« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012.07.29

291 ロンドン五輪開会式の感想

2008年8月10日北京五輪開会式の感想を発信した.あれから4年,今回も,ロンドン五輪開会式について,感想を述べておきたい.

ロンドン五輪開会式は7月27日(日本時間で7月28日未明)に開催された.『200ケ国に及ぶ,国際色豊かな選手の入場』,各国の聖火が束ねられる演出の『巨大聖火の点灯』,ポールマッカートニーによる『ヘイジュードの合唱』,などが印象に残った.選手入場は,さすがに昔の軍隊のような行進をする国は無くなり,華やいだ入場行進であった.時代も大きく変わったものである.

(ところで,オリンピックの入場行進は,つい最近まで,軍隊行進のようにする国もあった.一方,我が国の春・夏の甲子園野球大会や各学校での入場行進は,今でも軍隊行進と同じである.集団行動の訓練の為なのか,軍隊文化の歴史を継承しているのか,あるいは単に美しく、きびきびする為なのか,このスタイルは続いている.きっとそれに見慣れた人からすると,オリンピックの入場行進はだらしなく見えたと思う.

一方,北京もそうだったが,今回も,世界のテレビ向けに,映画監督による『英国の歴史の絵巻物語』が夜空の映像,過去の映像,会場の劇などを織り交ぜて,放映された.勿論,悪天候の場合の差し替え映像も用意されていたと思う.

結局,祭典の開会式なのに,会場の8万人の観衆や1万人の選手達はそっちのけである.随分巨額の制作費用をかけていると思うが,莫大なオリンピックの放映権料に,この費用も入っているのだろうか.とにかく,国威発揮の歴史絵巻はオリンピックの開会式とは関係ないと,北京の時と同じ感想を持ったのである.

4年前の北京開会式の感想で,歴史絵巻物語は不要で,開会式の原点に戻るべきだと主張した.そして,次のロンドンでは近代オリンピック発祥の地にふさわしい,『世界が集うオリンピックの祭典』として,洗練された開会式を期待したのである.

しかし,残念ながら,今回のロンドンの開会式も,北京の時と同じように,発展途上国の国威発揮映画を見せられた感じになった.開会式はそんなことを見る場所ではないとの思いが,いっそう反感を覚えさせたのかもしれない.

なぜ,4年に一度の『世界が集うオリンピックの祭典』にふさわしい格調高い開会式が出来ないのだろうか.勿論,時間の短縮も必要である.今回も又,こんな事を強く感じたのである.

私の思い描くイメージを言えば,『世界の国から祭典に集う選手達の入場』,『神聖な儀式と聖火点灯』,『選手・主催者側の世界へのメッセージ』そして,『祭典を称えるアトラクション』で締めくくる.そんなイメージである.テレビは事前に知らされた情報に独自の情報を加えながら実況放送をすれば良いのである.

さて,4年後のリオデジャネイロでは,どんな開会式になるのだろうか.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.13

290 宙に浮く民主党政権の存在理由

民主党を離脱した小沢グループは7月11日,『国民の生活が第一』党を立ち上げた.立党の理由は,現在の民主党は政権交代を実現した時の政党ではなくなったからだと言う.こちらが本家だと宣言したのである.しかしその時のマニフェストが国民から嘘だったとの烙印を押されているだけに,前途多難である.

ところで,分裂後の民主党に対し,7月12日の日経新聞の社説に異論があるので,まず,指摘しておきたい.社説の主旨は次の通りである.

『民主党は抵抗勢力がいなくなったのだから,山積する課題に取り組むべきだ.同時に,小沢新党が持ち去ったマニフェストに代る新たな政策目標を早く明確にすべきだ』と.

言いかえると,小沢新党がマニフェストも,その嘘も,一緒に持ち去って,民主党はスッキリしたのだから,新規巻き直して,政権を続投せよ,と言っているのである.

この社説が間違っていると思うのは,

・民主党政権が嘘のマニフェストで誕生したままになっている事
・マニフェストの破綻で国民から負託された政策が宙に浮いている事
日本の民主主義・政治にに歴史的汚点を残した事NO287民主党の罪

を棚に上げて,軽々しく,

・『マニフェストに代わる新たな政策目標を作って続投せよ』

と言っている事である.『政策目標を作って続投せよ』は,勝手に政策をすり換えて『続投せよ』と言っているわけで,民主主義を無視した主張だと思う.本来なら『政策目標を作って国民に信を問え』と言うべきである.

どう考えても,続投を主張する日経社説の論理は支離滅裂である.解散もせずに,自公民連立政権を組め,との思惑があるのだろうか.これも民主主義の破壊,談合政治である.そんな原理原則を知らずに,社説を書いて良いわけがない,呆れる.

一方,民主党は『マニフェストは実現できない事はあるが,実現している政策も多くある,マニフェストを放棄していない,嘘は言っていない』とマニフェストの正当性を今でも主張している.小沢新党も『マニフェストは間違っていない』,『真剣に取り組んでいないだけだ』と言っているのだから,明らかにどちらも,『嘘つき集団』なのである.

だから民主党は小沢新党に対し,『本家はこちらだ』とも言えず,『小沢新党の原点回帰に反論できない』のである.さりとて,本音で『小沢が持ち去ったマニフェストはデタラメだ』とも言えないのである.何よりも,小沢主導で政権交代が実現し,現在の政権があるのだから,小沢新党に反論できるわけがないのである.

結局,民主党は,『マニフェストの崩壊』を認めない『建前』に固執するしかないのだが,そうする程,国民から負託された理念や政策が宙に浮くのである.加えて,マニフェストにない増税を不退転でやると言うのだから,政権を得た理由など,とっくに消え去っているのである.

大方の国民から見れば,現在の民主党政権は『根無し草の政権』,『嘘つき,無責任政権』と評価する人が多いと思う.同時に,民主主義の弱点を多く学んだと思う.

そんなわけで,どう考えても,嘘のマニフェストで誕生し,政治を混乱させ,存在根拠が宙に浮いている政権に,『続投はない』と思うし,ましてや,重要法案が目白押しならばこそ,そんな政権の続投を許してはならないのである.即刻,国民に信を問うべきなのである.

この状況に,民主党の議員は口をぬぐっていられるのだろうか.インテリの『精神の汚さ,自立心や責任感の無さ』,一言で言えば,『幼児性』を感じるのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.11

289 スパコン京 が示唆している今後の産業政策

『スパコン京』が目標通り,世界最高速を達成した.この『スパコン京』の成功が示唆している今後の産業の方向性について発信したい.そこで,ウイキペデアで紹介されている『スパコン京』の概要を利用させていただき,私見を述べてみたい.

京(けい,:K computer,次世代スーパーコンピュータシステム)は2005年,文部省で計画され,理化学研究所を中心にプロジェクトが発足した.理化学研究所は次世代スーパーコンピュータ開発実施本部を開発主体として,総事業費約1120億円を投じ,富士通から購入.2012年の運用開始時に理論演算性能10ペタフロップス(演算速度は毎秒1京回)の達成を予定した.そして,2011年6月,LIMPACKベンチマークにおいて8.162ペタフロップスを,2011年11月,最終構成で世界初の10ペタフロップスを達成し,TOP500リストの1位となった.その後,2012年6月のセコイアに抜かれ2位となったが,更なる挑戦と実用化が進められている.

この国家プロジェクトに対し,2009年11月の政府の事業仕分けで,一部の専門家から批判の声が上がった.その主な内容は,スパコンの巨艦巨砲は時代遅れだ,スピードの世界一を競うより,どんな技術革新を目指すかが大事だ,ハードよりソフト開発に重点を置くべきだ,スパコン開発を理由にした公共事業だ,等であり,予算も縮減すべきとの雲行きであった.

科学技術予算の削減はしないと言う事で削減は却下され,上記の成果を出したわけだが,このケースで感じた,今後の産業のあり方について感想を述べたい.

先ず,上記批判の根底に,最先端のコンピュータ技術(演算プロセッサー始め関連する構成部品,組み込みソフト,ミドルソフト,アプリケーションソフト等)は既に世界に存在し,それを使ってスパコンを作るのだから,日本独自の技術革新など期待できないとの認識があったと思う.

現実はプロセッサーの改良や,8万個のCPUの搭載やその並列計算を可能とするミドルソフトの開発や,更に言えば新たな数理計算のアプリケーション開発も誘発し,意義は大きかったと思うのだが,それ以上に意義があった事は,世界最速と言う利用者ニーズに対し,世界の最先端技術を屈指して,インテグレーションし,その目標を達成した事だと思うのである.

この様に,『スパコン京』の成功は,最先端のアーキテクチャー,テクノロジーを活用した『インテグレーション力』の重要性を示唆したと思うのである.

この示唆にもとづいて,製品の3大要素『アーキテクチャー,テクノロジー,インテグレーション』について,日本の産業界の方向性を考えてみた.

①垂直統合,自前主義から水平分散,国際化への産業構造の転換

日本の産業構造は,家電事業,車事業,電話事業,電力事業,輸送事業,テレビ事業,等,どれをとっても,伝統的な垂直統合型構造で成り立っている.まさに自前主義が根底にある.

この構造が原因で『デジタル革命』に劣勢になったと言われている.デジタル革命の特徴がソフト化,デファクトスタンダード化,水平分散化だからである

そこで,日本の劣勢を挽回する為には,世界規模でのアーキテクチャーやテクノロジーの競争に参入するにしても,勝ち馬に乗るにしても,身づから水平分散構造に事業を転換し,個々の分野で,世界の潮流と伍して行ける構造にしなければ道は開けないと思うのである.

体操競技で言えば,全種目をこなすオールラウンドプレーヤーで個人総合を狙うのではなく,種目別競技のスペシャリストで,種目別と団体総合を狙う考え方である.世界の体操競技は既に,この考えになっているのである.当然,日本としては,個人で6種目やる事が体操だとする美学,価値観を捨て,スペシャリストの育成や選手選抜に転換する事になる.

このようにアーキテクチャー,テクノロジーで世界に互して行く環境としては,産業の構造転換が必要だと思うのである.

②利用者からみたインテグレーション事業の展開

一方,日本の産業界は『スパコン京』の示唆にあるように,世界の最先端技術を使って『インテグレーション技術』で戦う方法もあると思うのである.

例えば近年,パソコン,テレビ,スマートフォン,タブレット端末,ナビ端末,電子出版端末,ネットワーク,サーバー,サービスアプリケーション,等,個々の技術や製品は目覚ましい発展をしているが,利用者からみたインテグレーションが勝敗を決めると思われるのである.

この視点は,IT業界のみならず,家電,車,産業機器,ロボット,医療機器,電力機器,等に共通していると思うのである.

まさに,技術開発や物作りは水平分散の方向であるが,一方では,『利用者視点のインテグレーション』の事業化が重要になると考えるのである.このインテグレーションの力が実用化の鍵になり,ひいてはアーキテクチャー,テクノロジーを作り出していく原動力になって行くと思うからである.

但し,この『インテグレーション力』は世界に通用する,『システムデザイン力』が大事になるのだが,日本では文化との関係で苦手な分野でもある.シンプルで合理的な思考が,どこまで出来るかが決め手になると思う.

①も②もダメだとすると,日本はアーキテクチャー,テクノロジー,インテグレーション,共に海外に制覇される事になる.そうならない為にも,『スパコン京』の成功に影響されて,産業界が変身してくれる事を期待したいのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.10

288 驚きの韓国プロゴルファーの活躍

近年の韓国プロゴルファーの活躍は米国でも,日本でも,目覚ましいものがある.7月8日最終日を迎えた全米女子オープン選手権と日本で開催されたセガサミーカップ(男子)で,その実力を又見せてくれた.日本は足元にも及ばないが,韓国勢の活躍ぶりに,ただただ驚嘆するのである.

全米女子オープン:決勝ラウンド65人中16人,ベスト10に5人,優勝・2位とも韓国
セガサミーカップ  :決勝ラウンド69人中13人,ベスト10に4人,優勝・2位とも韓国

特に韓国女子プロの日米での活躍はすごい.レギュラーツアー参加選手の数,優勝者の数,賞金ランク上位者の数,歴代賞金王,など,どれをとっても他国を圧倒する成績を上げているのである.特に,全米女子オープンは5年間に4回,韓国勢が優勝しているのである.米国女子プロは近年,世代交代の谷間にあるようである.

韓国の強さは,ゴルフだけではなく,柔道,サッカー,野球等のスポーツも,韓流ドラマも,歌や芸能も,勿論,産業も,海外市場での戦いを国策として推進している事が大きく影響していると思う.国内市場だけでは発展出来ない,厳しい環境が韓国を振るい立たせているのだと思う.世界の国々が注目しているところである.

もうすぐ始まるオリンピックでも,韓国の金メダル数は飛びぬけて多くなると予想される.スポーツに国威の発揮と言う使命が負わされているからである.中国も同じ考えだと思う.従って選手は適正を厳しくチェックされた上で,英才教育が行われ,世界トップになった時のインセンティフも桁違いなのである.個人任せの日本とは大違いなのである.

韓国のゴルフは英才教育機関を充実する一方,大衆スポーツとして,ゴルフ人口の拡大とゴルフ場の開設を進めていると言う.日本とは歴史も,取り組み方も,大きく違うのである.

さらに違いを言えば,韓国のプロゴルファーは日本や米国が仕事場であって,先輩が後輩をささえながら,勢力を拡大している感じである.戦前,中国人はチャイナタウン,中華料理,韓国人はコリアンタウン,花屋,日本人は日本人街,洗濯屋,を起点に他国でのコミュニティを形成してきたが,今日でも,その文化が韓国に残っている感じである.

ゴルフスイングにも日韓の違いが男女ともに感じられる.日本は美しいフルスイングを目指しているように見えるが,韓国は身体をあまり動かさない,強いインナーマッスによる,コンパクトな(パンチショットの様な)スイングを心がけているように見える.どうも,その差が,ドライバーやアイアンの精度に表れていると感じるのである.

特に韓国の『アイアンの精度』は男女とも非常に高いと感じる.データを調べたわけではないが,『バーディチャンスの確率』(ワンピン以内に寄せる確率)が高く,これが『バーディの多さ』や『ボギーの少なさ』につながっているように思うのである.

まさに『パットが命』ではなく『アイアンが命』なのである.パットは近い程,有利であり,その為に『アイアンの精度』が大事になるのである.バーディを取るのも,ピンチを救うのも,『寄せワン』であり,それを実現するのが『アイアンの精度』なのである.

全盛時代のタイガーウッズは,ことごとく,バーディパットかタップインのパーであったとの印象が強い.苦しいパーセービングパットや,タップインのボギーを繰り返す選手とは次元が違うと感じたのである.

パーセービングパットが入らないと嘆く選手は『パットisマネー』とばかりに,パットの練習に余念が無いが,そんな選手に,タイガーなら,『ショットが問題だ』と言うはずである.タイガーの辞書には,『ショットisマネー』と書いてあるに違いないのである.

そんなわけで,日本の劣性は構造的な問題に起因する事が多いが,当面の策としては,『アイアンの精度向上に向けた練習』が不可欠だと思う.又,『パーオン率』や『バーディ数』で技量を評価するのではなく,『ワンピン・オン数』のデータを取って,アイアンの技量の向上を図るべきだと思うのである.

更に言えば,ボールの状況などに余り影響を受けない,強い打ち込みのアイアン・スイングを作り上げて欲しいと思う.その為に,ミドル・ショート・アイアンが磨り減るほの練習をして欲しのである.

そして,日本のプロゴルファーには是非,思い描いて欲しい事がある.

第2打がバックスピンでピンデッドに止まる,
グリーン周りを埋め尽くしたギャラリーから,地響きのようなどよめきが湧き上がる,

祝福の拍手に迎えられた選手は軽く手を挙げながら,ゆっくりとグリーン上がる,
難なくバーディを決め,何事も無かったように,パターをキャディに渡す,

これこそが,プレーヤー,ギャラリーが味わう,ゴルフの醍醐味だと言う事を.

自分の腕を棚に上げて,プロに不遜な事を申し上げたが,日本のプロが世界で活躍して欲しいからである.正直言って,日本のプロへの欲求不満のガス抜きもある.なにとぞ,ご容赦願いたい.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.06

287 民主党の罪(総括)

政権奪取以来,続いて来た民主党の内部抗争が分裂と言う形で,ヤマを越えた.まだ火種は民主党内に残っているが,これまでの『民主党の罪』について,総括しておきたい.

そもそも,民主党政権が出来た当初より,当ブログで,民主党は選挙に勝つ為の『ごった煮政党』であり,マニフェストを見ても,『合成の誤謬政党』そのものであり,政権運営の未熟さも加えれば,必ず政治が混乱すると予見してきた.

一国民の『心配した予見』が,ことごとく現実になるのだから,こんな分かりやすい政党はないと言えるのだが,それなら政権につかせてはならなかったのである.それでも,他党より,ましだと言う事なのだろうか.そうなら世も末である.

そこで,予見通りの事ばかりで,いまさら,問題を挙げ連ねても,むなしく,何の発見もないのだが,日本の政治を立て直したい一心で,青臭く民主党の総括と罪状を整理してみたのである.

総括.無能力・無責任な政権運営で政治・経済・災害復興を停滞・悪化させた.

罪状1.選挙目当ての裏付けのない公約で国民をだまし,選挙に勝った.
罪状2.公約の間違いを認めようとせず,口を拭って,政権にしがみついてきた.
罪状3.立場が変わると,180度,違う事を言う,節操のなさ,口の軽さ,無責任さ.
罪状4.政党政治を形骸化させ,内部抗争で政治を混乱させて来た.
罪状5.危機管理・救済・復旧・復興に政治が足を引っ張ってきた.

この中で,罪状1.の深刻な点は,政策の良し悪しの問題ではなく,国民を騙し,選挙公約の信頼性を大きく失墜させ,民主主義の土台を崩壊させた事である.さらに,それを認めず,反省も,釈明も,しないどころか,逆に覆い隠そうとする態度は情状酌量の余地はなく,政治家失格に値する大罪なのである.

今回の『社会保障と税の一体改革』も総理は『社会福祉の為,財政再建の為』と言うが,又,裏付けのないマニフェストと同じ轍を踏んでいるのである.現実は今回の増税で解決できるはずもなく,経済成長,歳出削減,社会保障改革,資産売却,等『小さな政府』に向けた改革がなければ解決は難しい事なのである.

増税を首謀した財務省は,三党合意まで持ち込んで,民主党政策の風呂敷をたたみ,成立のメドを付けたが,増税と言うマニフェスト違反をかわし,自公路線への傾斜も否定したい総理の『無防備な見栄を張る発言』が命取りとなって,増税が吹っ飛ぶかもしれないと心配しているのではないかと思う.

罪状5.は昨年の巨大地震・,巨大津波・原発破壊・放射能汚染と言う有事の発生に対し,救済・復旧・復興への政治力発揮が極めて弱体であった罪である.

民主党政権の未熟さ,不安定さが,日常の危機管理能力を大きく引き下げ,現実の対応も極めて問題が多かったと思う.加えて,『有事の対応』の不備に,手が打たれていない事も,政権の大きな責任,罪だと思う.自然災害だけではなく,安全保障,外交で悪影響が出始めている感じがする.

最後に罪状4.の罪状について補足しておきたい.政権奪取の為に野合しただけの『ごった煮政党』,いや『ごった煮団体』では,国民をだませても,責任ある政権運営など,出来るはずもなく,必然的に,内部抗争を繰り返し,政治を混迷させて来たのである.さらに,民主主義制度の根底にある政党政治を形骸化させた罪も大きいのである.

今回の離党劇でも,顕著に,この『ごった煮団体』の特質が表れているので指摘しておきたい.

法案に反対したが党内に留まりたいと言う議員がいたり,党の執行部が反対した人を党内にとどめる工作をしたり,政党政治では考えられない『,ごった煮団体』ならではの,醜態を演じたのである.

明らかに『政策より,数合わせ,しがらみ,保身』,が優先する『ごった煮精神』もろ出しの醜態なのである.これが党の綱領もない団体の姿なのである.これを政党と言うのだろうか.

政党政治を信じる者からすれば,これは明らかに政党政治を形骸化し,日本の民主主義,政党政治を破壊しているのである.即刻,党の解散をすべきだと思う.そんな団体に給付されてきた政党助成金は何だったのだろうか.

しかし,所詮,政党などと言うものは,得体の知れない利便的な団体であって,権力を取る為の数合わせの団体であっても,選挙区事情で所属政党を決める為の受け皿の団体であっても,政党助成金目当ての団体であっても,要は,政策など無関係の団体であっても,政党だと,民主党は教えてくれたのかも知れない.

だとしたら,政党政治も,議院内閣制も,選挙制度も,政党助成金も,民主主義が根底からおかしくなるのである.事実,民主党がおかしくしているのだから,何よりの証明になっているのである.

つくづく日本の政治の未熟さを感じるのだが,加えて日本の多くの難問を思うと,議員内閣制,政党,党議拘束,等が,ガタガタになって,もっと政治が混乱する感じもする.日本の政治の仕組みを再考すべきかもしれない.

さて,分裂後の民主党であるが,マニフェストの問題を持ち去ってくれて,スッキリしたと言う民主党議員はいるかも知れないが,相変わらず,民主党には,民主党政策に反対している人達,リベラルな人達,保守的な人達などが混在し,混迷の火種・マグマは残っているのである.

ましてや,これまでの反省,国民への謝罪,民主党の今後の政治理念,綱領,政策,等を口にする党員はいない.依然として政党ではなく『ごった煮団体』の域を脱していないのである.

だから,民主党には責任を感じて,解散する事など発想にはないと思うし,それどころか,任期は権利だと思っているに違いないのである.しばらく,口を拭って政権にしがみついている民主党政権がおかしな事をしないよう国民は願うだけなのである.

以上,民主党政権の罪状は続投どころか,党の存在さえ許せない重罪なのである.同時に日本は多くの難問に加えて,政治の建て直しと言う大問題も抱えていると実感するのである.

そんなわけで,日本は総選挙で政治家,政党を選別し,政界再編を進める事から始めざるを得ないのだが,果たして,難題は待ってくれるだろうか.ここは国民の耐え忍ぶ所かも知れない.

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.07.03

286 ヤマ場を超えた民主党内部抗争③(分裂)

ヤマ場はやっと超えそうである.昨日(7月2日月曜日)夕刻,小沢氏の予告通りに,離党を宣言した.これと同調する議員は新人議員中心に,衆院38名,参院12名であった.

注目された離党の数は,民主党政権を揺るがす程の数ではなかったが,民主党内で72名が,小沢グループで42名が増税法案に反対,欠席,棄権しているので,まだ民主党内に離党予備軍がいる事になる.

民主党執行部は更なる離党者を増やさない為の工作や処分方法を検討して来たが,どうやら衆院議員の離党者は除名処分,参議員の離党者は離党承認,非離党者は資格停止処分,欠席・棄権者は厳重注意処分,になるようである.

いづれにせよ『ごった煮政党』ならではの内部抗争は火種を残したまま,小沢グループの離党で,一応,終止符が打たれた事になる.

小沢新党は意地になってマニフェストへの回帰に固執している事もあって,人気も,展望も,厳しい中での船出になる.どんな旗を立てるのだろうか.

一方の民主党の執行部は小沢グループの離党で,『マニフェストの嘘や責任を小沢氏が持ち去ってくれた』,『民主党はマニフェストの呪縛から解放される』,と口を拭って,内心は喜んでいる向きもあると思うが,嘘の公約のおかげで政権に就いている』事実は変わらず,その罪は政権が続く限り,付いて回るのである.

さらに言えば,今後の民主党の政治理念や政策がどうなるかも,依然として不明である.分裂しても『ごった煮政党』の性格は変わらない感じがするのである.

さて,今後の国会は,遅れている重要法案の審議に移るが,政局としては解散時期の攻防や,民自公の連立への暗躍も始まる.同時に総選挙に向けた選挙対策も活発化する.

国民としては,間近かに迫った総選挙の材料として,増税法案の参院審議に注目すべきだと思うし,政治家も,その意識で審議すべきだと思うのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »