« 462 PostーTruth 考 | トップページ | 464 石原元都知事記者会見,反撃のつもりが又自滅 »

2017.02.15

463 日米首脳会談の感想

先週行われた、トランプ新大統領と安倍総理による,初めての日米首脳会談に対し日本国民の70%が成功だったと評価していると言う.私も、率直に言って,大成功だったと思う.

多国首脳や国内有識者、あるいは国内外のメデアからは、この評価と違って、日本は荒くれ者のトランプ大統領にすり寄り過ぎだ、トランプ大統領に批判的な国が多い中で、日本は孤立する、その内、トランプ政策に巻き込まれる、等の声が多かったように思う.じゃ、どうすれば良かったのだろうか.

私の大成功だったと言う理由は、記者会見の内容が,まるで日本が原稿を書いたかのよう、な,日本のの思い通りの内容だったからである.特に、

・日米安保について,その意義と双方の結束を改めて共有した事、
・日本を取り巻くアジアやロシアの状勢認識を説明した事,
・米国のリーダーシップが世界の秩序を守る上で不可欠である事,
・TPPが目指した意義を説明出来た事,
・日米の
経済問題について,実務レベルで協議を進める事,
・国際会議の都度、日米首脳会談を持つ事,
双方首脳の人間関係が良い方向に向かいそうな事,

である.初めての首脳会談で,今後の議論のイニシャルセットできたと思う.同時に,中國や韓国への牽制にも大いに役立ったと思う.

又,人間的に,思想的に,批判の多いトランプ大統領ではあるが、民主主義のリーダーたる米国が選んだ大統領に対して,安倍総理が敬意をもって接した事は大変良かったと思う.この姿勢があればこそ,有意義な時間を持てたと思うし、今後も、率直に会話ができる関係が期待されるのである.

今回は日本が主導したような首脳会談の内容だったが、その分、次は米国から、厳しい要求が来そうだと、今回の成功を率直に喜ばない人がいる.その人に、それでは、成功しなかった方が厳しい要求が来ないのか、と聞きたくなるのである.

主張の相違は怖くないと安倍総理が言うように、問題は常にあるわけで,今回の首脳会談の成功を踏まえて,今後、率直な議論、交渉をすればよいと思うのである.特に、トランプ大統領が問題視している、貿易問題、為替問題について,総合的な視点で,一致点が見い出せると思うのである.

一方、日本には,腫れ物に触るような大きな問題がある.世界の安全保障問題に,日本がどう対応すべきか、と言う問題である.世界が内向きで保護主義の傾向を見せているだけに気になるのである.

具体的には’日本は後方支援や資金供給だけでなく,血を流せ’’日本が血を流さないのは不公平だ’’日本は平和のただ乗りだ’’日本は一国平和主義だ' と言われる問題への対応である.

憲法を変えなければ、この批判に答えられないのだが、世界の集団安全保障体制や集団的自衛体制から除外されても、このまま自国の防衛以外は血を流さないと言い続けるのか、あるいは,改憲をして,それらの体制に参加できる法的基盤を作るのか,いづれ,日本の決断が問われると思うのである.

この問題に対するドイツの考え方は驚く程,明快である.自国が軍隊を持つのは,自国防衛の為ではなく、NATO(北太平洋条約機構)の為だと言うのである.加盟国の防衛は加盟国が共同で行うと言う考え方に立っているのである.

自国の独断,暴走を防ぐと言う,先の戦争の反省から生まれた考え方のようである.多くの国が隣接し,戦争が絶えなかったヨーロッパ諸国が到達した戦後の考え方だと思う.

日米安保条約の下で専守防衛に徹する日本の考え方と、NATOの下で共同で集団安全保障活動や集団的自衛活動を行う ドイツの考え方とは全く違うのである.

日本の自衛以外に血を流さないと言う考え方は、言うまでもなく、占領下で制定された憲法から来ている.すなわち、この憲法は戦争の悲劇を繰り返さない、国際紛争解決に軍事を使わない、軍事は米国にゆだね、戦後復興に専念したい,と言う日本の考え方と日本の軍事的無力化、対中ソ政策の米国の考え方で作られ,その後、自衛隊が編成されるが、憲法は一度も改定されることなく、今日に至っているのである.

一方,昨今の世界秩序の不安定化で、’日本が血を流さないのはけしからん’との外圧が強まる事は,当然、予想される.トランプ大統領が言い出しても不思議ではないのである.

さて、他国との集団的自衛体制、国連や有志連合による集団的安全保障体制に,日本はどう対応すべきか,もう答えを出さなければならないと思うのである.

しかし いつも専守防衛範囲の議論、防衛装備の議論、武器開発の議論、世界の安全保障対応の議論、あるいは有事法制の議論、等で,違憲だ,合憲だ,の議論で終わる.現憲法を前提にした議論に終始しているからである.国にとって,どうあるべきかの議論が全くされないのである.

たとえ,血を流さないと言う考え方、日米安保を基軸とする考え方、を踏襲するとしても、自衛軍の明記と自衛権行使に伴う有事法制を作る為にも、憲法改定は必要だと素直に思うのである.あるいは、他国と同じように、国連憲章で認めている,集団的自衛、集団的安全保障、いづれも、可能とする憲法にするなら、覚悟を持った決断が必要になるのである.

日本にとって、腫れ物のような、この問題に、自ら答えを出さないまま,首脳会談や世界の状勢の変化に、一喜一憂し続けるのだろうか.

.

|

« 462 PostーTruth 考 | トップページ | 464 石原元都知事記者会見,反撃のつもりが又自滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134518/64896121

この記事へのトラックバック一覧です: 463 日米首脳会談の感想:

« 462 PostーTruth 考 | トップページ | 464 石原元都知事記者会見,反撃のつもりが又自滅 »