« 396 高浜原発再稼働差し止め仮処分判決にみる疑問 | トップページ | 398 中国主導のアジア・インフラ投資銀行への対応 »

2015.04.23

397 何んとかならないか、無投票当選

最近、いらいらする事が多い.直近で言えば、統一地方選挙後半における、無投票当選の多さである.私の所の市会議員選挙も、定数22であるが、図ったように、立候補者がジャスト22人で、4月26日の投票日を待たずに、全員の当選が決定したのである.共産党は全員当選で,議会第一党になり、歓喜の万歳をしていた.『なんだこれは』、『いらいら』の始まりである.

『いらいら』はそれだけではない.無投票当選は、選挙運動もなく、立候補者の主張もわからず、どれほどの支持を得て議員になったのかもわからず,挙句に、わけのわからない無投票当選者へ議員の資格と歳費を与えてしまう事に、『なんだこれ』と『いら立つ』のである.

何よりも、住民の選挙権が行使できない事が納得できない.市政の失敗があっても、『わしゃ知らん、議員で弁償しろ』と言いたくなる.

そんな『いらだち』をよそに、無投票当選者が喜んでいるのは,何の苦労もなしに、地位、権力、歳費、を得る事が出来た、或は,立候補者の調整がうまく行った、からだろうか.『いらいら』が講じて、こんな事を想像するのである.そして、『いらいら』度数がさらに上昇するのである.

この無投票当選は、民主主義の土台の崩壊とか、憲法違反とか、当選無効とか、の意見は昔からある.しかし、公職選挙法で無投票当選が認められているのである.

理屈の上では、無投票が嫌なら、定数を超えて立候補者を立てればよい、それをしないのは、候補者を議員として認めているからだ、となるのである.

言い換えると、候補者数は民意の表れであるのだから,定数割れで全員が当選する事になっても、民意の表れだと言う事になるのである.

しかし、市民は無投票当選になる事を立候補締め切り後でしか知らないのである.したがって、一般市民は、無投票を避ける手段は持てちえないのである.

民主主義の基本である投票権を奪う無投票当選は釈然としないのだが、真剣に、この制度の問題を考えて見た.

①選挙は立候補者の人柄、考え、業績、政策、等を聞き、評価する唯一の機会である.選挙が無い事で、これらのチャンスを奪われると言う問題がある.したがって,この機会を失わない為に、定数割れでも選挙をやるべきなのである.

➁更に言えば、選挙権を行使できないと言う、まさに憲法に抵触する大問題もある.無投票当選者は市民の付託、信任、の無い議員であり、その人が、政治をやる事になるのである.

➂公職選挙法の無投票当選の規定は、公職選挙法の他の規定(当選人の最低得票数の規定、供託金没収の規定)と整合していない問題がある.無投票だから、適用できないのである.これを整合させる為にも、選挙をやるべきなのである.

そんなわけで、無投票当選制度は違反臭いのである.法的に、もう一度、精査すべきだと思うのである.もし、無投票当選をこれまで通り許すとなった時、次の手として、こんな方法を考えてみた.

①無投票確定時、議員定数を減して選挙を行う(議員)
➁無投票当選者の任期を1年程度にする(組長、議員)
無投票確定時,不信任投票に切り替えて,当選無効者を決める(組長、議員)
④無投票にする為の談合には厳罰を科す(組長、議員)
⑤上記談合があった時、無投票当選者全員を当選無効にする(組長,議員)

無投票当選をなくす為に,是非、検討して欲しいのである.

無投票当選は効率的で、選挙費用を削減できると、思われがちだが、最も重要な、市政が民意とかけ離れたり、住民の議員や議会への不信感が募ったり、する可能性がある.

何よりも、選挙が無い事で、公約も、議員への付託もなくなり、従って、政策の失敗を市民が負うと言う、民主主義の理屈が成立しない事になるのである.市民としては、信任を得ていない政策の失敗を市民に押し付けるな、となるのである.

どうだろうか.これを書いただけで、少し、『いらいら』が収まってきた.しかし、こんな事を無投票当選で万歳をする議員が検討するだろうか、と思うと,虚しいガス抜きでしかないのかも知れないのである.

.

|

« 396 高浜原発再稼働差し止め仮処分判決にみる疑問 | トップページ | 398 中国主導のアジア・インフラ投資銀行への対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/61478163

この記事へのトラックバック一覧です: 397 何んとかならないか、無投票当選:

« 396 高浜原発再稼働差し止め仮処分判決にみる疑問 | トップページ | 398 中国主導のアジア・インフラ投資銀行への対応 »