« 297 尖閣諸島をめぐる独裁国家中国の手口とその対処 | トップページ | 299 現・民主主義政治の限界か『第三者機関依存症』 »

2012.09.28

298 迷惑防止条例 (卑猥な行為の禁止)への屁理屈

スカートの中を覗いたり,盗撮して,迷惑防止条例違反(卑猥な行為の禁止)で,自業自得とは言え,どれ程の男性が人生を棒に振った事だろうか.

この種の事件を聞くと,被害者には失礼だが,正直,加害者の人生が心配になる.余りにもダメージが大きいからである.そこで,この種の事件について,何故そんな事をするのか,それを取り締まる条例に問題はないか,との視点で,思考トレーニングをしてみたのである.

①なぜ,スカートの中を覗いたり,盗撮をするのか.

・見えそうで,見えないものを覗きたくなる心理,
・覗いたらダメだと言われるほど,覗きたくなる心理,
・やったらダメと言われるほど,スリルを感じてやってしまう心理,
・嫌がる事をやって,その反応を楽しむ心理,


等は,スカートに限らず,人間が持つ本質的な心理ではないかと思う.勿論,子供にも,女性にも,そんな心理があると思う.
ましてや,スカートをはいた,美しく,性的魅力を感じる女性を見ると,この様な心理が後押しして,スカートの中を覗いてみたくなるのだと思う.

この覗いたり,盗撮したくなる心理が起こったとしても,普通は相手への迷惑や自分にふりかかる罪の大きさから,理性が働いて,行動を起こさないものである.

問題は,それがバレないと思ったり,バレるかもしれないと言うスリルを感じた時,理性が働きづらくなるのである.そんな人は麻薬の様に,バレるまで,理性が働かない常習者になってしまうのである.もちろん,写真の販売目的や脅迫目的で盗撮すれば,迷惑防止条例ではなく,刑法で処罰されるのである.

一方,女性の方だが,覗かれたら不快感や羞恥心を抱く女性でも,スカートの中に,スパッツやホットパンツ等をはけば,法律で罰する程の迷惑を感じないかもしれないのである.フィギュアスケート,テニス,チアガールのコスチームと同じである.それとも,何をはいていようと,覗かれたり,盗撮される事が処罰になるくらい,いやな事なのだろうか.

そもそも覗く男性が悪いのだが,女性も,そんな犯罪を誘発してしまうような服装をひかえれば,女性も,いやな思いをしなくて済むし,男性も,人生を棒に振らなくて済むと思うのである.

ところで,『日本の若い女性は無防備な服装が多い』と,外人から聞く.治安が良いからかもしれないが,『子供の頃からのファッション教育』がないからかもしれない.そうだとすれば,いっその事,公衆の場に於ける,『女性のドレスコード』が必要かもしれないのである.しかし,ジーパンにスカート,車引きスタイルにスカートは勘弁して欲しいのだが.

②迷惑条例と言う法律に問題点はないのか

自治体で制定される迷惑防止条例の中の『卑猥な行為の禁止』に関する条文は,大体,こんな内容である.(自治体によって違う)

(1)人を著しく,羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で,公共の場所又は公共の乗物において,衣服等の上から、又は直接人の身体に触れること.


(2)人を著しく,羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で,公共の場所,又は公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体又は下着を見,又は撮影すること.

(3)みだりに,写真機等を使用して透かして見る方法により、公共の場所又は公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体又は下着の映像を見,又は撮影すること.

(
4)みだりに,公衆浴場,公衆便所,公衆が利用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいる場所における当該状態にある人の姿態を撮影すること.

(5))前各号に掲げるもののほか,人に対し,公共の場所又は公共の乗物において,人を著しくしゅう恥させ,又は人に不安を覚えさえるような卑わいな言動をすること

これらの自治体の条例は刑法で定める程の犯罪ではなく,身近な行動に関する禁止事項中心でその分,誰もが,違反行為と隣接しているのである.従って,例え微罪であっても,人生を棒に振る危険性が高いのである.しかも,条文がかなり曖昧さを含んでいる為,解釈によっては違反の有無が左右されるのである.

そこで,スカートの覗き,盗撮を禁止した(2)の条文について,屁理屈を屈指して,曖昧さを指摘してみたい.

A.人を著しく,羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような方法で・・・.

この方法とはどんな方法なのだろうか.じろじろ見るとか,強制的に見る,覗く,事を言うと思うが,条文の上では,一般的に思われている方法を指しているのか,被害者が不快を感じる方法を指しているのか,言い換えると,非親告罪なのか,親告罪なのか,はっきりしないのである.

しかも,一般的な方法とすれば,それはどんな方法が該当するのか,或いは,方法が被害者の『著しく羞恥させ,又は不安にさせる』と言う感情に依存している場合は,どうやって,その感情を証明するのか,不明である.

この条文ではっきりしている事は,一般的にしろ,主観的にしろ,迷惑だと思われなければ違法の方法にならないと言う事である.

更に屁理屈を言うと,この条文の『人』の定義も曖昧である.女性を言うと思うが,一般的な『人』を指しているのか,女か男か,はっきりしていないのである.

B.公共の場所,又は公共の乗物における・・・

場所が犯罪構成要素になっているが,お店や自宅等の私有地の中だったら,罪にならないのか,などの屁理屈が考えられる.

C.衣服等で覆われている人の身体又は下着を見,又は撮影すること・・・・

違法になる方法で,違法となる場所で,覗いたり,盗撮したとして,この文章にも,いくつかの屁理屈的疑問がある.列記してみたい.

『衣服等で覆われている』とはどういう状態を指すのか,ひらひらしたスカートの場合も,これに該当するのか.

『人の身体,又,は下着』の人とは男か女か,年齢は,身体とは,どこを指すのか,更に,下着とは何を指すのか,ホットパンツ,スパッツ,ブルーマも下着となるのか,

『見,又,撮影』とあるが,見る,撮影,とは,行為を指していると思うが,それだと,身体や下着が見えなかったり,映っていなかった場合でも,違法となるのか,『見た』をどうやって証明するのか,『見る』,と『撮影』に罰則の差はないのか.

D.この条文の成立条件(A AND B AND C)

この条文によれば,A(違法な方法で)and B(こんな場所で)and C(これをすると)が成立した時,違法になる.三つの定義が曖昧だと,三条件が揃うのはきわめて難しい事になる.迷惑防止条例を簡単に,意図的に,使われないよう,難しくしているのかも知れない.

一方では,実際は『迷惑な覗き,盗撮行為』は違法だとして,他の条件は厳密に判断されず,裁量次第になっているのかもしれない.

勿論,見えているものを見る場合は,覗きにならず,見られている方の自己責任となる.それを無断で撮影する場合は,肖像権違反か何かになると思う.

このように,迷惑防止条例は,身近な行動に隣接した法律で,微罪だからか,羞恥とか,不安とか,見るとか,人とか,身体とか,下着とか,言葉の定義が曖昧な事が多く,条文も,単純で稚拙に感じるのである.

しかし,いくら,迷惑防止条例が稚拙で微罪だとしても,人生を棒に振るくらい大きなダメージを与える点では刑法と同じである.実際,起こっているスカート覗き事件は法的に微罪とは言え,こんな屁理屈までも吟味して法的判断をしているのだろうか.

常習犯でない人が,衝動的に覗いた事が世間に知れ,恥ずかしさの余り,反論も出来ず,微罪の判決を受け入れて,人生を棒に振った人が,どれ程いるだろうか.自業自得にしては,心が痛む事件である.被害女性の考えも聞きたいくらいである.

そこで最後に,次の例で,この条文の曖昧さ,適用の難しさ,を示しておきたい.

中年のサラリーマンが,『上り階段で,ひらひらとしたミニスカートをはいた若い女性を後ろから見上げた.太ももとホットパンツが見えた.それに気づいた連れの男性が『覗いたな』と怒って,駅員に突き出した.

その女性は羞恥心はなく,助平なオヤジだと軽蔑した態度で,連れの男に従った.中年のサラリーマンは『上を見たら見えただけだ』と小さな声で反論した.

『見られたらいやなら,そんな格好をするな』と内心思ったが,見たいという助平心があった手前,そんな啖呵を切れなかったのである.

さて,迷惑防止条例では,どんな判断がされるのだろうか.少し疲れる話になったが,『屁理屈を含めた,思考力』のトレーニングになれば幸いである.

.

|

« 297 尖閣諸島をめぐる独裁国家中国の手口とその対処 | トップページ | 299 現・民主主義政治の限界か『第三者機関依存症』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/55702991

この記事へのトラックバック一覧です: 298 迷惑防止条例 (卑猥な行為の禁止)への屁理屈:

« 297 尖閣諸島をめぐる独裁国家中国の手口とその対処 | トップページ | 299 現・民主主義政治の限界か『第三者機関依存症』 »