« 289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策 | トップページ | 291 ロンドン五輪開会式の感想 »

2012.07.13

290 宙に浮く民主党政権の存在理由

民主党を離脱した小沢グループは7月11日,『国民の生活が第一』党を立ち上げた.立党の理由は,現在の民主党は政権交代を実現した時の政党ではなくなったからだと言う.こちらが本家だと宣言したのである.しかしその時のマニフェストが国民から嘘だったとの烙印を押されているだけに,前途多難である.

ところで,分裂後の民主党に対し,7月12日の日経新聞の社説に異論があるので,まず,指摘しておきたい.社説の主旨は次の通りである.

『民主党は抵抗勢力がいなくなったのだから,山積する課題に取り組むべきだ.同時に,小沢新党が持ち去ったマニフェストに代る新たな政策目標を早く明確にすべきだ』と.

言いかえると,小沢新党がマニフェストも,その嘘も,一緒に持ち去って,民主党はスッキリしたのだから,新規巻き直して,政権を続投せよ,と言っているのである.

この社説が間違っていると思うのは,

・民主党政権が嘘のマニフェストで誕生したままになっている事
・マニフェストの破綻で国民から負託された政策が宙に浮いている事
日本の民主主義・政治にに歴史的汚点を残した事NO287民主党の罪

を棚に上げて,軽々しく,

・『マニフェストに代わる新たな政策目標を作って続投せよ』

と言っている事である.『政策目標を作って続投せよ』は,勝手に政策をすり換えて『続投せよ』と言っているわけで,民主主義を無視した主張だと思う.本来なら『政策目標を作って国民に信を問え』と言うべきである.

どう考えても,続投を主張する日経社説の論理は支離滅裂である.解散もせずに,自公民連立政権を組め,との思惑があるのだろうか.これも民主主義の破壊,談合政治である.そんな原理原則を知らずに,社説を書いて良いわけがない,呆れる.

一方,民主党は『マニフェストは実現できない事はあるが,実現している政策も多くある,マニフェストを放棄していない,嘘は言っていない』とマニフェストの正当性を今でも主張している.小沢新党も『マニフェストは間違っていない』,『真剣に取り組んでいないだけだ』と言っているのだから,明らかにどちらも,『嘘つき集団』なのである.

だから民主党は小沢新党に対し,『本家はこちらだ』とも言えず,『小沢新党の原点回帰に反論できない』のである.さりとて,本音で『小沢が持ち去ったマニフェストはデタラメだ』とも言えないのである.何よりも,小沢主導で政権交代が実現し,現在の政権があるのだから,小沢新党に反論できるわけがないのである.

結局,民主党は,『マニフェストの崩壊』を認めない『建前』に固執するしかないのだが,そうする程,国民から負託された理念や政策が宙に浮くのである.加えて,マニフェストにない増税を不退転でやると言うのだから,政権を得た理由など,とっくに消え去っているのである.

大方の国民から見れば,現在の民主党政権は『根無し草の政権』,『嘘つき,無責任政権』と評価する人が多いと思う.同時に,民主主義の弱点を多く学んだと思う.

そんなわけで,どう考えても,嘘のマニフェストで誕生し,政治を混乱させ,存在根拠が宙に浮いている政権に,『続投はない』と思うし,ましてや,重要法案が目白押しならばこそ,そんな政権の続投を許してはならないのである.即刻,国民に信を問うべきなのである.

この状況に,民主党の議員は口をぬぐっていられるのだろうか.インテリの『精神の汚さ,自立心や責任感の無さ』,一言で言えば,『幼児性』を感じるのである.

.

|

« 289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策 | トップページ | 291 ロンドン五輪開会式の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/55177403

この記事へのトラックバック一覧です: 290 宙に浮く民主党政権の存在理由:

« 289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策 | トップページ | 291 ロンドン五輪開会式の感想 »