« 322 『憲法第96条』の改定論議への所見 | トップページ | 324 続・『橋下氏の歴史認識』への異様なバッシング »

2013.05.19

323 『橋下氏の歴史認識』への異様なバッシング

日本の慰安婦問題が国際的な広がりを強めている中で,記者の質問に答える形で,橋下氏は慰安婦の歴史認識に関する考え方を述べた.その中で,『戦時中の慰安婦は必要だった』と発言をしたとして,国会議員もマスコミも,評論家も一斉に『橋下バッシング』を繰り広げた.バッシングする人の中に,慰安婦を黙認していた人もいたかもしれない.それくらい,橋下バッシング一色になったのである.

勿論,橋下氏はそんな発言はしていないと反撃に出た.

ビデオで確認すと,問題になった発言はこうである.

『日本の侵略行為は敗戦を受け止めて,政治家として認めるべきだ.慰安婦については,当時,世界のどの国でも存在していたが,良い事ではないが,当時としては,慰安婦が必要だったからだと思う.・・・・・・・銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて行くときに,どこかで休息させてあげようと思ったら,慰安婦制度は必要なのは誰だって分かる』

マスコミは橋下氏が必要だと言ったとする根拠を示していないが,前段を言わず,『銃弾が・・・誰だって分かる』とした部分だけ取り上げて言っているようである.テレビでこの部分だけ報道している事でわかる.

もし,マスコミが言うように,橋下氏自身が慰安婦が必要だったと言っていたら,彼の論理展開がおかしくなる.従って論理展開からして,そんな事を言うわけが無いと思うのである.この文脈で言っている事は【当時,軍が慰安婦を必要としていた】ことである.従って自身の認識を言う必要性がないのである.

具体的に,彼の論理展開から『言うわけが無いと言う理由』を挙げてみたい.まず,彼の論理展開であるが次の5ステップで構成されている.

【ステップ1】
日本の侵略を容認せざるを得ない(村山談話と同じ)

【ステップ2】
日本初め多くの国・軍で慰安婦が存在していた事は,慰安婦を必要としていたからではないか.(当時の国・軍の認識)
【ステップ3】
(そんな当時の認識に対し)慰安婦の利用は女性に対する非道な行為であり,日本は,その非道を認めるべきだ.(自分の主張)
【ステップ4】
同時に慰安婦の存在した国も,この非道を認めるべきだ(自分の主張)
【ステップ5】
日本の軍の強制があったとする河野談話は事実にもとづいてはっきりさせるべきだ.(自分の主張)

この論理展開を見れば,自身が必要だったと言うはずがない事が明白である.

すなわち【ステップ2】の事実と【ステップ3】【ステップ4】の主張がリンクしている.マスコミが言うように【ステップ2】が自身の見解だとすれば,【ステップ3】【ステップ4】に繋がらなくなるのである.橋下氏がマスコミが文脈を捉えて報道していないと言う理由がここにあると思う.

この論理展開にもう一つ特徴がある.【どの国でもあった慰安婦問題(ステップ4)】と【日本独自の問題(ステップ5)】を分けて,議論すべきだと主張しているところである.慰安婦問題を一括りにした議論は間違いだと言うのである.それも『ステップ2】と連動しているのである.

このように,従来の慰安婦議論にはない論理展開を提案しているのである.

残念ながら,上記の橋下氏の考え方を伝え,論評している報道はほとんどない.橋下氏が否定しているにも関わらず,自身が『慰安婦は必要だった』と言った事に執着して彼の批判を繰り返すだけなのである.

なにか『変である』.批判者は,

・当時の軍が,『慰安婦は必要だった』との認識がなかったと言うのか.
・慰安婦が存在した国の事は言及するなと言うのか,
・河野談話,村山談話以外に『余計なことを言うな』と言うのか.
・『性奴隷国家だった』事を認めて謝罪と個人賠償をすべきだと言うのか.
・ただ橋下氏をバッシングが出来ればよい,と言うのか

とにかく,橋下バッシングばかりで,中身の批判がないのである.慰安婦問題への日本の主張がはっきりしていない事への苛立ちが橋下氏のみならず多くの国民の心境にあると思うが,なぜか本論から外れたゴシップ程度の批判に終始しているのである.

このような現象がこれまでも多くあった.

中央集権問題,大阪都構想問題,あるいは財政再建問題,公務員改革問題,教育委員会問題,体罰問題,或いは橋下氏への侮辱報道問題,等に対する橋下発言に多くの批判があった.しかし,本質をついた発言をしていた橋下氏に対案の無い批判ばかりであったのである.今回も同じ現象に見えるのである.

私の見るところ,橋下氏は『権謀術数を嫌う攻撃的理論家』である.橋下氏の論理は,デベートで言えば,『相手の主張を受け入れる所』と『,相手を攻撃する所』をわきまえて論理が組み立てられているのである.弁護士で培った交渉力かもしれない.

どうやら専門家もマスコミも政治家も総じてデベート力が劣っている事が橋下氏と議論がかみ合わない原因かも知れないのである.

余談だが,橋下氏は『兵法38計』の中の『別の物を批判して間接的に敵を批判する』兵法をとっているのかも知れない.ちなみに,この兵法の中に,『遠い国と結んで,近くの国を攻める』と言うのがある.韓国,中国は,この兵法を採用しているのかもしれない.

もうひとつ,大きな騒動に発展した橋下氏の発言がある.

それは,沖縄米軍に『風俗利用を勧めた』事である.国内も国外も,風俗と言う言葉が買春を意味するとして,『買春を勧めた人』,となったのである.

橋下氏は日本の合法的な風俗の事を言ったつもりが,曲解されてしまった事に謝罪したのだが,沖縄米軍の非人道行為(レイプ)の防止を要請した事が真意であり,兵士と性の問題を真剣に考えて欲しいとの願いは変えていないと言うのである.

私見だが,米国が曲解してまで,橋下氏を批判するのは橋下氏のこの発言だけではないと思う.橋下氏の『お前達もやっていたではないか,自らの非道も反省しろ』が,戦勝国にとって極めて厳しい発言であり,その発言を封じ込めたい狙いがあるのではないかと,ふと思ったのである.

橋下氏は言及していないが,人権を切り口にした歴史認識問題で,橋下流の『お前達もやっていたではないか』との論法がまかり通ると,原爆投下や空爆等の無差別攻撃,ソ連の日本侵攻やシベリヤ抑留,あるいは列強の植民地政策,など,『東京裁判で問われなかった非人道的行為』にまで話が及ぶ可能性がある.これは戦勝国にとって恐ろしい論法なのである.

だとすると,戦勝国に批判の矛先が来ないように,中国,韓国の歴史認識と同じように,先の戦争は日本の侵略である,又,日本は慰安婦を利用しながら,軍の強制によって性奴隷を作った非道な国である,とした方が都合がよく,その為にも,橋下論法を封じ込めたいのかも知れないのである..

だとしたら,現在の『日米韓』が歴史認識で『中米韓』になるかもしれないのである.日本と戦ったアメリカが中国,韓国と歴史認識を共有する事は不思議ではないし,中国,韓国の反日感情から見ても好ましい形になるのである.

先日米国議会で韓国新大統領の演説行われた.その中で,『歴史を直視しない者は未来を語れない』と暗に日本を非難し,議会の喝采を浴びた.『中米韓』の構図を感じさせられた瞬間である.この発言に多くの日本国民は複雑な心境になったと思う.

この韓国大統領の発言に対し,阿倍総理が侵略の定義がはっきりしてないと述べたり,歴史認識に対する村山談話,河野談話の継承賛否が問題になったりした.橋下氏の歴史認識の発言も,この様な背景の中で行われたのである.

私見によれば,韓国大統領は『考え方』を述べているのだから,その『考え方』について言及すればよかったと思う.私ならこんな風に反応する.

韓国大統領の発言は,『事実に基づく歴史認識』ならその通りだ.但し,『ナショナリズムでゆがめられた歴史認識では未来を語れない』,『ナショナリズムでゆがめられた歴史認識では,いつまでも対立が続く』,それなら,『未来認識に向けた努力の方が建設的だ』と.

こんな風に,暗に韓国・中国を非難すればよいのである.この方がもっと大きな真理を述べた事になり,大きな喝采を浴びると思うのだが.

この私の考えは,次のエピソードを見ても当てはまる.

韓国人に日本の著名人を聞くと,韓国を併合した『伊藤博文』を挙げると言う.思考がそこで止まっている感じである.併合後の韓国の国作り支援,戦後の韓国復興支援など,『ナショナリズムと連動した歴史認識』では,そんな歴史的事実は抹殺されるのである.

一方,日本人に韓国の著名人を聞くと,俳優の『ペヨンジュ』を挙げると言う.こちらの方は歴史認識がされていないと非難されると思うが,反面,最も大事な相互コミュニケーションが生まれ,未来認識が共有できそうに感じるのである.どうだろうか.

最後に,新聞,テレビのコメンテーター,政治家,政党,の振る舞いへの指摘である.

まず,多くの新聞は本人の主張を無視して,常套句のように,『慰安婦を必要だったとした橋下氏の発言について○○の批判が起こっている,△△の抗議が起こっている』と繰り返し,橋下氏が悪者であるかのような枕詞を付けて報道しているのである.

これは明らかに客観の振りをして主観を言う世論誘導であり,マスコミにあるまじき言動だと思うのである.最近,客観性に主観を混ぜた『批判報道』が多いように思う.

言論人として主観を述べたいなら,自身の歴史認識の考えを述べたうえで批判すべきである.それが定まっていないなら,客観報道に徹するべきなのである.

テレビのコメンテーターも,人権擁護の活動家も,女性の政治家も,橋下氏が慰安婦を容認したとして,人権無視も甚だしい人として,怒りの火の手を上げているが,何か余りにも我田引水的に橋下発言を利用して自身の顕示欲を発揮しているだけに見えるのである.

政治家,政党の反応もおかしい.彼らの言動は自身の歴史認識との比較をするわけでもなく,マスコミや有識者のバッシング機運に乗じて,選挙を有利にしたいだけに見えるのである.だから,橋下は暴言を吐いた,慰安婦を必要だと言った,買春を米国軍に勧めた,橋下氏は右翼だ,などと,我田引水的に,韓国や中国のような批判をするのである.

実に自己中な言動が多く,深刻な歴史認識を論じる資格も,国益を考える資格もない政治家に見えるのである.権謀術数で行動する人は,自身が支離滅裂にっている事を知らないのだろうか.そんなことは平気なのだろうか.

ただ,維新の支持率が落ちて,自分達の支持率が上がれば,それで大満足なのだろうか.そんな姿勢は国民に透けて見えている事を知らないのだろうか.

以上,今回の『バッシング騒動の変なところ』を感じたままに述べた.率直に言って,『異様な橋下バッシング劇』を見せられた感じである.

そなわけで,何故,こんな事になったのか,次のブログで考えてみたい.

.

|

« 322 『憲法第96条』の改定論議への所見 | トップページ | 324 続・『橋下氏の歴史認識』への異様なバッシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/57403906

この記事へのトラックバック一覧です: 323 『橋下氏の歴史認識』への異様なバッシング:

« 322 『憲法第96条』の改定論議への所見 | トップページ | 324 続・『橋下氏の歴史認識』への異様なバッシング »