« 325 増税,借金の目的と公金の使途との乖離問題 | トップページ | 327 原発再稼働論議とは別にある重要な問題 »

2013.06.26

326 日経新聞コラム『秋春』(6月24日付)への感想

新聞のコラム欄を昔から興味を持って読んでいる.
2010年7月,当ブログ
NO219 『コラム・小説のタイトル,書き出しへの興味』でも,『タイトル』や『書き出し』の重要性を述べ,素晴らしいと思う,いくつかの例文を掲載した.

自分が目にしている範囲ではあるが,最近,感銘を受ける文章に出会っていない.特に『タイトルのないコラム』は読んだ後も『何を言いたいの分からない』事が多い.

多分,タイトルがない事で言いたい事を不鮮明にしていると思う.又,自分の『知識』を前に出したいと思う事も原因だと思う.『言いたい事』が2の次となって,無理に知識と繋げようとするのである.本来は言いたい事があって,必要な知識が関係つけられるべきなのだが,順番が逆になるのである.

その例として,6月24日の日経新聞『春秋』のコラムをあげてみたい.

まず,このコラムにタイトルがないから,案の定,何を言いたいのかが分からない.読者が勝手に考えればよいと言う事か,しかし,新聞のコラムである以上,伝える事が出来なければ意味がないと思うのである.

具体的に記述内容を追ってみたい.その概要はこうである.( )内は私のコメント.

ステップ1:評論家粕谷一希氏の言う旧友を持つ重要性の話

『栄耀栄華をえようが,若き日の旧友の眼に耐えられない人生は空しい』
『蹉跌な人生であろうと,耳を傾ける旧友が存在する者は幸福である』

(若き日の旧友の眼,耳を傾ける旧友の存在,が人生の物差しになるのか)

(その旧友の物差しが社会の物差しより大事だと言えるのか)
(結局,旧友の物差しは自己満足の物差しではなのか)


ステップ2:古い旧友で思い描くのは,例えば旧制高校だ

背伸びして読書量を競い,劣等感も悩みも共有する.泥臭く築いた信頼が時を経ることで熟成し,人としての財産になるわけだ.

(著者の旧友が旧制高校で生まれたのかも知れないが,余りにも回顧的すぎる

ステップ3:『旧制高校』が『フェースブック』に移れるか

旧制高校に代わる舞台が近年ではフェースブックのようだ.実名で,日記を共有し,日常をさらし合う中から,いづれ心を許す関係が芽吹き,老いて人生を語る旧友に育つかもしれないが,理解し理解される丁寧な努力を重ねてこそ永く強い繋がりがはぐくまれる.

(誰もフェースブックで旧制高校のような旧友作りが出来るとは思っていない)
(このステップは次への繫ぎとしても,無意味)

ステップ4:ネット時代の政治活動への願い

7月から参院選のネット利用が解禁される.当落は,ついネット上の『友達』や『フォローワー』の数だけを追う候補者が現れないか心配である.耳目を集める過激な発言よりも,深い理解と永い関係を築く,丁寧な言葉で,考えを説明する手段にすべきだ.

(ネットの多様性,ネットの利害,など自明の事,敢えて言う著者の認識レベルに疑問

以上,若干,私の理解で記述概要を書いたが,執筆者の言いたい事を勝手に,無理に推測すると,『ネット時代の軽薄さが心配だ』,旧友づくりにも,政治活動にも,『丁寧な説明と相互の信頼作りが必要だ』,と言いたい様である.

しかし,どう見ても,『旧友の話』(ステップ1、2)と『ネット時代の懸念の話』(ステップ3、4)の関係性が弱い上に,言っている事に余り『含蓄が感じられない』のである.

最初の書き出しからすると,てっきり,粕谷氏の『旧友の重要性』の話が『政治家の生き方』にも相通じるものがある,と言うのかと思ったら,上述のように,『ネット時代の懸念の話』になっているのである.

ハッキリ言って『言いたい事が不鮮明』,『言っている事にも含蓄を欠く』のである.大変失礼ながら,言いたい事をしっかり推敲した上で,文章を起こして欲しいものである.

もしかすると,ネットで孤軍奮闘している橋下氏を『旧友の面』,『ネットの面』で批判したい意図があって,遠まわしに,このコラムを書いたのかも知れない.だから,無理に二つの話を繋げたのかもしれない.

しかし,どんな意図があったにせよ,言いたい事が分らぬコラムでは意味がないのである.本当に橋下批判の意図があったなら,一度,橋下批判の文章をしっかり起こしてから,遠まわしの文章に焼き直す必要があったと思う.言うまでもないが『遠まわしとは』『いい加減に言う』事ではない.しっかりした土台が必要なのである.

この様な文章は有識者に多い.大体,まず,自分の知識の披露が最初に来る.これと言いたい事を連動させるのだが,言いたい事と連動していなかったり,言いたい事が定まらなかったりするのである.本来なら『言いたい事』が先にあって,それを補足する為に知識が使われると思うのだが,順番が逆なのである.

このコラムでも,頭に残ったのは,著者の『言いたい事』ではなく,初めに紹介された『粕谷氏の言葉』である.まさに,有識者の文章は知識を伝える役割は発揮できているのである.

この際,敢えて言えば,有識者や専門家の文章はやたら引用が多い.その割に,自分の主張が乏しい.引用が多いほど優秀だと勘違いしているように感じる.いわゆる『引用・講釈ばかりで主張がない』のである.明治以来の翻訳文化が生きている感じである.

もうひとつ思う事がある.日本文化の特徴として『行間でものを言う』,『遠まわしに物を言う』文化がある.しかし,そう簡単な文化ではない.その表現の背景には相当の見識と,事実と,主張が必要になるからである.従って,送り手も,受けても,凡人では難しい文化なのである.加えて,国際化,価値観の多様化,情報量の膨大化,の中で,ますます日本的表現は難しくなっているばかりか,下手をすると誤解や矛盾を産む危険性もあるのである.

当コラムの執筆者は見識も文筆も優れた人だと思うが,今回のコラムは『典型的な有識者の文章例』として発信した次第である.

.

|

« 325 増税,借金の目的と公金の使途との乖離問題 | トップページ | 327 原発再稼働論議とは別にある重要な問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/57656574

この記事へのトラックバック一覧です: 326 日経新聞コラム『秋春』(6月24日付)への感想:

« 325 増税,借金の目的と公金の使途との乖離問題 | トップページ | 327 原発再稼働論議とは別にある重要な問題 »