« 313 指導者による体罰問題への本質的提言 | トップページ | 315 アベノミックスを支えるリフレ派経済学者の主張 »

2013.01.18

314 ミュージカル映画 『Les Miserables』を観て

昨年12月から上映され,ゴールデングローブ賞受賞やアカデミー賞にノミネートされ,今,話題のミユージカル映画,158分の大作,『Les Miserable』を観に行った.

言うまでもなく,『Les Miserable』(悲惨な人々,日本タイトルは,ああ無情)は1862年(印象派出現の頃)ビクトル・ユーゴー作のフランス文学の大河小説である.内容は徒刑者ジャンバルジャンの波乱の一生を描いた大作である.このミュージカル映画のあらましは,次の通りである.

フランスのナポレオン1世没落後の1815年からシャルル10世の王政復古までの18年間が舞台である.圧政に苦しんだ貧民の飢餓,犯罪,容赦のない裁判,地獄の監獄生活,等が横行した時代である.

そんな時代の中で,ジャンバルジャンは妹達の空腹を補うためにパンを盗んでしまう.5年の刑を課せられたが,脱獄を繰り返して都合19年間,投獄される事になる.やっと仮釈放されるのだが,ジャンバルジャンは社会から冷遇され,飢餓状態の日々が続く.

そんなジャンバルジャンを司教は暖かく迎い入れ,食事を出すのだが,銀の食器を盗んでしまう.また長い投獄生活が始まるところであったが,司教は,私が与えたものだと申し出て刑を免れる.ジャンバルジャンの人間不信と憎悪の塊は,この司教の慈愛で打ち砕かれるのである.

以来,ジャンバルジャンは『慈愛の心』で生きる事を誓い,事業に専念する.人望を得た人柄が,事業を成功に導き,市長にまで上り詰める事になる.

ある日,自分の工場に勤めていたフォンティーヌが工場を解雇され,売春婦になっている事を知る.彼女は病で命を落とすのだが,責任を感じたジャンバルジャンはその娘コゼットを愛情込めて育てる事をフォンテーヌに誓う.

その後,市長が徒刑中のジャンバルジャンである事を警官ジェルベールに知られ,ジャンバルジャンは地位を捨てて,コゼットと一緒に逃亡生活に入る.

コゼットが年頃になった頃,青年弁護士ボンメルシーと恋に落ちる.ボンメルシーは自由を求める革命組織に属し,やがて組織は決起して,街の一角で籠城する事になる.

その時,ジャンバルジャンを追いかけていた警官のジェルベールが革命組織に拘束される.ジャンバルジャンはジェルベールの処分を自分に預けてもらい,彼を開放したのである.自分を牢獄に送り,長い間苦しめた相手だが,仕事に忠実なだけだったとしたのである.

やがて,革命組織は政府軍に鎮圧される.ジェルベールは多くの青年達の死体を前に,自分の命は慈愛によって救われたのに,彼らは慈愛も受けられず殺された事に心を痛め,法に忠実とは言え,『慈愛の心』が無いままに人々を冷酷に処罰して来た事を懺悔し,命を絶つのである.

この戦いで,娘コゼットの恋人ボンメルシーは重傷を負う.ジャンバルジャンはコゼットの幸せを願って,必死に彼を救い出す.晴れて二人は結ばれるのだが,ジャンバルジャンは自分が徒刑者である事をボンメルシーに明かし,二人から離れる事を告げる.ボンメルシーの引き留めを振り切って,死期を感じていたジャンバルジャンは一人静かに教会に向かう.

ジャンバルジャンは追いかけてきた二人に見とられて人生を終わるのだが,その静かな,安らいだ顔は,人間不信,憎悪を悔い改めて,慈愛を貫いて生きて来た顔であった.二人はジャンバルジャンを神と崇めながら,昇天するジャンバルジャンに手を合わせたのである.

あらましは,ざっと,こんな具合である.子供の頃,知った断片的な物語の記憶が蘇えった感じである.この大河小説は,今まで,多くの映画や舞台で演じられて来たと言う.

残念ながら,この大河小説を読んだ事もないし,過去の映画も,舞台も観ていないので,感想を言う程の知識を持ち合わせていないが,初めてこの映画を観て感じた率直な感想を述べてみたい.

結論から言うと,映像や音響の迫力はすごいが,日本で評判が高いと言う程の感動は受けなかったのである.その理由は次の2点である.

まず,シェークスピアの小説の様な長いセリフをほとんど歌で繋いで行くのだから,どうしても間延びした感じになる.さらに言えば,歌は台詞に抑揚を付けただけに聞こえた事もあって,全く曲の印象が残らなかったのである.

一言で言うと,『ミュージカル映画』と言うより,伝統的な『オペラ映画』である.どうやら,興業的配慮から『オペラ』と言わず,あえて『ミュージカル』とした感じがするのである.

この思い違いもあるが,このオペラ風の映画では,私の趣向や教養では,とても感動には行き着かないのである.

次の理由は,『キリスト教の布教映画』,『キリスト教の宣伝映画』に感じた事である.

キリスト教の信者は,何の違和感もなく,その教えの大切さに,改めて感動するのだと思うが,へそ曲がりの私の感じで言うと,病気を克服して素晴らしい人生を手に入れたドラマを観た後で,それが『青汁の宣伝』だとわかった時の感じに近いのである.

私自身,洋画や洋楽は大好きである.アングロサクソンの多くの洋画や洋楽は,ほとんどキリスト教文化が低辺に流れている事は良く知っている.其の上で,すばらしいと感じる事が多いのである.

それは,決して,青汁の宣伝,キリスト教の宣伝を感じさせないからだと思う.布教,宣伝を目的にする映画なら別だが,娯楽やエンターテイメントの分野で,これが前面に出ると興ざめになるのである.

小説が書かれた1862年の頃なら,宗教的色彩は多くの人々に共感と感名を与えたと思うが,現在の表現としては,場違いの感じがする.むしろ,主人公ジャンバルジャンの不屈の一生を前面に出した方がよかったと思うのである.そんな風に残っている子供の頃の記憶が影響しているのかも知れない.

日本でこの映画が絶賛上映中とされているが,さて,どんなところに絶賛されているのだろうか.それとも,宣伝先行なのだろうか.

この『les miserbles』の映画には,次の様な視点があると思う.

・キリスト教の教えである『慈愛』の視点,
・法と慈愛の葛藤の視点,
・圧政,貧困,荒廃の社会と革命の視点,
・無情を乗り越えたジャンバルジャンの生き方の視点,
・スリルを展開する逃亡者と追跡者の視点,
・貧困と荒廃の中で芽生えたラブストーリーの視点,
・映像や音楽あるいは役者の視点,

さて,感動したと言う人は,どの視点に感動し,絶賛したのだろうか.

今までの『Les Miserables』の映画や演劇がどんな視点で,どんな演出をし,どんな感動を与えて来たのだろうか.昔の小説を映画や演劇にする時,原作のどこに焦点を当てて表現しているのか興味が湧くのである.

何処からか,もっと『素直に映画を見たら』との声が聞こえてきそうである.自分もそう思うが,ついつい,世界的に大作と言われている映画だけに,こだわったのである.

.

|

« 313 指導者による体罰問題への本質的提言 | トップページ | 315 アベノミックスを支えるリフレ派経済学者の主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/56571275

この記事へのトラックバック一覧です: 314 ミュージカル映画 『Les Miserables』を観て:

« 313 指導者による体罰問題への本質的提言 | トップページ | 315 アベノミックスを支えるリフレ派経済学者の主張 »