« 376 事前合意文書による日中首脳会談への懸念 | トップページ | 378 安倍総理の『解散の決断』への反応 »

2014.11.17

377 中国の大国意識へのオバマ大統領の牽制

今回のAPECの議長国である中国は,APECの場を利用して,露骨に『自国の国威』と『世界の大国としての中国』を鼓舞したかったようである.北京オリンピックと同じ発想である.中国国民のナショナリズムを満足させたかもしれないが,はたして世界の評価はどうだったのだろうか.

APEC直後の15日に豪州ブリスベンで開催されたG20で,オバマ米大統領は痛烈に中国の大国姿勢を牽制したのである.私の感想だが,最近ない大統領らしい演説で『中国は大国の資格はない』と言っていたように聞こえたのである.その概略を記しておきたい.

・米国が中東情勢などに労力を費やす中でもアジア重視戦略を維持し,包括的な関与を強化する方針を改めて表明した.

・オバマ氏は「アジア太平洋における米国の指導力(の維持)が私の外交政策の常に基軸である」とし「外交、軍事、経済、価値など米国のあらゆる力の要素を駆使し,着実に丹念に関与を深め続ける」と強調した.

・また「われわれは危機に直面している」とし,北朝鮮の核・ミサイル開発や東シナ海や南シナ海問題を念頭に「離島や岩礁をめぐる領有権争い」に言及した.

・「大国が小国を脅かす威圧や威嚇ではなく,相互安全保障と国際法・規範,平和的解決を基本にしなければならない」としたほか「同盟国に対する米国の防衛義務への決意」を疑うべきでないと強調し中国を牽制した.

・さらに、民主主義と人権擁護をアジアで推進する重要性を強調.香港情勢では「集会,表現,報道の自由を支持する」と述べた.

・アジアにおける環境や知的財産にも配慮した経済の枠組み構築の必要性を指摘し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の早期妥結に意欲を示した.また,気候変動対策基金のため30億ドル(約3480億円)の拠出も表明した.

これは、現地からの記事を要約したものだが、私流の理解で言えば,国際法,民主主義,自由,人権,等の基本的規範がない中国が『大国を鼓舞する』にはほど遠いと,痛烈に中国を批判した内容だったと思うのである.日本があからさまに言えない事をオバマ大統領がズバっと言った感じである.

この演説は自明の事として,ニュース性がないと思われたのか,オバマ大統領への期待感が弱くなっているからか,マスコミはあまり取り上げていない.しかし私見では、APECでの中国の鼓舞に対し,適格に中国を牽制した,素晴らしい演説だったと思うのである.

ソ連の崩壊で戦後の米ソ冷戦時代が終わって久しいが,その後、重石がなくなったように世界の情勢は思想,民族,宗教,ナショナリズム、エネルギー,などの対立が激しくなった.それに、経済力、軍事力による中国の覇権主義が加わろうとしているのである.

この情勢の中で、オバマ大統領の演説のように、或は中国の攻勢を受けている日本はじめ南沙諸島の国々と同じように,過去のような思想や力による国際秩序作りではなく『国際法による世界秩序作り』が必要だと思うのである.

この実現に向けてリード出来る国は国際法を守る民主主義国家だと思う.したがって,中国の前近代的な覇権主義を牽制したオバマ演説は正しいと思うのである.

国際法を守らない,APEC期間中だけ大気汚染対策で数百キロの範囲で工場や車を制限するような国,ましてや,一党独裁で言論の自由もない国を誰も大国とは認めないのである.したがって,米国と『大国関係』を築きたいと公言している中国を米国が袖にするのは当たり前なのである.

急速に国際舞台に駆け登った為か,中国の『質より量の大国観』は時代錯誤も甚だしいと思う.中国3000年の歴史は豪族群雄国家から王朝国家に移り、さらに一党独裁国家になった歴史であり,近代政治に向けて,いまだに,一歩も進化していないのである.

13億人を統治する為には民主政治が出来ないと言うなら,民主主義(主権在民)政治が可能になるサイズに国を分割しなければならないと思うのである.特に経済の発展,価値観の多様化が進めば共産党一党独裁体制に限界が来る.名実ともに共和制の分権国家にするか,国を分けるかに移行せざるを得ない時期が来ると思うのである.

そんなわけで,ナショナリズムが先行して,中国が世界の大国だと鼓舞しても,民主化運動などで,本当に大国なのかとの自問が国内から上がると思う.ナショナリズムが露骨に強く、先進国入りを鼓舞している韓国でも,すでに,同じような自問が国内で起こっているのである.

ナショナリズムよりも法による秩序が今後の世界だとすれば,ナショナリズムを抑制した政治と国民がグローバル時代の尊敬される国の条件になると思うのである.そんなわけで、改めて『大国の意味』『先進国の意味』を考えさせられたオバマ演説であったと思うのである.

.

|

« 376 事前合意文書による日中首脳会談への懸念 | トップページ | 378 安倍総理の『解散の決断』への反応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/60666810

この記事へのトラックバック一覧です: 377 中国の大国意識へのオバマ大統領の牽制:

« 376 事前合意文書による日中首脳会談への懸念 | トップページ | 378 安倍総理の『解散の決断』への反応 »