界の体操競技は既に,この考えになっているのである.当然,日本としては,個人で6種目やる事が体操だとする美学,価値観を捨て,スペシャリストの育成や選手選抜に転換する事になる.

このようにアーキテクチャー,テクノロジーで世界に互して行く環境としては,産業の構造転換が必要だと思うのである.

②利用者からみたインテグレーション事業の展開

一方,日本の産業界は『スパコン京』の示唆にあるように,世界の最先端技術を使って『インテグレーション技術』で戦う方法もあると思うのである.

例えば近年,パソコン,テレビ,スマートフォン,タブレット端末,ナビ端末,電子出版端末,ネットワーク,サーバー,サービスアプリケーション,等,個々の技術や製品は目覚ましい発展をしているが,利用者からみたインテグレーションが勝敗を決めると思われるのである.

この視点は,IT業界のみならず,家電,車,産業機器,ロボット,医療機器,電力機器,等に共通していると思うのである.

まさに,技術開発や物作りは水平分散の方向であるが,一方では,『利用者視点のインテグレーション』の事業化が重要になると考えるのである.このインテグレーションの力が実用化の鍵になり,ひいてはアーキテクチャー,テクノロジーを作り出していく原動力になって行くと思うからである.

但し,この『インテグレーション力』は世界に通用する,『システムデザイン力』が大事になるのだが,日本では文化との関係で苦手な分野でもある.シンプルで合理的な思考が,どこまで出来るかが決め手になると思う.

①も②もダメだとすると,日本はアーキテクチャー,テクノロジー,インテグレーション,共に海外に制覇される事になる.そうならない為にも,『スパコン京』の成功に影響されて,産業界が変身してくれる事を期待したいのである.

.

|

« 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 | トップページ | 290 宙に浮く民主党政権の存在理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/55157551

この記事へのトラックバック一覧です: 289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策:

« 288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍 | トップページ | 290 宙に浮く民主党政権の存在理由 »